ショッピングカート
Rock/Pop
LPレコード
The Absence of Presence [2LP+CD]<完全生産限定盤>
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

開催期間:2024年2月28日(水)0:00~3月1日(金)23:59まで! [※期間中のご予約・お取り寄せ・ご注文が対象 ※店舗取置・店舗予約サービスは除く]
商品の情報

フォーマット

LPレコード

構成数

3

国内/輸入

輸入 (ヨーロッパ盤)

パッケージ仕様

-

発売日

2020年07月17日

規格品番

19439751181

レーベル

SKU

194397511819

作品の情報
メイン
アーティスト
商品の紹介
アメリカン・プログレッシヴ・ハードの雄=カンサス 4年ぶりとなる新作『The Absence Of Presence』

1969年に米国カンザス州で結成。1974年にメジャー・デビュー。1976年に発表した『Leftoverture』(永遠の序曲)が400万枚以上を売る大ヒットを記録し、「伝承」のシングル・ヒットも生まれた。1977年発表の『暗黒への曳航』も大ヒット。シングル・カットされた「すべては風の中に」が大ヒットし、バンドとして確固たる地位を築く。1983年に解散するも、86年に再結成。以後もメンバー・チェンジをくり返しながらもコンスタントに活動を続け、70年代~80年代、そして今もなお全世界のアリーナ、スタジアムでライヴ活動を展開。アメリカを代表するバンドとして、根強い人気を誇っている。

2016年に16年ぶりのニュー・アルバムとなった『The Prelude Implicit』(暗黙の序曲)をリリース。トップ200で初登場14位を記録し、健在ぶりを示した。このアルバム・リリース後に、北米を回るコンサート・ツアーを敢行。バンドのニュー・ラインナップ、ニュー・アルバム、そして彼らの代表作『永遠の序曲』の40周年を祝うのこのツアーは大成功を収める。2017年にはこのツアーの模様を余すところなく収めたライヴ盤『Leftoverture Live & Beyond』をリリース。ニュー・ラインナップで精力的な活動を続ける中、4年振りとなる通算16枚目のオリジナル・アルバムが『The Absence Of Presence』の発売が決定!往年のアメリカン・プログレッシヴ・ハード全開の、これぞカンサス・サウンドといえる作品に仕上がっており、ファン必聴のアルバムとなっている。
発売・販売元 提供資料 (2020/05/01)
In 2016, Americas eternally popular prog juggernaut Kansas returned to studio recording for the first time since their 2000 reunion outing Somewhere to Elsewhere. The resultant The Prelude Implicit also marked debuts for lead vocalist/keyboardist Ronnie Platt, and guitarist Zak Rizvi. Remarkably, it reflected the bands vintage sonic signature and songwriting/arranging chops without craven nostalgia. Four years on, Absence of Presence builds on the strengths of its predecessor, yet goes far deeper into the prog aesthetic. Kansas popularity is based on the canny balance of meaty prog and radio-friendly melodic rock. Here, that strategy is more prevalent than on The Prelude Implicit. The title-track opener juxtaposes David Ragsdales omnipresent violin (Kansas is the only American band with this trademark), chunky, hard rock guitars from Rich Williams and Rivzi, new member Tom Brislins arpeggiated and rhythmically rich keyboards, a prodding bassline from Billy Greer, and majestic drumming from Phil Ehart, all spiraling into a commanding prog jam. Platts singing, while not similar to retired member Steve Walshs, is crystalline, evocative, and deeply expressive. Throwing Mountains intros with thunderous guitars and attenuated violin fills before Platt delivers wide-eyed hopeful lyrics that acknowledge adversity as a necessary stage in triumph. Second single Jets Overhead offers a gorgeous synth hook as its melodic frame. The twinned electric guitar riffs and processional tom-toms underscore Ragsdales violin and the droning bassline to usher the sets most memorable track. Cleverly, Kansas follow with Propulsion 1, an explosive, labyrinthine instrumental. Given the COVID-19 world this album emerges in, Memories Down the Line is eerily prescient. A signature Kansas power ballad, its lyrics reflect the end of civilization as we know it: Send these memories down the line/Our trials and tribulations/Send these memories down the line/And let them know we tried/Lessons locked inside…. While the philosophical melancholy and existential angst remain in Circus of Illusion, the music is more aggressive, knotty, and yes, hooky. Animals on the Roof is a forceful and dramatic prog number driven by Ehart. The power-riffing guitars and Ragsdales swirling violin meet syncopated rhythms as Platt rises above the maelstrom. While Never is a graceful, anthemic paean to self-determination and redemption, closer The Song the River Sang follows more intimate and intricate terrain before erupting into passionate prog. The band wind bluesy, metallic guitars into colliding synths and clavinets, ambient sounds, and chunky rock grooves. Fans will find Absence of Presence a welcome addition to Kansas catalog that is indeed comparable to their best recordings. For non-followers, it is both a musically and stylistically excellent example of 21st century American prog rock. ~ Thom Jurek
Rovi
収録内容

構成数 | 3枚

録音 | ステレオ (---)

    • 1.
      [LPレコード]
      【A面】
      • 1.
        The Absence of Presence
      • 2.
        Throwing Mountains
      • 3.
        Jets Overhead
    • 【B面】
      • 1.
        Propulsion 1
      • 2.
        Memories Down the Line
      • 3.
        Circus of Illusion
    • 2.
      [LPレコード]
      【A面】
      • 1.
        Animals on the Roof
      • 3.
        The Song the River Sang
    • 3.
      [CD]
レビュー
  • 16年ぶりに出た前作『The Pr-e-l-ude Implicit』以降、キーボード奏者の交替を経て早くも新作が到着。精力的に行ったツアーの成果なのか、7人の演奏は緻密かつ強固になった印象で、優雅なスケール感とプログレッシヴな展開美はよりいっそう研ぎ澄まされている。インスト曲"Propulsion 1"~バラード風の"Memories Down The Line"の流れも素晴らしく、郷愁とロマンが同居した"Circus Of Illusion"など佳曲が勢揃い。
    bounce (C)荒金良介

    タワーレコード (vol.440(2020年7月25日発行号)掲載)

カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
ポイント15倍
625pt
販売価格(税込)
¥ 4,590
販売中
在庫わずか
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しい物リストに追加

コレクションに追加

サマリー/統計情報

欲しい物リスト登録者
4
(公開: 0 人)
コレクション登録者
0
(公開: 0 人)