ショッピングカート
J-Pop
CD
  • 〈タワーレコード限定商品〉このアイテムが手に入るのはタワレコだけ!
Love 80's -Ultimate J-POP Best<タワーレコード限定>
Various Artists
★★★★★
★★★★★
5.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

開催期間:2022年10月5日(水)0:00~10月7日(金)23:59まで! [※期間中のご予約・お取り寄せ・ご注文が対象 ※店舗取置・店舗予約サービスは除く]
2022年10月30日(日)23:59まで ※本キャンペーンのご注文にはクーポンをご利用いただけません。
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

2

国内/輸入

国内

パッケージ仕様

-

発売日

2020年11月27日

規格品番

MHC7-9

レーベル

SKU

4560427459622

商品の紹介
1980年代のJ-POPをテーマに、時代を超えた選りすぐりの名曲、数多くのカヴァーを生んだエヴァーグリーンをタワーレコードのバイヤーが2枚組CDに厳選収録した究極のコンピレーション!2020年最新リマスタリング。
タワーレコード限定販売。トキメキが止まらない!?

松田聖子がデビューした1980年、YMOが「ライディーン」を発表。寺尾 聰「ルビーの指環」が大ヒットした1981年、放送を開始したMTVが歴代1位に選んだ「スリラー」を含むマイケル・ジャクソンの『スリラー』が1982年に発売され、音楽史上最高売上を記録。1983年、デジタル・シンセYAMAHA DX7が発売、,,,,,etc。
音楽シーンが飛躍的に成熟し、現在に繋がる音楽の革命が次々と起こった1980年代。そして、今、現在、シティポップが世界的ムーヴメントとなり、デジタル・サウンドがヒット・チャートを席巻し、『ストレンジャー・シングス』が配信ランキングでトップになるなど最新の音楽シーン、カルチャーでは「80'S」はもはや、普遍的かつ、最も影響力のあるテーマとなっている。

この2枚組CDでは、松任谷由実 参加作品、YMOファミリー参加作品、山下達郎関連作品、竹内まりや関連作品、大村雅朗参加作品、小室哲哉参加作品、松田聖子、渡辺美里、佐野元春、THE TIMERS(忌野清志郎 他)、今井美樹、薬師丸ひろ子、原田知世、西城秀樹.......まで。 ジャンルも背景も違う名曲の中から、「サウンド」「グルーヴ」を基準に、時代を超えた選りすぐりの名曲ばかりを厳選収録! DIGればDIGるほど面白い、奥深い内容。レア音源にも注目!未配信楽曲/プレイリストでも試聴困難な楽曲も収録。(*一部、1980年代以外の楽曲も含む。)
ストリーミングや配信は便利だけど、圧縮音源は疲れるし、音質もカンベンだから、2020年リマスタリング音源使用CDの良い音で聴きたい!
カバー・イラストレーションは漫画家、イラストレーターの江口寿史によるもの。(CD 2枚組 /33曲収録 /2020年リマスタリング音源使用 /歌詞付)(*一部、1980年代以外の楽曲も含む。)
発売・販売元 提供資料 (2020/11/26)
収録内容

