ショッピングカート
Rock/Pop
LPレコード
Blood, Sweat & Tears (45RPM One-Step)<完全生産限定盤>
★★★★★
★★★★★
0.0

お取り寄せの商品となります

入荷の見込みがないことが確認された場合や、ご注文後40日前後を経過しても入荷がない場合は、取り寄せ手配を終了し、この商品をキャンセルとさせていただきます。

開催期間:2022年5月18日(水)0:00~5月20日(金)23:59まで! [※期間中のご予約・お取り寄せ・ご注文が対象 ※店舗取置・店舗予約サービスは除く]
ロック/ポップス輸入盤レコード/アナログ10%オフ
LP、12"、10"、7"が期間限定プライスオフ
商品の情報

フォーマット

LPレコード

構成数

2

国内/輸入

輸入 (アメリカ盤)

パッケージ仕様

-

発売日

2021年05月25日

規格品番

MFSL45UD1S016

レーベル

SKU

821797201629

作品の情報
メイン
アーティスト
オリジナル発売日
1969年
商品の紹介
ブラッド・スウェット & ティアーズ 1969年発売 『Blood, Sweat and Tears』を、モービル・フィデリティ社の究極のアナログ盤規格「ULTRADISC ONE-STEP」×「MoFi SuperVinyl」で復刻。

アル・クーパー、ランディ・ブレッカーの脱退とデヴィッド・クレイトン・トーマスらの加入といった激動を経て発表されたセカンド・アルバム。ピンチをチャンスに変えて送り出された本作は、名曲「スピニング・ホイール」「アンド・ホエン・アイ・ダイ」「ユーヴ・メイド・ミー・ソー・ヴェリー・ハッピー」というヒット・シングルを生み、アルバムも7週連続全米1位を記録。さらにはグラミー賞の4部門を受賞する栄誉にも輝いた。

◆「ULTRADISC ONE-STEP」(UD1S)シリーズ
独自のテクノロジーとマスタリング技術、そして贅沢な時間を駆使し、マスター・テープのデータを限界まで引き出したハイ・クオリティな復刻盤により世界中のオーディオファンから高い評価を得ているモービル・フィデリティ・サウンド・ラボ社より、究極のアナログ盤規格「ULTRADISCONE-STEP」(UD1S)シリーズが登場。標準的なアナログ盤の生産工程である、ラッカー盤から完成品までの「スリー・ステップ・プロセス」から2工程を省き、あくまで音質を重視した「ワン・ステップ・プロセス」を実現。生産工程で発生するノイズを最小限に抑え、音のディテールの再現性とダイナミクスを大幅に向上させている。「音楽は可能な限り原音に忠実に再現されなければならない。」という、モービル・フィデリティ社設立以来の基本ポリシーを文字通り実現した、究極のアナログ盤規格である。

◆「MoFi SuperVinyl」
MoFi SuperVinylは、アメリカ・カリフォルニア州のNEOTECH社とRTI社の共同開発により新たに生み出された独自のアナログ盤素材。新たに開発されたカーボンレス染料(半透明)により、オリジナルのラッカー盤と区別がつかない、より精密な溝の製造を可能にし、マスタリング・スタジオのサウンドに限りなく近い音質を再現する。
発売・販売元 提供資料 (2020/12/18)
The difference between Blood, Sweat & Tears and the group's preceding long-player, Child Is Father to the Man, is the difference between a monumental seller and a record that was "merely" a huge critical success. Arguably, the Blood, Sweat & Tears that made this self-titled second album -- consisting of five of the eight original members and four newcomers, including singer David Clayton-Thomas -- was really a different group from the one that made Child Is Father to the Man, which was done largely under the direction of singer/songwriter/keyboard player/arranger Al Kooper. They had certain similarities to the original: the musical mixture of classical, jazz, and rock elements was still apparent, and the interplay between the horns and the keyboards was still occurring, even if those instruments were being played by different people. Kooper was even still present as an arranger on two tracks, notably the initial hit "You've Made Me So Very Happy." But the second BS&T, under the aegis of producer James William Guercio, was a less adventurous unit, and, as fronted by Clayton-Thomas, a far more commercial one. Not only did the album contain three songs that neared the top of the charts as singles -- "Happy," "Spinning Wheel," and "And When I Die" -- but the whole album, including an arrangement of "God Bless the Child" and the radical rewrite of Traffic's "Smiling Phases," was wonderfully accessible. It was a repertoire to build a career on, and Blood, Sweat & Tears did exactly that, although they never came close to equaling this album. ~ William Ruhlmann & Bruce Eder
Rovi
収録内容

構成数 | 2枚

    • 1.
      [LPレコード]
      • 1.
        Variations on a Theme By Erik Satie (1st and 2nd Movements)
      • 2.
        Smiling Phases
      • 3.
        Sometimes in Winter
      • 4.
        More and More
      • 5.
        And When I Die
      • 6.
        God Bless the Child
    • 2.
      [LPレコード]
      • 1.
        Spinning Wheel
      • 2.
        You've Made Me So Very Happy
      • 3.
        Blues-Part II
      • 4.
        Variations on a Theme By Erik Satie (1st Movement)
カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
ポイント15倍
2,723pt
販売価格(税込)
¥ 22,190
¥ 2,219(10%)オフ
¥ 19,971
販売中
お取り寄せ
発送までの目安:2日~7日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加

サマリー/統計情報

欲しい物リスト登録者
14
(公開: 0 人)
コレクション登録者
1
(公開: 0 人)