ショッピングカート
Rock/Pop
CD
evermore [album deluxe edition]
★★★★★
★★★★★
5.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

オンラインキャンペーン価格
発売済み輸入盤スペシャルプライス10%オフ
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

輸入 (International Version)

パッケージ仕様

-

発売日

2020年12月25日

規格品番

3564858

レーベル

Republic

SKU

602435648583

作品の情報
メイン
アーティスト
商品の紹介
音楽の森のもっと深くへ…。
全米・全英アルバム・チャートで1位を記録、グラミー賞にもノミネートされた前作『フォークロア』の続編となる9作目のオリジナル・アルバム!
リリック入り限定ブックレット、英文歌詞、6枚のユニークフォト入り
発売・販売元 提供資料 (2020/12/11)
Appearing a mere five months after Folklore, Evermore is a direct sequel to its predecessor, recorded in a similar fashion during the 2020 quarantine, containing a similar supporting cast and exploring a familiar set of emotions. Evermore isnt quite a Folklore, Vol. 2, though. Where Folklore was a controlled departure, an album where every element fell into exact place, Taylor Swift is quite a bit looser on Evermore, playing with narratives and texture, feeling so comfortable in her moody surroundings that she throws around profanities without hesitation. The explicit language serves as a signal to Swifts ongoing maturation as a songwriter -- more than ever, its clear that she spins stories in a third character -- but Evermore benefits from a slight playfulness, a quality she deliberately suppressed on Folklore. It surfaces strongly on No Body, No Crime, a murder revenge tale told with the assistance of HAIM, and flows through the insistent pulse of Long Story Short and the sweet sway of Dorothea. Swift still leans into bittersweet settings, finding a sympathetic collaborator in Aaron Dessner, the co-leader of the National who produced and co-wrote the great majority of the record. The National themselves are featured on Coney Island -- Bryce Dessners grave intonations provide a strikingly effective contrast to Swifts gentle phrasing -- but they, like Dessner on the rest of the album, work as expert support to Taylor, coaxing out the bittersweet complexities of her compositions. Evermore reaches something of a crescendo on Marjorie, an ode to her late grandmother where the delicately shifting arrangement -- more electronic than acoustic, despite the albums rural imagery -- underscores instead of heightens Swifts open grieving. While Marjorie might veer toward the melancholy, Evermore as a whole doesnt play as a sad album. Swift enjoys playing with the new musical and emotional colors on her palette for Evermore to anything but a warm balm, a record suited for contemplation, not loneliness. ~ Stephen Thomas Erlewine
Rovi
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 01:08:56

エディション | Deluxe Edition

    • 1.
      [CD]
      • 16.
        right where you left me (ボーナストラック)
      • 17.
        it's time to go (ボーナストラック)
レビュー
  • 『Folklore』の姉妹作と位置づけられた9枚目のアルバム。前作同様、巷間言われているアメリカーナやインディー・フォークだけにとどまらず、R&Bも含めた多彩な要素が聴きとれるという意味では、本作の全17曲もコンテンポラリーなポップ・ミュージックだと思う。楽器やリズム・トラックをオフ気味に鳴らした密室感満点のサウンドは、もちろんダンスやパーティーには向かない。しかし、内省的だから物足りない、逆に〈インディー・フォークだからクール〉という捉え方はあまりにも一面的すぎるような気がする。先入観抜きに弾き語りも含め、曲ごとに趣向を凝らした多彩な曲の数々に耳を傾けたい。マーダー・ソングと話題の"No Body, No Crime"に参加したハイムをはじめとするゲストも豪華だ。
    bounce (C)山口智男

    タワーレコード (vol.446(2021年1月25日発行号)掲載)

カスタマーズボイス
総合評価
5.0
★★★★★
★★★★★
(1)
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
還元ポイント
17pt
販売価格(税込)
¥ 2,190
¥ 219(10%)オフ
¥ 1,971
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加

サマリー/統計情報

欲しい物リスト登録者
41
(公開: 1 人)
コレクション登録者
11
(公開: 4 人)