構成数 | 2枚

エディション | Remaster

[Disc-1]
01. シーナ& ロケッツ / レモンティー (作詞 : 柴山俊之 作曲・編曲 : 鮎川誠)
1981年に発表されたスネークマンショーの1stアルバム(桑原茂一&細野晴臣プロデュース)に収録されたシーナ& ロケッツ の代表曲。
02. 松田聖子 / Rock'n Rouge(作詞:松本 隆 作曲:呉田軽穂(松任谷由実) 編曲:松任谷正隆)
松本 隆作詞、松任谷由実作曲、松任谷正隆編曲。1984年に発表、大手化粧品会社のCM曲としても使用された松田聖子の代表曲。
03. THE TIMERS / デイ・ドリーム・ビリーバー DAY DREAM BELIEVER(作詞・作曲:JOHN STEWART 日本語詞:ZERRY (忌野清志郎) 編曲:THE TIMERS)
忌野清志郎らによる覆面バンド、THE TIMERSが1989年に発表したデビューシングル曲で、モンキーズの名曲カヴァー。大手食品会社のTVCM曲にも使用された。
04. レベッカ/ RASPBERRY DREAM (作詞:NOKKO 作曲:土橋安騎夫 編曲:レベッカ )
レベッカの代表曲で1986年に発表した5thシングル曲。大手企業のCMソングにも使用された。
05. 佐野元春/ガラスのジェネレーション (Additional Recorded Version) (作詞・作曲:佐野元春 編曲:佐野元春/伊藤銀次)
佐野元春の代表曲で1980年に発表した2ndシングル。オリジナルのシングル・ヴァージョンを元に新たな録音をミックスしたリミックス・ヴァージョン。
06. TM NETWORK / Get Wild (作詞: 小室みつ子 作曲・編曲: 小室哲哉) 1987
TM NETWORKの代表曲で1987年に発表したシングル曲。TVアニメ『シティハンター』のエンディング・テーマとして使用された。
07. ラッツ&スター/ め組のひと(作詞:麻生麗二(売野雅勇) 作曲:井上大輔、編曲:井上大輔/ラッツ&スター)
ラッツ&スターが1983年に発表したシングル曲。大手化粧品会社のTVCM曲にも使用された。近年、SNS動画でその振り付けが世界的な人気となっている。
08. 吹田明日香 / ライク・ア・ヴァージン Like A Virgin (作詞・作曲:Billy Steinberg /Tom Kelly 日本語詞:売野雅勇 編曲:若草 恵)
マドンナ名曲の日本語カヴァー。直訳ではない日本語詞をウィスパーヴォイスで歌った珍しいヴァージョン。
09. DANCE☆MAN/ BOMBER (作詞:吉田美奈子 作曲:山下達郎 編曲:ダンス☆マン)
モーニング娘。のヒット曲の編曲などでも注目されたDANCE☆MANが2004年に発表した山下達郎の名曲カヴァー。
10. 西城秀樹 / Bomber (Live) (作詞:吉田美奈子 作曲:山下達郎 編曲:前田憲男)
1980年7月、後楽園球場での『BIG GAME '80 HIDEKI』におけるライヴ録音。山下達郎の名曲カヴァー。編曲は巨匠、前田憲男。
11. 岡村靖幸/ だいすき(作詞・作曲・編曲:岡村靖幸)
岡村靖幸が1988年に発表したシングル曲。大手自動車会社のTVCMにも使用された。
12. 安田成美/ 風の谷のナウシカ (作詞:松本隆 作曲:細野晴臣 編曲:萩田光雄)
安田成美が1984年に発表したデビュー・シングル曲。同名のジブリ・アニメ映画のイメージ曲。
13. 薬師丸ひろ子/ 元気を出して (作詞・作曲:竹内まりや 編曲:椎名和夫)
竹内まりや作詞・作曲、椎名和夫編曲。薬師丸ひろ子が1984年に発表した1stアルバム『古今集』に収録。竹内まりやによるセルフ・カヴァーを含め、数多くのカヴァーを生んだ。
14. 原田知世/ 彼と彼女のソネット (T'en Va Pas) (作詞:C.Cohen/ R.Wargnier 日本語詞:大貫妙子 作曲R.Musumarra 編曲: 後藤次利)
フランスの女性歌手エルザが1986年に発表した原題「哀しみのアダージョ」を1987年、原田知世が大貫妙子の日本語詞により発表した名曲カヴァ―。
15. 中山美穂 / ROSECOLOR (作詞: 康 珍化 作曲: CINDY 編曲: 鳥山雄司)
CINDY作曲、鳥山雄司編曲により中山美穂が1989年に発表したシングル曲。中山美穂自身も出演した大手化粧品会社のTVCMのタイアップ。
16. スターダスト・レビュー/ 夢伝説 (作詞:林 紀勝/根本 要 作曲:根本 要 編曲:スターダスト・レビュー)
スターダスト・レビューが1984年に発表した5thシングル。大手飲料会社のTVCMにも使用された。
17. YELLOW MAGIC ORCHESTRA / 君に、胸キュン。-浮気なヴァカンス-(作詞:松本隆 作曲:細野晴臣/坂本龍一/高橋幸宏 編曲:YMO)
YMOが松本 隆作詞により1983年に発表した7thシングルで、YMOで最も売れた楽曲。大手化粧品会社のTVCMのタイアップ。

