ショッピングカート
クラシック
SACDハイブリッド
ギュンター・ヴァント不滅の名盤[12] 北ドイツ放送交響楽団編 ブルックナー: 交響曲第3番&第8番
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

クラシック輸入盤プライスオフ
期間限定スペシャル・プライス
商品の情報

フォーマット

SACDハイブリッド

構成数

2

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2020年11月20日

規格品番

PALTSA023

レーベル

Altus

SKU

4543638600397

作品の情報
商品の紹介
Profilの名盤を丁寧にSACDハイブリッド化!
1作ずつじっくりと向き合って味わいたい〈ヴァント不滅の名盤〉
15年を隔てたふたつのブルックナーにヴァントの真価を聴く
逞しく精悍な第3番と圧倒的深みを湛えた第8番、ともに大演奏!

Profilレーベルのヴァントの名盤がSACDハイブリッド化!Altusレーベルがライセンスし、このハイブリッド盤のための最新リマスタリングを施して製品化。CD層・SACD層共にかつてないほどリアルな音質が追求されています。眼の醒めるようなヴァントの名演が、更なる鮮烈さを持って堂々の再登場!
北ドイツ放送響とのブルックナー2曲を収録。逞しい音響の絶頂期を感じさせる85年の精悍な第3番と、最晩年の圧倒的な深みを湛えた2000年の第8番。金管が火花を散らしアヴァンギャルドな様相すら見せる前者はそれでいて稀有なバランス感覚と高貴さを保つヴァントならではの名演。後者はベルリン・フィルやミュンヘン・フィルのそれと同じ高みにあるのは勿論、さらに一味ふた味ちがう細かなこだわりが随所にあふれ、後半に行けば行くほど音楽自身が生命力を迸らせ渦を巻き「これしかない」という感覚に満たされていく大演奏!北ドイツ放送響との類稀なる到達点です。年代を隔てたこの2つの演奏の聴き比べはとても興味深いもの。ぜひじっくりとご堪能ください。
(交響曲第3番)金管楽器が飽和しがちな強奏部でも和声進行の綾を見事に示していて、分厚い低弦楽器の支えも頼もしい。第1楽章では、第2主題再現部にあたる15分45秒あたりからのヴァイオリンの唸るような歌い込みに驚く。対旋律をあえて野生的で、制御不能とさえ感じさせる没入感に思わず夢中になってしまう。終結部における金管の細かな動きを透かし彫りにする聴かせ方にも舌を巻く。……(交響曲第8番)長年のコンビであるからこその峻厳な表情が時折顔をのぞかせる―ヴァントのバランス感覚と閃きは、最晩年になっても冴えわたっていたことがよくわかる―オーケストラが生む「音の渦」が見事に結実したのが、第3楽章、そして終楽章といえるだろう。深い呼吸感、各楽器の調和…指揮者の操縦術を超越した奇跡的な演奏を体験することが出来る。これ以上、言葉は要らないだろう。〈指揮者・坂入健司郎氏の解説より〉
SACD層は収録可能時間を活かし、第8番全楽章(約89分)を2枚目のディスクに収録しています。
キングインターナショナル
発売・販売元 提供資料 (2020/10/21)
収録内容

構成数 | 2枚

エディション | Remaster

【曲目】
ブルックナー:
(1)交響曲第3番 ニ短調 WAB. 103(ノヴァーク第3稿/1889年)
(2)交響曲第8番 ハ短調 WAB. 108(ハース版/1884-90年稿)

[SACD]Disc1:
第3番全楽章
Disc2:第8番全楽章

[CD]Disc1:
第3番全楽章+ 第8番第1楽章
Disc2:第8番第2~4楽章

【演奏】
ギュンター・ヴァント(指揮)
北ドイツ放送交響楽団

【録音】
ライヴ録音
(1)1985年12月23日
(2)2000年4月30日-5月3日
ハンブルク、ムジークハレ
    • 1.
      [SACDハイブリッド]
    • 2.
      [SACDハイブリッド]
カスタマーズボイス
    評価する:
ニュース & 記事
還元ポイント
42pt
販売価格(税込)
¥ 6,039
¥ 1,389(23%)オフ
¥ 4,650
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加