ショッピングカート
DVD/ブルーレイ
Blu-ray Disc
網走番外地
石井輝男(監督・脚本)高倉健(主演)
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

商品の情報

フォーマット

Blu-ray Disc

構成数

1

国内/輸入

国内

パッケージ仕様

-

発売日

2021年02月10日

規格品番

BUTD02061

レーベル

東映ビデオ

SKU

4988101212095

商品の説明

雄大な北海道の大自然を背景に、アクション作品に定評のある石井輝男監督が、好漢・高倉健を主演にむかえ長年温めてきた題材を遂にスクリーンに叩きつけた傑作である。
渋みのある演技陣が男たちのドラマを繰り広げ、スケールの大きなサスペンスドラマを盛り立てるなか、高倉健が歌う哀愁に満ちた主題歌が切なく響くシリーズ第1弾。

【公開日】1965年4月公開

高倉健生誕90周年記念
高倉健の代表作「網走番外地」全10作&「昭和残侠伝」全9作のBlu-rayを、お求めになりやすい価格で一挙リリース!

作品の情報
あらすじ
酷寒の地、北海道・網走刑務所で、一つの手錠で結ばれた二人の囚人。貧農の家を飛び出し、やくざの世界に足を踏み入れて傷害事件で服役中の任侠やくざ・橘真一と、強盗、強姦、殺人未遂、前科五犯のしたたか者・権田権三である。雑居房でも二人はことある事に反発しあうが、そんな折、橘は権田らの脱獄計画に巻き込まれる。追っ手の銃弾が炸裂する中、手錠という腐れ縁で繋がった橘と権田。二人は、果てしなく続く大雪原を突き進んでゆく……。
メイン
監督・脚本
主演
その他
原作
撮影
音楽[映画制作用]
制作国
日本
公開年
1965
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:00:00

【映像特典】
◆予告編
    • 1.
      [Blu-ray Disc]
      映像・音声
      面/層
      片面一層
      色彩
      モノクロ
      画面サイズ
      シネスコサイズ=16:9
      映像方式
      1080p
      動画規格
      H.264/MPEG-4 AVC
      オリジナル言語
      日本語
      オリジナル音声方式
      リニアPCMモノラル
レビュー
  • 高倉健、石井輝男監督、そして“任侠”ジャンル確立のきっかけのひとつとなった名作中の名作。1956年に出版された伊藤一の実録小説『網走番外地』のエッセンスを活かし、『黄線地帯』『昭和侠客伝』などの職人監督・石井輝男が脚色し、前年1964年の『日本侠客伝』『ならず者』でも好評の高倉健(当時34歳)を主演に映画化。1965年4月初公開。再婚相手から暴力を振われる母、そして妹を残し、都会でヤクザの世界に入り、人を斬ってしまった主人公、橘真一(高倉健)は、3年の刑期で網走刑務所に入所。懸命に働く橘に、保護司の妻木(丹波哲郎)は相談にのってくれるようになるが、森林伐採の労役への途中、橘と手錠で繋がれていた受刑者・権田(南原宏治)が護送するトラックの荷台から飛び降り、橘も脱獄囚となってしまう・・・・劇伴は石井監督作品も『恋と太陽とギャング』『ならず者』などを担当している八木正生。高倉健が歌った主題歌もヒットした。また、豪華な助演陣では、嵐寛寿郎が演じた、昔“殺人鬼・鬼寅”だったという伝説の古囚“阿久田”が強烈な印象を残す。初公開時の同時上映は小沢茂弘監督、鶴田浩二主演『関東流れ者』だった。 (C)馬場敏裕

    タワーレコード ()

カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
還元ポイント
28pt
販売価格(税込)
¥ 3,080
販売中
在庫わずか
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加