ショッピングカート
Soul/Club/Rap
CD
Translation
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

オンラインキャンペーン価格
発売済み輸入盤スペシャルプライス10%オフ
開催期間:2021年6月15日(火)11:00~6月17日(木)23:59まで! [※期間中のご予約・お取り寄せ・ご注文が対象 ※店舗取置・店舗予約サービスは除く]
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

輸入 (ヨーロッパ盤)

パッケージ仕様

-

発売日

2020年06月26日

規格品番

19439763752

レーベル

Epic

SKU

194397637526

作品の情報
メイン
アーティスト
商品の紹介
グラミー賞6度受賞! 伝説のヒップホップ・グループ=ブラック・アイド・ピーズの8thアルバム『Translation』

グラミー賞6度受賞、ヒップホップ界発の世界的ヒットメーカー=ブラック・アイド・ピーズのエピック移籍後第1弾、通算8作目となるニュー・アルバム『Translation』が発売される。ヒップ・ホップ、ラテン、ポップスを見事にクロスオーバーさせた意欲作であり、4つのギネス記録を持つラテン界のスーパースター=オズナが参加したシングル「ママシータ feat. オズナ & J. レイ・ソウル」、ウィル・スミス主演の映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』のサントラにも収録され、MV再生回数6億回超えの大ヒットとなったJ. バルヴィンとのコラボ曲「リトモ」を収録。さらにはシャキーラ、ニッキー・ジャム、ベッキーG、マルーマ等、ラテン・ミュージック界から最旬のアーティストたちが集結。新しく紅一点ヴォーカルとなったJ. レイ・ソウル、そしてタイガ、フレンチ・モンタナといった人気ラッパー勢もアルバムに華を添えている。ブラック・アイド・ピーズの真骨頂である誰もが踊りたくなるビートと、ジャンルにとらわれない唯一無二のサウンドが詰まった最高の1枚がここに完成。
発売・販売元 提供資料 (2020/06/12)
On top of the music world for much of the 2000s, pop-rap group Black Eyed Peas impacted the global charts and became an indelible part of the mainstream with their crowd-pleasing electro-hip-pop hybrid anthems that would provide the soundtrack to school dances, weddings, and sporting events for years to come. Following the 2010 release of their sixth album, The Beginning, they went silent, releasing just one other LP that decade, a throwback to their 90s rap roots that abandoned the disposable pop candy of their peak popularity period (as well as longtime vocalist Fergie). Despite that albums sincerity, depth, and urgent societal messages, Masters of the Sun failed to capture much attention and the group quickly pivoted back to familiar territory for their next effort. Placing their conscious hip-hop hearts back in the vault, the core Peas (will.i.am, apl.de.ap, Taboo) and new recruit J. Rey Soul (whose vocals echo Fergies in a very calculated fashion) set their sights on the mainstream once again with 2020s Translation, another stylistic shift that brought the Peas into the world of Latin pop and back to the dancefloor where they belong. Playing like an extended club set, the album slides seamlessly from track to track, maintaining the increased heart rate and hypnotic energy alongside a whos who from the Latin pop world. Colombian reggaeton king J Balvin joins them on their first platinum certification since the waning days of their peak period with Ritmo, while Puerto Ricos Ozuna assists with another radio hit on Mamacita. The party traverses across continents with Maluma, Shakira, Nicky Jam, Becky G, French Montana, and more, who each trade verses with the Peas atop will.i.ams ever-spotless production and inspired sampling choices. In addition to interpolating Coronas 1993 Euro-dance crossover smash Rhythm of the Night on Ritmo, he later mines past favorites from Madonna, Lisa Lisa and Cult Jam, Miami Sound Machine, MC Hammer, and La Bouche to maximum effect. As intentional and obvious as it is, these studio tricks hit the mark, providing a satisfying and nostalgic distraction from the world with addictive earworms designed to dance ones cares away. The only time the Peas allow reality to infiltrate the mix is on News Today, a sobering summary of the headline-grabbing ills plaguing society in 2020, from the COVID-19 pandemic to systemic racism and police brutality. Fortunately, the track arrives once the dance party concludes, harshing none of the buzz that theyve carefully crafted on the 14 preceding songs. Throbbing and covered in sweat, Translation is unapologetic in its intent and a surprisingly welcome reminder of the Peas power to lift spirits not through socially conscious bars, but internationally appealing, borderless people-pleasing that unites through dance. ~ Neil Z. Yeung
Rovi
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:56:19

    • 1.
      [CD]
レビュー
  • 多彩なアイデアとセンスを駆使して常に越境してきた世界的なヒットメイカー、ブラック・アイド・ピーズがラテン音楽とそのカルチャーに愛を贈ったニュー・アルバム!
    豪華スターたちと繰り広げるパーティーをとことん楽しもう!!!
    原点回帰を謳った8年ぶりのアルバム『Masters Of The Sun Vol. 1』で沈黙を破り、改めて3人で動きはじめたブラック・アイド・ピーズが2019年のエピック移籍を経て早くもニュー・アルバム『Translation』をリリースした。移籍後第1弾シングルがJ・バルヴィンをフィーチャーした"Ritmo"で、それにオズナとの"Mamacita"が続いたことからもわかるように、今回のアルバムは現行ラテン・ポップ界の大物アクトとコラボしてラテン音楽や文化を世界へ届けることがテーマ。〈翻訳〉というアルバム・タイトルが意味するところは、そのままラテン音楽をBEPなりに翻訳してより広い層に拡散するという意味合いのようだ。
    これまでもBEPは(特にウィル・アイ・アムは)さまざまな音楽を自由に取り込んだりコラボで越境するなどして〈翻訳〉を繰り返してきたわけで、デヴィッド・ゲッタらを起用してEDMが北米上陸を経てブレイクするきっかけのひとつにもなった『The E.N.D』(09年)や『The Beginning』(10年)とも意味合いは近い。もちろん完全にレゲトンやラテン・トラップにどっぷり浸かってみたわけではなく、もともと備わっていたBEPらしさも自然に接合されているのが凄い。"Ritmo"ではイタリアのユーロダンス・グループであるコロナの"The Rhythm Of The Night"(93年)のサンプリングをダイナミックにあしらい、"Mamacita"ではマドンナ"La Isla Bonita"(85年)、マルーマを迎えた"Feel The Beat"ではリサ・リサ&ザ・カルト・ジャムの"Can You Feel The Beat"を自由にネタ使いするなど、アフロビートやヒップホップも披露して中毒性の高い楽曲へと昇華しているそのリズムの眼差しはいまや世界へ向かっている。シャキーラやベッキーG、ニッキー・ジャム、タイガ、フレンチ・モンタナら豪華ゲストとの絡みは、あらかじめ越境していたBEPには相応しいものだろう。今回もちょっと文句の付けようがない。
    bounce (C)大原かおり

    タワーレコード (vol.440(2020年7月25日発行号)掲載)

カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
ポイント15倍
268pt
販売価格(税込)
¥ 2,190
¥ 219(10%)オフ
¥ 1,971
販売中
在庫わずか
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加