ショッピングカート
Rock/Pop
CD
マーキークラブ 1967
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

開催期間:2023年1月28日(土)0:00~1月29日(日)23:59まで! [※期間内におけるロック/ソウル/ジャズ/クラシック商品のご予約・お取り寄せ・ご注文が対象 ※店舗取置・店舗予約サービスは除く]
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

国内

パッケージ仕様

-

発売日

2021年02月24日

規格品番

EGRO-0051

レーベル

SKU

4589767512811

作品の情報
メイン
アーティスト
商品の紹介
★第1期ジェフ・ベック・グループ、1967年の未発表ライヴ!
★ロッド・スチュワートのヴォーカルとJ・ベックのガチンコ勝負。共演ロン・ウッド。

ロッド・スチュワート(vo)、ロン・ウッド(bass)を擁した「第1期ジェフ・ベック・グループ」の、結成直後の未発表ライヴが登場!
ヤードバーズのメンバーとしてその天才的ギターワークで評価を高めたジェフ・ベックは1966年のグループ脱退後に敏腕マネージャー、ミッキー・モストの計画によりまずはソロ・シングル曲"Hi Ho Silver Lining"をリリースし、それがスマッシュ・ヒットを記録。
同時進行で新バンド結成にも動いていたジェフは、ロッド・スチュワートをヴォーカルにロン・ウッドをベースに迎え、自身のバンド「ジェフ・ベック・グループ」を結成します。
1967年春から夏は、ドラマーが固定せず、散発的なライヴ活動でしたが、9月にミッキー・ウォーラー(drum)が加入し、ようやく第一期のメンバーが動き出します。
1967年9月26日のロンドンの老舗マーキークラブでのライヴは、まさにそんな時期。
ここではハードなブルース色を強めた、初期ジェフ・ベック・グループのライヴが聴けます。

彼等のデビューアルバム前のライヴ音源は、BBCライヴ以外は、ほぼ残されていません。
そうなると会場内で関係者がパーソナルに録音したテープに頼らざるを得ません。
このマーキークラブもそのような音源ですが、ジェフのギター、ロニーのベースが非常にクリアに記録されていて、時代を考えるとすこぶる良好といえます。

虎目サンバーストのレスポールでVOXアンプを豪快に鳴らして、ジェフのギターが曲を引っ張り、ロッドの強烈なボーカルが応戦します。
翌年のデビューアルバム『TRUTH』に収録される"ロック・マイ・プリムソウル"、"迷信嫌い"、"レット・ミー・ラヴ・ユー"の他に、バディ・ガイで知られる"Stone Crazy"や、エルモア・ジェイムスの"I Can't Hold Out"など『TRUTH』には選ばれなかった未発表曲も多数演奏され、ヤードバーズ時代の"ジェフス・ブギー"も披露しています。後半には、そのマーキークラブの6週間前、ジェフ・ベック・グループとして最古のライヴ音源といわれる英国ウィンザーでの「ジャズ&ブルース・フェスティバル」でのライヴが収録されています。

音質クオリティは芳しくありませんが、クリーム、フリートウッド・マックも出演した野外ライヴで、結果的に前任ドラマー、エインズレー・ダンバーの最後のライヴとなったステージです。
非常に珍しい「サム・カインド・オブ・ワンダフル」のカバーや、アンコールでは、ロッドがコーラスに回り、ジェフが歌う「Hi Ho Silver Lining」の楽しげなライヴも収録されています。

元祖ブルース&ハードロックとして、後のレッド・ツェッペリンなどに多大な影響を与えた、第一期ジェフ・ベック・グループの、初期の貴重ライヴが2公演収録されエターナル・グルーヴスより登場です。
当時の状況、エピソード、曲目などの日本語ライナーノーツ掲載。
★日本著作権協会JASRAC許諾商品
★Getty Images Japanのライセンス写真使用ジャケ
発売・販売元 提供資料 (2021/02/03)
第1期ジェッフ・ベック・グループ、1967年の未発表ライヴ!ロッド・スチュワートのヴォーカルとJ・ベックのガチンコ勝負。共演ロン・ウッド。 (C)RS
JMD (2021/01/16)
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 01:10:48

Marquee Club, London Sept. 26, 1967
1. Stone Crazy
2. I Can't Hold Out (I)
3. I Can't Hold Out (II)
4. Let Me Love You
5. I Ain't Superstitious
6. I Think I'll Be Leaving This Morning
7. Rock My Plimsoul
8. Jeff's Boogie
9. Wee Baby Blues
10. I'm Losing You
11. Oh,PrettyWoman
Lineup:Jeff Beck Group with RodStewart, RonWood, MickeyWaller

Jazz& Blues Festival;Windsor Berkshire, England August 13, 196
12. Some Kind Of Wonderful
13. I Can't Hold Out(aka Talk To Me Baby)
14. I Think I'll Be Leaving In The Morning;
15. Rock My Plimsoul
16. Hi Ho Silver Lining
Line-up: Jeff Beck Group with Rod Stewart, Ron Wood, Aynsley Dunba
    • 1.
      [CD]
      • 12.
        Some Kind Of Wonderful (7th NATIONAL JAZZ & BLUES FESTIVAL 1967 Windsor Berkshire,England.August
        00:04:24
      • 13.
        I Can't Hold Out (7th NATIONAL JAZZ & BLUES FESTIVAL 1967 Windsor Berkshire,England.August 13th/
        00:03:59
      • 14.
        I Think I'll Be Leaving In The Morning (7th NATIONAL JAZZ & BLUES FESTIVAL 1967 Windsor Berkshire,
        00:06:00
      • 15.
        Rock My Plimsoul (7th NATIONAL JAZZ & BLUES FESTIVAL 1967 Windsor Berkshire,England.August 13th/
        00:04:06
      • 16.
        Hi Ho Silver Lining (7th NATIONAL JAZZ & BLUES FESTIVAL 1967 Windsor Berkshire,England.August 13th/
        00:02:59
カスタマーズボイス
    評価する:
ニュース & 記事
ポイント15倍
345pt
販売価格(税込)
¥ 2,530
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加

サマリー/統計情報

欲しい物リスト登録者
28
(公開: 0 人)
コレクション登録者
5
(公開: 1 人)