ショッピングカート
Rock/Pop
CD
How I'm Feeling Now
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

オンラインキャンペーン価格
発売済み輸入盤スペシャルプライス10%オフ
開催期間: 【オンラインショップ】 9月25日(金)9:00~9月27日(日)23:59まで 【店舗】 各店9月25日(金)開店~9月27日(日)閉店まで オンラインショップでは期間中のご注文商品(予約含む)、店舗では期間中にお買い上げの商品を対象にポイント10%還元![※詳しくはキャンペーン・ページでご確認ください]
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

輸入 (ヨーロッパ盤)

パッケージ仕様

-

発売日

2020年09月18日

規格品番

9029520722

レーベル

WM UK

SKU

190295207229

作品の情報
メイン
アーティスト
オリジナル発売日
2020年
商品の紹介
この瞬間、この時代だからこそ伝えたかったこの感情、この想い。 キュートなルックスとキャッチーな曲で同世代のハートを鷲掴みにしているUKポップ・アイコン、チャーリーXCXが、コロナ禍のステイホーム期間中に自宅でレコーディングを行った、最新アルバム『HOW I'M FEELING NOW』。配信に続き、ついにCD発売決定!

キュートなルックスとキャッチーな曲で同世代のハートを鷲掴みにしているUKポップ・アイコン、チャーリーXCX。多彩なジャンルを自由自在に、そしてカラフルに溶け込ませる新世代ガーリー・ポップ・シンガーであり、ソングライターやプロデューサー、ビデオ・クリエイターなどマルチな才能を発揮しながらシーンに"派手カワ"な存在感を放っている彼女が、コロナ禍のステイホーム期間中に自宅でレコーディングを行った、最新アルバム『HOW I'M FEELING NOW』を配信サービスを通して発表したのは今年5月のこと。行動やアーティスト活動に制限が出ている中、自身のイマジネーションとクリエイティヴィティを最大限活用しながら完成させたこのアルバムが、CDとアナログでも発売となる。

最新作のアルバムをプロデュースを手掛けるのは、チャーリー本人、そしてプロデューサーのA.G.CookとBJ Burtonの3人。6週間にわたるアルバム制作期間中、チャーリーは自宅に籠りながら作詞、作曲、そして録音のすべてを行った。その中で彼女は、シングルの選択やミュージック・ビデオへの協力をファンに呼びかけたり、インスタグラムでファンとのソングライティング・セッションを開催するなど新たな形のコラボレーションを模索したり、自分自身が使えるあらゆる手段を駆使してアルバム制作を進めていったという。この本質的にDIYである新鮮なアプローチは、結果的にアルバムに大胆で予測不能な魅力を与えている。(1/2)
発売・販売元 提供資料 (2020/08/21)
アルバムに収録されている11曲には、コロナ禍のロックダウンによって多くの人々が味わった様々な感情が描かれている。その中で彼女は、快楽と人間交流に対する渇望と必要性に迫っている。例えば、Dijonがプロデュースを手掛ける「pink diamonds」や多幸感溢れる「anthems」では、Danny L HarleとDylan Bradyが作り上げたビートがさく裂する中、チャーリーは自身が抱えるピリピリとしたエネルギーを解き放っている。それ以外にも、再び恋に落ちる心の機微や感情をまんべんなく捉えたファースト・シングルの「forever」、プログレッシブなラップ曲「クローズ」、そしてハイパーな躍動感が溢れる「i finally understand」、自分のガードを緩めたことを綴ったダウンテンポなナンバー「enemy」や心の中で渦巻く自身への疑念や混乱する感情と向かい合うことを描いた「detonate」など、様々な感情や想いがこのアルバムには詰まっているのだ。

『HOW I'M FEELING NOW』を通してチャーリーは、友人やファンの力を借り、自宅に籠りながらも、リアルで生々しい感情と容赦なく進歩的な世界観を作り上げている。今までにない状況下で使える手段を自由自在に、そして最大限に活用して完成したこの"ニューノーマルな時代"のポップ・アルバムには、チャーリーが今、この瞬間に感じ、伝えたい感情が込められているだけではない――ここには、どんな時もいかなる状況でも必要性がある限り、自分自身を表現することができる、そんな希望が溢れているのだ。(2/2)
発売・販売元 提供資料 (2020/08/21)
If any pop star is uniquely equipped to be creative during hard times, its Charli XCX. As her steady stream of singles, EPs, mixtapes, albums, and collaborations attest, being productive is her natural state of being. Shes also remarkably connected to her fans and other artists through her social media platforms, and used this very 2020s version of fame to invite fans into her creative process. In the early days of sheltering in place during the COVID-19 pandemic, she vowed to create a brand-new album in just six weeks, using the tools she had at hand as well as the input of her fans and trusted producers like A. G. Cook and BJ Burton. In many ways, the humbly titled how im feeling now, with its lowercase spelling and lack of punctuation, captures the frozen-in-time yet fleeting feel of quarantine life as it returns to the fundamentals of her music. This isnt an album of acoustic guitar ruminations -- if anything, it shows XCX is just as committed to making cutting-edge electronic pop music while holed up in her L.A. home as she was when she could work face-to-face with her creative team. Featuring production by 100 gecs Dylan Brady, claws pits an innocent singsong melody against booming bass and clanking trap rhythms that sound like they might have been made by wind-up toys. She pushes the envelope even farther with the streaking, overtly futuristic pink diamond and c2.0, a track whose rubbery tones and helium-laced vocals call to mind the work of her frequent collaborator SOPHIE. Aside from party 4 u, which feels like a miniature of Charlis more introspective moments, how im feeling nows songwriting has a smaller scope than it did on her last album, but XCX makes up for that by packing in as many hooks and feelings as she can. Equally sweet and challenging, mischievous and heartfelt, forever is pure Charli XCX. When she sings about staying emotionally close even when were not together, she touches on connections that were even more treasured at the time of the albums release, when many people were forced to be alone and jobs, relationships, and lives were in flux. And though the albums songs arent literally about living in quarantine, theyre certainly relatable. On the pensive Palmistry, Cook, and Mechatok-produced i finally understand, XCX digs into the feelings, good and bad, that being truly intimate with someone -- and having time to reflect on a relationship -- engenders. Its a mood she expands on blissfully with 7 years and with more ambivalence on enemy, one of the albums prettiest and most fleshed-out songs. While it may not be the proper sequel to the ambitious Charli, how im feeling nows rawness and immediacy give it an appeal all its own. More than just an interesting social media experiment or a way to fend off quarantine boredom, its an artistic challenge thats true to the very best parts of XCXs music. ~ Heather Phares
Rovi
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:37:03

    • 1.
      [CD]
      • 1.
        Pink Diamond
      • 2.
        Forever
      • 3.
        Claws
      • 4.
        7 Years
      • 5.
        Detonate
      • 6.
        Enemy
      • 7.
        I Finally Understand
      • 8.
        C2.0
      • 9.
        Party 4 U
      • 10.
        Anthems
      • 11.
        Visions
カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
ポイント10倍
179pt
販売価格(税込)
¥ 2,189
¥ 219(10%)オフ
¥ 1,970
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加