ショッピングカート
サウンドトラック
CD
The Thing
★★★★★
★★★★★
5.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

オンラインキャンペーン価格
発売済み輸入盤スペシャルプライス10%オフ
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2020年06月12日

規格品番

QR420

レーベル

SKU

8436560844204

作品の情報
メイン
アーティスト
商品の紹介
監督 ジョン・カーペンター / 音楽 エンニオ・モリコーネ / 出演 カート・ラッセル、A・ウィルフォード・ブリムリー、リチャード・ダイサート)のサウンドトラック盤。
タワーレコード (2020/06/02)
ジョン・カーペンター監督のSFホラー映画傑作『遊星からの物体X』(1982年)にエンニオ・モリコーネが作曲した象徴的なスコアをリマスター・リイシュー。

『ダークスター』以来、カーペンター自身が(アラン・ハワースとのコラボレーションで)スコアを担当していたが、『遊星からの物体X』のオリジナルスコアはイタリアの巨匠であるエンニオ・モリコーネに依頼された。

スケジュールの都合上、モリコーネは映画完成前のバージョンを見ての作曲。
シンセサイザーのパートはローマで、大規模なオーケストラのパートはロサンゼルスで録音。だが、結局、スコアの半分以上は映画では使われず、一部はカーペンターとハワースが新たに作曲した電子音楽に置き換えられた。しかし、モリコーネのスコアは、閉所恐怖症で偏執的なスコアの名作のひとつとして記憶され、カルト的な支持を得ている。モリコーネがオリジナル・スコアを担当したクエンティン・タランティーノ監督作『ヘイトフル・エイト』でも、こちらのスコアを使用した箇所があり、映画ファン、サントラ・ファンの大きな話題ともなった。

MCAのオリジナル・アルバムは、モリコーネ自身が考案し、録音された全ての素材を用いて構成されたもので、従来のサウンドトラック・アルバムというよりも、恐怖と不吉なオペラからの連想される動きを感じさせる10のシークエンスで構成されている。
発売・販売元 提供資料 (2020/06/03)
収録内容

構成数 | 1枚

    • 1.
      [CD]
カスタマーズボイス
総合評価
5.0
★★★★★
★★★★★
(1)
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
還元ポイント
44pt
販売価格(税込)
¥ 5,490
¥ 549(10%)オフ
¥ 4,941
販売中
在庫わずか
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加

サマリー/統計情報

欲しい物リスト登録者
11
(公開: 0 人)
コレクション登録者
1
(公開: 0 人)