ショッピングカート
クラシック
CD
ベートーヴェン: ピアノ協奏曲全集 Vol.2
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

クラシック輸入盤プライスオフ
期間限定スペシャル・プライス
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2020年08月28日

規格品番

HMM902413

レーベル

Harmonia Mundi

SKU

3149020941560

商品の紹介
自在に駆け巡るピアノ!
心地よい浮遊感と躍動感、推進力に満ちた稀有の名演!

フォルテピアノのベザイデンホウト(1979年生まれ)、指揮者エラス=カサド(1977年生まれ)という、その深化と飛躍ぶりに世界が注目する存在ふたりによる、ベートーヴェンのピアノ協奏曲全集第2弾の登場!第1弾の第5番「皇帝」および第2番(KKC 6143/HMM 902411)でも、そのイマジネーションとインスピレーションに満ちた演奏で高く評価されているだけに、注目です!

協奏曲第4番は冒頭のピアノ・ソロからまるで天上から楽想が降ってきたような浮遊感と即興性で、一気に引き込まれてしまいます。エラス率いる管弦楽も、そんなベザイデンホウトの音楽に触発された、なんとも繊細な出だしにまた聴き手はこれから始まる演奏への期待に胸が高鳴ります。ベザイデンホウトのソロでの、ふとしたパッセージで魅せる天才的な即興性はますます冴え渡っており、ただただ愉悦の時間をたのしむことができます。

冒頭の「コリオラン」でこのディスク全体への期待が高められ、そして最後に収録の「プロメテウスの創造物」でも、エラス=カサドとFBOはひとつひとつの要素を実に新鮮に提示、交響曲第1番を書いたのと同時期のベートーヴェンの野心をあらためて感じさせてくれます。

この協奏曲全集は、2017年12月に、10日間で一挙に5曲を録音する、というスケジュールで、皆がベートーヴェンにどっぷりつかった幸せな日々だったといいます。最新の校訂報告にも入念にあたり、これまで見過ごされてきたアーティキュレーションやデュナーミクを忠実に表現し、よりすみずみまで行き届いた演奏となっています。続編にもますます期待が高まります!
キングインターナショナル
発売・販売元 提供資料 (2020/07/08)
The Beethoven concerto performances by fortepianist Kristian Bezuidenhout have proven popular, and he has performed them widely and is now recording the cycle with the Freiburger Barockorchester for the Harmonia Mundi label. He has experimented with various instruments, and it shows: here he finds a really distinctive one, a 1989 American copy of an 1824 Graf instrument. It has a crisp but not sharp sound that can mellow easily into lyricism (try the lovely beginning of the Beethoven Piano Concerto No. 4 in G major, Op. 58), and Bezuidenhout achieves clear, distinctive balances at several points. In some ways, this is a typical historical performance, with quick tempos, especially in the concerto finale, and slight ornaments from Bezuidenhout. The most unusual section is the slow movement, with punched-out orchestral textures from conductor Pablo Heras-Casado setting off Bezuidenhouts rather brisk playing. As with other historically informed conductors, the musicians here are at pains to strip away Romantic accretions, and those looking for a bacchanalian Piano Concerto No. 4 may be disappointed. Heras-Casados tempo in the concerto finale is so quick that the music has no room for grace, but hes quite strong in the two overtures that frame the concerto, with nice transparency from the 40-person orchestra, which is a bit small compared to whats known about Beethovens orchestras, and perhaps even smaller compared with what he might have had if he could have. However, the unusual piano (which does fall under the category of what Beethoven would have had if he could have) makes the reading well worth hearing. An added attraction is fine sound, from an Arles studio, that meshes with the performers aims.
Rovi
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:45:36

【曲目】
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲集VOL.2

・序曲「コリオラン」 op.62 (1807)
・ピアノ協奏曲第4番 ト長調 op.58 (1805-06)
・バレエ音楽「プロメテウスの創造物」序曲 op.43 (1800-01)

【演奏】
クリスティアン・ベザイデンホウト(フォルテピアノ/1824年コンラート・グラーフ・モデルのロドニー・レジエによるコピー(1989)、
エドウィン・ボインクとヨハン・ヴェンニンクによるオーバーホール(2002)/エドウィン・ボインク・コレクション)
フライブルク・バロック・オーケストラ
パブロ・エラス=カサド(指揮)

【録音】
2017年12月、アンサンブルハウス・フライブルク(ドイツ)
    • 1.
      [CD]
      • 1.
        Coriolan, overture in C minor, Op. 62
      • 2.
        Piano Concerto No. 4 in G major, Op. 58~Allegro moderato
      • 3.
        Piano Concerto No. 4 in G major, Op. 58~Andante con moto
      • 4.
        Piano Concerto No. 4 in G major, Op. 58~Rondo. Vivace
      • 5.
        Die Geschopfe des Prometheus, Op. 43~Overture
レビュー
  • 弾力あるリズムと前進性に富んだ音楽で作品の既存のイメージを覆す、これまで体験したことのない激しい演奏。フォルテピアノのベザイデンホウトと指揮者エラス=カサドによるベートーヴェンのピアノ協奏曲全曲録音の第2作は内省的な作品とされる「第4番」を、《コリオラン》《プロメテウスの創造物》の両序曲で挟む組み合わせ。特徴的な部分が第2楽章の開始部。弦を激しくかき鳴らす強い音とこれに応じるフォルテピアノの澄んだ響きの対比表現が素晴らしい。続く終楽章まで一気に聴かせて興奮させられる。序曲も含めて、バネの効いた地響きのような太い低音の響きが印象的。
    intoxicate (C)雨海秀和

    タワーレコード (vol.148(2020年10月10日発行号)掲載)

カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
還元ポイント
20pt
販売価格(税込)
¥ 3,069
¥ 767(25%)オフ
¥ 2,302
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加