ショッピングカート
クラシック
CD
サン=サーンス: 《銀の鈴》 [2CD+BOOK]
★★★★★
★★★★★
0.0

・こちらはフラゲ(発売日前日お届け)保証外の商品です

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

オンラインキャンペーン価格
クラシック スペシャルプライス15%オフ
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

3

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2020年08月27日

規格品番

BZ1041

レーベル

Bru Zane

SKU

4589538757946

作品の情報
商品の紹介
【サン=サーンス初めての歌劇、ロトのタクトと豪華メンバーで世界初録音!】
サン=サーンスが1865年に初めて書いた歌劇《銀の鈴》は、紆余曲折を経て1877年2月23日にパリのオペラ・コミック座で初演されました。台本はオッフェンバックの《ホフマン物語》も手掛けた2人です。美しい魔女の愛を得るための金貨、それを手に入れるためには銀の鈴を鳴らさなけらばなりません。しかしその鈴を鳴らすたびに、周りの誰かが犠牲になっていきます。最初はコンラッドの義理の父、次は彼の親友の一人…そんな悪夢が描かれています。ここで使用されているのは1914年の最終版で、作曲から50年の間、10回もの改訂が行われたと言います。目を引くのは豪華な歌手陣で、フランス・オペラと歌曲いずれも高い評価を得ているエレーヌ・ギュメット、バロックから19世紀まで幅広いレパートリーで近年急速に人気を高めているジョディ・デヴォス、現代オペラでも活躍するエドガラス・モントヴィダス、19世紀フランスの作品を特に得意としているタシス・クリストヤニスといった面々を、ロトが手堅くまとめています。管弦楽はもちろん、19世紀以降の作品に古楽器を使ったピリオド奏法で申し分ない実績をあげてきた手兵レ・シエクル、そして合唱には少数精鋭でピリオド解釈への対応も高く評価される声楽アンサンブル、アクサンチェスを起用。サン=サーンスのキャリア初期の知られざる大作に光を当て、その魅力を鮮烈に表現しています。フランス語のリブレットと英訳、ふんだんな資料画像を掲載した165ページにも及ぶカラーブックレット付き。
ナクソス・ジャパン
発売・販売元 提供資料 (2020/07/21)
収録内容

構成数 | 3枚

【曲目】
カミーユ・サン=サーンス(1835-1921):歌劇《銀の鈴》 全4幕 (1865)
台本…ジュール・バルビエ、ミシェル・カレ

【DISC 1】…第1幕、第2幕
【DISC 2】…第2幕フィナーレ、第3幕、第4幕

※ 世界初録音

【演奏】
エレーヌ…エレーヌ・ギュメット(ソプラノ)
ローザ…ジョディ・デヴォス(ソプラノ)
コンラッド…エドガラス・モントヴィダス(テノール)
ベネディクト…ユー・シャオ(テノール)
スピリディオン…タシス・クリストヤニス(バリトン)
パトリック…ジャン=イヴ・ラヴォー(テノール)
物乞い…マチュー・シャピュイ(テノール)

レ・シエクル(管弦楽/古楽器使用)
アクサンチェス(合唱)
フランソワ=グザヴィエ・ロト(指揮)

【録音】
2017年6月26、27日 パリ・フィルハーモニー・スタジオ
    • 1.
      [CD]
    • 2.
      [CD]
    • 3.
      [書籍]
カスタマーズボイス
    評価する:
ニュース & 記事
ポイント5倍
203pt
販売価格(税込)
¥ 5,269
¥ 790(15%)オフ
¥ 4,479
取扱中
予約受付中
発売日以降のお届けになります
cartIcon 予約する

欲しいものリストに追加

コレクションに追加

76 店舗で受け取りが可能です
店舗で予約