ショッピングカート
Rock/Pop
LPレコード
Rough and Rowdy Ways<完全生産限定盤>
★★★★★
★★★★★
5.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

開催期間:2022年5月18日(水)0:00~5月20日(金)23:59まで! [※期間中のご予約・お取り寄せ・ご注文が対象 ※店舗取置・店舗予約サービスは除く]
ロック/ポップス輸入盤レコード/アナログ10%オフ
LP、12"、10"、7"が期間限定プライスオフ
商品の情報

フォーマット

LPレコード

構成数

2

国内/輸入

輸入 (ヨーロッパ盤)

パッケージ仕様

-

発売日

2020年07月17日

規格品番

19439780991

レーベル

SKU

194397809916

作品の情報
メイン
アーティスト
商品の紹介
ボブ・ディラン 8年振りのオリジナル・ニュー・アルバム 『ラフ&ロウディ・ウェイズ』
初の全米シングル・チャート1位を記録した約17分の大作「最も卑劣な殺人」(Murder Most Foul)他、ノーベル文学賞受賞後初となる新曲全10曲を収録。

ボブ・ディランのオリジナル楽曲によるニュー・アルバムとしては2012年発表の『テンペスト』以来8年振り、通算39作目となる『ラフ&ロウディ・ウェイズ』。近年のスタジオ・アルバムとしては、主にフランク・シナトラがレパートリーとしていたグレイト・アメリカン・ソングブックと呼ぶに相応しいカバー作が、2015年『シャドウズ・イン・ザ・ナイト』、2016年『フォールン・エンジェルズ』、2017年『トリプリケート』と3作続いていた。『ラフ&ロウディ・ウェイズ』はスタジオ・アルバムとして39作目となり、全10曲を収録。
新型コロナウイルスが世界で感染拡大する中の2020年3月27日、「皆さん、どうか安全に、油断せず、神とともにあらんことを。」とのコメントと共に発表した17分近くに及ぶ新曲「最も卑劣な殺人」」(Murder Most Foul)はビルボード・シングル・チャートで初の1位を獲得し、シングル史上で最長時間となる全米1位の曲の記録に輝いた。

アルバム・タイトルとなる『ラフ&ロウディ・ウェイズ』から想起されるのは、1960年にRCAが発表したジミー・ロジャースのアルバム『My Rough And Rowdy Ways』。デビュー前からジミー・ロジャースの歌をカバーしていたディランは、自らが設立したレーベルのエジプシャン・レコードから1997年にジミー・ロジャースの生誕100周年を記念したコンピレーションを発売。このディラン自身が大きく関わったトリビュート作には、ボノ、ヴァン・モリソン、ジェリー・ガルシアらによるカバー曲がまとめられ、アメリカ大衆音楽の元祖的存在のジミーを称える内容となった。"カントリーの父"と呼ばれる事が多かったものの、その枠を大きく飛び越え柔軟性をもって音楽を作り続け、アメリカン・ポップスの先駆者となったジミーへの思いが満ちたアルバム・タイトルである。

全10曲となる『ラフ&ロウディ・ウェイズ』は、2016年にソングライターとして唯一のノーベル文学賞受賞者になって以来、新曲を集めたアルバムとしては初めてになる。スウェーデン・アカデミーはその授与の理由を「偉大なるアメリカのソング・トラディションにおける、新たな詩的表現を作り上げたこと」だと挙げている。