[Disc-2]
01. ハウンド・ドッグ/ ff(フォルティシモ)(作詞:松尾由紀夫 作曲・編曲:蓑輪単志)
ハウンド・ドッグの代表曲で1985年に発表したシングル曲。大手食品会社のTVCM曲として起用された。
02. 渡辺美里/ MY REVOLUTION (作詞 : 川村真澄 作曲 : 小室哲哉 編曲:大村雅朗)
渡辺美里が1986年に発表した4thシングルで、最大の売上となった代表的名曲。TVドラマ『セーラー服通り』の主題歌。
03. 大澤誉志幸/ そして僕は途方に暮れる(Special Mixed Blend)(作詞: 銀色夏生 作曲:大澤誉志幸 編曲:大村雅朗)
大沢誉志幸が1985年に発表した5thシングルで、大沢誉志幸の代表的ヒット曲をSpecial Mixed Blendヴァージョンで収録。大手食品会社のTVCMにも使用され、数多くのカヴァーを生んだ。
04. 松田聖子/ 時間の国のアリス(作詞:松本隆 作曲:呉田軽穂(松任谷由実) 編曲:大村雅朗)
松田聖子が、松本 隆作詞、松任谷由実作曲、 大村雅朗編曲により1984年に発表したシングル曲。
05. 石井明美/ CHA-CHA-CHA (作詞:G.BOIDO 日本語訳詞:今野雄二 作曲:B.REITANO/ B.ROSELLINI/ F.BALDONI/F.REITANO 編曲:戸塚 修)
明石家さんま&大竹しのぶ主演で高視聴率を記録したトレンディ・ドラマの元祖『男女7人夏物語』の主題歌としても知られ、石井明美が1986年に発表したデビュー・シングル曲。イタリアのフィンツィ・コンティーニのヒット曲のカヴァー。
06. WINK/ Sugar Baby Love (作詞・作曲:Wayne Bickerton/Tony Waddington 日本語詞:Joe Lemon 編曲:鷺巣詩郎)
イギリスのルベッツのヒット曲のカヴァーで1988年、Winkが鷺巣詩郎の編曲により発表したデビューシングル曲。
07. BaBe / Give Me Up (作詞・作曲: Pierre Nigro/Mario Nigro/Michael De San Antonio 日本語詞:森雪之丞 編曲:大村雅朗)
マイケル・フォーチュナティによる代表的ユーロビートのヒット曲カヴァーで、BaBeが1987年に発表したデビュー・シングル曲。
08. 佐野元春/ SOMEDAY (作詞・作曲・編曲:佐野元春 Strings編曲:大村雅朗)
佐野元春が1981年に発表したシングル曲で、多くのカヴァーも生まれた佐野元春の代表曲。
09. カルロス・トシキ&オメガトライブ/ アクアマリンのままでいて (作詞: 売野雅勇 作曲: 和泉常寛 編曲: 新川 博/JERRY HEY)
カルロス・トシキ&オメガトライブの代表曲で1988年に発表したシングル曲。
10. 郷ひろみ/ Cool (作詞・作曲:大江千里 編曲:大村雅朗 )
1985年、郷ひろみが大村雅朗のサウンド・プロデュースにより発表したアルバム『LABYRINTH』に収録されたエレクトリックなアーバン・ブギー名曲。後に作詞・作曲の大江千里もセルフ・カヴァー。
11. 今井美樹/ 野性の風 ( 作詞:川村真澄 作曲:筒美京平 編曲:久石譲)
筒美京平作曲、久石 譲編曲により今井美樹が 1987年に発表した2ndシングル。映画『漂流教室』(監督:大林宣彦 原作:楳図かずお) の主題歌にも使用された。
12. 山口百恵/ さよならの向う側 (作詞: 阿木燿子 作曲: 宇崎竜童 編曲: 萩田光雄)
1980年8月、山口百恵が芸能界引退前に発表したラスト・シングル曲。
13. 稲垣潤一/ ドラマティック・レイン (作詞:秋元 康 作曲:筒美京平 編曲:船山基紀)
秋元 康作詞、 筒美京平作曲、船山基紀編曲により稲垣潤一が1982年に発表した3rdシングル曲。秋元 康の初のヒット曲。
14. 麻倉未稀/ ヒーロー HOLDING OUT FOR A HERO (作詞:Dean Pitchford作曲:Jim Steinman 日本語詞:売野雅勇 編曲:渡辺博也)
映画『フットルース』の挿入歌でボニー・タイラー「Holding Out for a Hero」の日本語カヴァー。 麻倉未稀が1984年に発売したシングル曲で、大映ドラマ『スクール☆ウォーズ』の主題歌としても使用された。
15. 村下孝蔵/ 初恋 (作詞・作曲:村下孝蔵 編曲:水谷公生 コーラス編曲:町支寛二)
村下孝蔵が1983年に発表した5thシングル曲で、数多くのカヴァーも生んだ村下孝蔵の代表曲の一つ。
16. EPO/ DOWN TOWN (作詞:伊藤銀次 作曲:山下達郎 編曲:林 哲司/ 清水信之)
山下達郎作曲によるシュガー・ベイブの名曲カヴァー。EPOが林 哲司 と清水信之の編曲により1980年に発表したデビュー・シングル曲。フジテレビ系バラエティ番組『オレたちひょうきん族』のエンディング・テーマとしても知られる。
    • 1.
      [CD]
    • 2.
      [CD]
カスタマーズボイス
総合評価
5.0
★★★★★
★★★★★
(1)
    評価する:
★★★★★
★★★★★
投稿日:2020/11/10

秀樹のライブ「ボンバー」がこういう形で多くの方々の耳に届けられるということにファンとして感謝です。ありがとうございます。これから令和の時代にも、秀樹の音楽がどうぞ沢山の方々に届きますように。evergreen秀樹です。

ニュース & 記事
ポイント15倍
480pt
販売価格(税込)
¥ 3,520
まとめてオフ価格(税込)
¥ 704(20%)オフ
¥ 2,816
販売中
在庫あり
発送までの目安:3日~5日

店舗から取り寄せる商品となります

cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加

サマリー/統計情報

欲しい物リスト登録者
199
(公開: 1 人)
コレクション登録者
17
(公開: 2 人)