ショッピングカート
書籍
書籍
新装版 バッハ・古楽・チェロ アンナー・ビルスマは語る
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

商品の情報

フォーマット

書籍

構成数

1

国内/輸入

国内

パッケージ仕様

-

発売日

2020年06月26日

規格品番

-

レーベル

アルテスパブリッシング

ISBN

9784865592269

版型

四六

ページ数

304

商品の説明

追悼:アンナー・ビルスマ(1934-2019)
著者の一周忌を前に、普及版として新装発売!

古楽運動を牽引したバロック・チェロの巨匠が語る「音楽」「楽器」「人生」。

音楽は「言葉」。そして、演奏とは「語る」こと──。

草創期の古楽運動を牽引したバロック・チェロの巨匠が日本を代表するチェンバロ奏者と語り合う。
レオンハルト、ブリュッヘンらとの交遊、「セルヴェ」ストラディヴァリウスなど名器・愛器、バッハ《無伴奏チェロ組曲》などをめぐる音楽論・演奏論を語り尽くす!
幼少時代~古楽創世記・現代までの貴重な写真を多数掲載。

※本書は、2016年にCD付き書籍として刊行した『バッハ・チェロ・古楽──アンナー・ビルスマは語る』から書籍を独立させ、共著者・渡邊順生による序文を追加、加筆・訂正をほどこしたものです。

※旧版の付属CDは2020年3月、コジマ録音から『アンナー・ビルスマin東京』と題して発売されました。

作品の情報
メイン
収録内容

構成数 | 1枚

新装版への序(渡邊順生)
プロローグ(加藤拓未)

第1部 音楽活動、仲間たち、そして人生
シモン・ゴルトベルク
父のこと
ハーグ王立音楽院への入学
恩師レーヴェン・ボームカンプ
ネーデルラント歌劇場管弦楽団
カサルス・コンクール優勝
スランプ
ブリュッヘンとの出会い
音楽家の「キャリア」について
アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団
古楽へのシフト
テレマン《パリ四重奏曲》の録音
初期の活動──ブリュッヘンとレオンハルト
ヴォルフ・エリクソン
オランダ古楽界のこと
ロンドム・カルテット
フェラ・ベッツとの出会い
ラインベルト・デ・レーウ
マテイス・フェルミューレン
ブダペストのリスト賞
バッハの《無伴奏チェロ組曲》に取り組み始めた頃
ハルモニア・ムンディでの録音
「セルヴェ」ストラディヴァリウスとの出会い
旅する音楽家
日本人の古楽演奏家とその聴衆
アムステルダム音楽院
チェロのレッスン
弟子たち
鈴木秀美
ラルキブデッリ
音楽文庫
私の病気について
理想の演奏会

ビルスマのアルバムから

第2部 チェロ、センツァ・バッソ
チェロについて
所有している楽器
チェロ・ピッコロ
「セルヴェ」ストラディヴァリウス
バロックとモダン──チェロの構造の変化について
〈エンドピン〉〈ガット弦〉〈スティール弦〉
〈弓について〉〈楽器本体の変化〉
音楽は「物語」
重要な音、重要でない音
「語る」音楽
聴衆とともに演奏する
「線の太い」音楽と「語る」音楽
バッハのセンツァ・バッソ
バッハの無伴奏楽曲とは?
3つの通奏低音手法
アンナ・マクダレーナ・バッハの写本について

第3部 《無伴奏チェロ組曲》の奏法
「ボウイングの原則」11箇条
バッハの「エトセトラ」と「ゼクヴェンツ」

《無伴奏チェロ組曲》第1番
◎フランス様式とイタリア様式のボウイング

《無伴奏チェロ組曲》第2番
◎運指法にかんして

《無伴奏チェロ組曲》第3番
◎6つの組曲が作曲された順番は?

《無伴奏チェロ組曲》第4番
◎ヴィオラ演奏説

《無伴奏チェロ組曲》第5番
◎ヴァイオリンの名手バッハ

《無伴奏チェロ組曲》第6番

第4部 音楽について、そしてボッケリーニ
「文化」と「芸術」の違い
演奏家について──グレン・グールド、パブロ・カサルス
室内楽
ヴィヴァルディの音楽
ベートーヴェン
モーツァルトの協奏交響曲(未完成)の第1楽章
ボッケリーニについて
弦楽五重奏曲の録音
作曲家ボッケリーニ
「ボッケリーニのメヌエット」
ボッケリーニの音楽と時代精神
ボッケリーニの弱音表示
「人を楽しませる」音楽
ハイドン、ベートーヴェンとボッケリーニ
ボッケリーニの「サウンド」
シューベルトへの影響
ボッケリーニの消滅

ビルスマの思い出と彼の芸術(渡邊順生)
ほか
    • 1.
      [書籍]
カスタマーズボイス
    評価する:
ニュース & 記事
還元ポイント
22pt
販売価格(税込)
¥ 2,420
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加