過去23年間でディランがリリースしたスタジオ・アルバムは7枚。その間には、アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞に輝いた2001年映画『ワンダー・ボーイズ』の主題歌「シングス・ハヴ・チェンジド」があった他、世界各国でベストセラーとなり、2004年 ニューヨーク・タイムズ・ベストセラー・リストに19週間ランクインし、先日ローリング・ストーン誌によって「歴代最も優れたロック評伝」に選出された『ボブ・ディラン自伝』もあった。2013年度レジオンドヌール勲章オフィシエの受勲者であり、2000年にはスウェーデンのポーラー音楽賞、スコットランドのセント・アンドリューズ大学の博士号を始め、数々を授与している。ボブ・ディランのこれまで世界でのセールスは1億2,500万枚以上に達している。
発売・販売元 提供資料 (2020/05/22)
Bob Dylan released the dark, unruly Time Out of Mind in 1997 following two albums of folk and blues covers. It was his first original material in a decade and summed up his 20th century. Rough and Rowdy Ways is his first new material since 2012s Tempest and arrives during a global pandemic and the righteous struggle for racial and economic justice. These ten songs revel in forms that have been Dylans metier since the 60s: blues, country, folk, rockabilly, gospel, etc. Its three pre-release singles -- Murder Most Foul, I Contain Multitudes, and False Prophet -- are showcases for a songwriter who speaks directly yet remains elusive. I Contain Multitudes is a meditation on a life yet unfolding; historic figures -- Anne Frank, William Blake, the Rolling Stones, etc. -- jostle against archetypes of gunslingers: …What can I tell ya? I sleep with life and death in the same bed…. False Prophet is a jeremiad disguised as blues house rocker. The protagonist testifies; hes a witness who confronts evil in history and real time. Goodbye Jimmy Reed celebrates the bluesman in his own house-rocking style to equate religion, sin, and redemption with romantic obsession and sex. Crossing the Rubicon is a roadhouse blues with the afterlife riding shotgun: Three miles north of purgatory/One step from the great beyond/I pray to the cross/I kiss the girls/and I cross the Rubicon…. Dylans band are loose and joyful; their raucousness carries his swagger and joy. The suspenseful, loungey My Own Version of You features grave robbing as it employs the inspiration of the Bride of Frankenstein to seek truth in taboo. Ive Made Up My Mind to Give Myself to You, caressed by marimbas, and brushed snares, finds Dylan blurring distinctions between carnal and spiritual love. Conversely, Black Rider whistles past the graveyard, with a nasty caution: … Don’t hug me, don’t turn on the charm/Ill take a sword and hack off your arm…. In the Celtic gospel of Mother of Muses, hes a grateful supplicant, a servant who humbly requests transformation knowing full well he may not be entitled: … wherever you are/Ive already outlived my life by far…. The albums final half-hour contains only two songs. The nine-plus-minute Key West (Philosopher Pirate) is a rambling dirge guided by a soft accordion in a stripped-down journey of longing and weariness; an acknowledgment of mortality with the ghosts of the Beats, Buddy Holly, and Jimi Hendrix alongside him. It stands with his best work from the 70s. That gentle sojourn prepares listeners for Murder Most Foul, a sprawling, 17-minute lyrical, labyrinthian closer that moves through history, metaphor, and culture with JFKs assassination as its hub. It will be decoded for generations. Rough and Rowdy Ways is akin to transformational albums such as Love and Theft, and Slow Train Coming. Its a portrait of the artist in winter who remains vital and enigmatic. At nearly 80, Dylans pen and guitar case still hold plenty of magic. ~ Thom Jurek
Rovi
収録内容

構成数 | 2枚

合計収録時間 | 01:10:38

    • 1.
      [LPレコード]
      • 1.
        I Contain Multitudes
      • 2.
        False Prophet
      • 3.
        My Own Version of You
      • 4.
        I've Made Up My Mind to Give Myself to You
      • 5.
        Black Rider
      • 6.
        Goodbye Jimmy Reed
    • 2.
      [LPレコード]
      • 1.
        Mother of Muses
      • 2.
        Crossing the Rubicon
      • 3.
        Key West (Philosopher Pirate)
      • 4.
        Murder Most Foul
レビュー
  • 一大プロジェクトだったスタンダード・カヴァー3作を経てリリースされた、8年ぶりのオリジナル楽曲によるアルバム。それらカヴァー作の影響が明らかに感じられる内容で引き続きアメリカーナ志向は色濃く、多くの曲がノスタルジックでメランコリックな雰囲気。2020年という時代の空気を反映してかどことなくシリアスだが、優しく深みのある歌声に癒されていく……。どの時代のディランとも色の違う新境地の傑作だ。
    bounce (C)赤瀧洋二

    タワーレコード (vol.440(2020年7月25日発行号)掲載)

カスタマーズボイス
総合評価
5.0
★★★★★
★★★★★
(1)
    評価する:
★★★★★
★★★★★
投稿日:2020/07/29

ボブ・ディランのレコードは、今までデビューアルバムからほとんど購入してきました。90年代からCDになった時期もありましたが、退職後、中古レコードや高音質盤レコードも買い求めてきました。今回の2枚組ももちろんレコードを購入し、とても満足しています。歌詞が分かりにくいのでYouTubeの歌詞付きも利用しますが、音質はやはりレコードが一番です。

関連商品
ニュース & 記事
ポイント15倍
477pt
販売価格(税込)
¥ 3,890
¥ 389(10%)オフ
¥ 3,501
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加

サマリー/統計情報

欲しい物リスト登録者
13
(公開: 0 人)
コレクション登録者
2
(公開: 1 人)