ショッピングカート
Jazz
SACDハイブリッド
枯葉<タワーレコード限定>
★★★★★
★★★★★
0.0

・こちらはフラゲ(発売日前日お届け)保証外の商品です

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

商品の情報

フォーマット

SACDハイブリッド

構成数

1

国内/輸入

国内

パッケージ仕様

-

発売日

2020年12月11日

規格品番

KCTCD1003

レーベル

CTI

SKU

4909346023772

商品の説明

60年代後半に名プロデューサー、クリード・テイラーによって設立され、70年代~80年代のクロスオーバー/フュージョンの数々の傑作を世に送り出した名レーベルCTIレコードの名盤を日本初SACDハイブリッド化するシリーズ『CTI SA-CD HYBRID SELECTION』。
オリジナル・レコーディングのエンジニアはジャズ・レコーディングの巨匠として知られたルディ・ヴァン・ゲルダー(RVG)が担当。

【本リリース最大の特徴】
・タワーレコード・オリジナル企画盤。完全生産限定盤。日本初SACDハイブリッド化
・RVGスタジオのオリジナルマスターテープからコピーした極上のコンディションのマスターをDSDにダイレクト変換し、同DSDデータをそのままSACD化。オリジナルアナログ音源のサウンドを限りなく忠実に再現したSACD
・CD層も新たにDSDデータからPCM化したものを使用
・盤印刷面:緑色コーティング仕様
・マスタリング・SACD化監修含むシリーズ総監修は和田博巳氏

*使用音源とマスタリング:
・キングレコードに厳重保管された極めて良好なコンディションのマスターテープ(オリジナル・マスターからのコピー。RVGスタジオのマスターテープと比較しても音の劣化が少ないと思われる高音質なマスター)を使用。
・マスタリング・エンジニア:辻裕行氏
キングレコード関口台スタジオで2020年10月にマスタリング

作品の情報
メイン
アーティスト
商品の紹介
「エレクトリック・ピアノを配し、50年代~60年代的な古色を纏わない実に清新なサウンド」 - 和田博巳

チェット・ベイカーが60年代後半はドラッグによる不遇の時代を経て、70年代に入ってからの"復帰作"と位置付けられた意欲作。選曲はほぼスタンダードがメインで、極めてジャズ寄りな内容でありながら、ピアノに関しては、すべてボブ・ジェームスが弾くフェンダー・ローズ・エレクトリック・ピアノでの演奏ゆえ、50年代~60年代的なジャズの音に終始していない清新なサウンドを演出。ドラマーはスティーヴ・ガッドとジャック・ディジョネットというスタイルもスタンスも違う2人のドラマーが参加。3曲のヴォーカル・チューンではドン・セベスキーのストリングス・アレンジとの抜群のマッチングで魅了する。
発売・販売元 提供資料 (2020/11/16)
収録内容

構成数 | 1枚

    • 1.
      [SACDハイブリッド]
      • 2.
        シー・ワズ・トゥー・グッド・トゥ・ミー
      • 3.
        ファンク・イン・ディープ・フリーズ
      • 6.
        ホワットル・アイ・ドゥー
      • 7.
        イッツ・ユー・オア・ノー・ワン
カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
還元ポイント
35pt
販売価格(税込)
¥ 3,850
取扱中
予約受付中
発売日以降のお届けになります
cartIcon 予約する

欲しいものリストに追加

コレクションに追加

76 店舗で受け取りが可能です
店舗で予約