ショッピングカート
クラシック
CD
黛敏郎: バレエ音楽「舞楽」/曼荼羅交響曲 他
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

輸入盤:国内流通仕様

パッケージ仕様

-

発売日

2020年09月18日

規格品番

NYCX-57693

レーベル

Naxos

SKU

4589538756130

作品の情報
メイン
その他
作曲
商品の紹介
第二次世界大戦後の日本作曲界を代表する音楽家の一人、黛敏郎。彼は日本国内で約250本もの映画音楽を担当しただけではなく、ハリウッドに進出し、ジョン・ヒューストン監督の『天地創造』(1966)の音楽ではアカデミー賞にノミネートされました。また数多くの音楽団体や文化団体の運営に携わり、1964年からは30年以上もテレビの音楽番組「題名のない音楽会」の企画と司会を務めるなど、メディアでの幅広い活躍で知られています。しかし彼自身の作品については、一部の有名作を除いて十分に紹介されてきたとはいえません。「シンフォニック・ムード」や、後にその一部に組み込まれ生前には演奏されることのなかった、ラテンのリズムが炸裂する「ルンバ・ラプソディ」などは、これが世界初録音となります。1958年の「涅槃交響曲」に連なる仏教(密教)の思想に触発された「曼荼羅交響曲」、彼の作品の中ではよく知られる「舞楽」も収録。どの曲も一聴すると異国風でありながら、じっくり聴くと日本人ならではの美意識が感じとれます。目を見張るばかりの鮮やかなオーケストレーションと、ふくよかな響きを生かした全4作品を湯浅卓雄の指揮でお楽しみください。片山杜秀氏によるオリジナル解説も読みごたえ充分です。※解説、演奏者プロフィールは既発売商品[8.557693J]のブックレットから転載となります。
ナクソス・ジャパン
発売・販売元 提供資料 (2020/08/04)
第二次世界大戦後の日本作曲界を代表する音楽家の一人、黛敏郎。彼は日本国内で約250本もの映画音楽を担当しただけではなく、ハリウッドに進出し、ジョン・ヒューストン監督の『天地創造』(1966)の音楽ではアカデミー賞にノミネートされました。また数多くの音楽団体や文化団体の運営に携わり、1964年からは30年以上もテレビの音楽番組「題名のない音楽会」の企画と司会を務めるなど、メディアでの幅広い活躍で知られています。しかし彼自身の作品については、一部の有名作を除いて十分に紹介されてきたとはいえません。「シンフォニック・ムード」や、後にその一部に組み込まれ生前には演奏されることのなかった、ラテンのリズムが炸裂する「ルンバ・ラプソディ」などは、これが世界初録音となります。1958年の「涅槃交響曲」に連なる仏教(密教)の思想に触発された「曼荼羅交響曲」、彼の作品の中ではよく知られる「舞楽」も収録。どの曲も一聴すると異国風でありながら、じっくり聴くと日本人ならではの美意識が感じとれます。目を見張るばかりの鮮やかなオーケストレーションと、ふくよかな響きを生かした全4作品を湯浅卓雄の指揮でお楽しみください。 (C)RS
JMD (2020/08/07)
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:00:00

【曲目】
黛敏郎(1929-1997): バレエ音楽「舞楽」/曼荼羅交響曲 他

シンフォニック・ムード(1950)…世界初録音
1. Moderato: Allegro moderato
2. Vivo

バレエ音楽「舞楽」(1962)
3. Lento
4. Moderato - Un poco meno mosso - Allegretto -Lento

曼荼羅交響曲(1960)
5. Vajra-dhatu mandala: Tempo non equilibre(金剛界曼荼羅)
6. Garbha-dhatu mandala: Extremement lent(胎蔵界曼荼羅)

7.ルンバ・ラプソディ(1948)…世界初録音

【演奏】
湯浅 卓雄(指揮)
ニュージーランド交響楽団

【録音】
2004年8月23-25日
Michael Fowler Center, Wellington, New Zealand
    • 1.
      [CD]
カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
還元ポイント
18pt
販売価格(税込)
¥ 1,980
販売中
在庫わずか
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加