ショッピングカート
クラシック
CD
ブルックナー:交響曲 第3番
★★★★★
★★★★★
5.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

国内

パッケージ仕様

-

発売日

2020年10月07日

規格品番

FOCD9837

レーベル

フォンテック

SKU

4988065098377

作品の情報
メイン
その他
商品の紹介
2018年の音楽監督就任以来、数々の名演を世に放つ尾高=大阪フィル。披露公演における《ブルックナー 交響曲 第8番》、シーズン2年目の開幕を飾った《マーラー 交響曲 第9番》のライヴCDは、精緻な表現と豪放な響きを併せ持つ稀代の演奏と高く評価されました。
若き日よりブルックナーに傾倒してきた尾高ですが、《第3番》は版の選択を決めかね、演奏する機会に恵まれませんでした。しかし「朝比奈隆先生ゆかりの大阪フィルに来たからには、ここで3番を始めるべき」と2020年1月の3公演に臨むことを決意します。オーケストラにとっても、2002年の朝比奈追悼公演以来となる《第3番》です。
思索を深めることとなった前年の病気療養から、未踏の領域へと近づく尾高の指揮。その自然体の導きに、当意即妙な演奏で応える大阪フィルの演奏は、まさに理想的なブルックナー像の出現と申せましょう。
フォンテック
発売・販売元 提供資料 (2020/09/15)
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:54:05

【曲目】
アントン・ブルックナー(1824-1896)
交響曲 第3番 ニ短調〈第3稿〉

【演奏】
尾高忠明 指揮
大阪フィルハーモニー交響楽団

【録音】
2020年1月16日・21日 フェスティバルホール・サントリーホール ライヴ録音
    • 1.
      [CD]
レビュー
  • ブルックナー、ブラームス、マーラー・・・ロマン派のレパートリーで名演連発中の尾高忠明と大阪フィルのコンビによる2020年1月ライヴ録音のブルックナー交響曲第3番が登場。尾高ならではのしなやかで温かみのあるまとめ方に大阪フィルの音圧の高いガッツあふれるサウンドがうまく融合して、強靭かつ瑞々しいブルックナーが展開する。音楽の山と谷の繋ぎが気持ちよく流れ、作品を聴き手に近づける内容。大阪フィルの随所で往時を彷彿とさせる鳴りっぷりが飛び出しつつ、洗練にも目配せした演奏ぶりが面白い。正攻法なれどひと味違う特別さを感じさせる1枚。
    intoxicate (C)中川直

    タワーレコード (vol.148(2020年10月10日発行号)掲載)

カスタマーズボイス
総合評価
5.0
★★★★★
★★★★★
(1)
    評価する:
★★★★★
★★★★★
投稿日:2020/10/11

この演奏は、フェスティバルホールでの定演初日に聴いた。朝比奈時代とは比較にならない完璧なアンサンブル、過不足のない表情付け、変わったところは何もないのに、全体を通しての大変な充実感、指揮者と楽団の相乗作用がもたらした名演である。耳に親しいノヴァーク第3稿を用いているのも、抵抗なく聴ける要因であろう。

ニュース & 記事
還元ポイント
28pt
販売価格(税込)
¥ 3,080
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加