ショッピングカート
クラシック
CD
エミール・ギレリス第11集 - ベートーヴェン、ラフマニノフ: ピアノ協奏曲第3番
★★★★★
★★★★★
5.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

オンラインキャンペーン価格
クラシック スペシャルプライス15%オフ
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2020年04月17日

規格品番

DHR8100

レーベル

SKU

061297581009

商品の紹介
鋼鉄のタッチが炸裂、ギレリスの真骨頂
ベートーヴェンとラフマニノフ、ふたつの「第3番」!

ギレリス・レガシー・シリーズ第11弾。鋼のピアニスト、ギレリスの力強い打鍵とテクニックが冴えわたる協奏曲2曲を収録。ラフマニノフはMELODIYAからLPで出ていたことがありますが、ベートーヴェンは初出と思われます。いずれにせよCDとしてのリリースは大変に貴重、見逃せない内容となっております。
キングインターナショナル
発売・販売元 提供資料 (2020/03/16)
収録内容

構成数 | 1枚

【曲目】
(1)ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番 ハ短調 Op.37
(2)ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番 ニ短調 Op.30

【演奏】
エミール・ギレリス(ピアノ)
(1)オイゲン・ヨッフム(指揮)、コンセルトヘボウ管弦楽団
(2)ユージン・オーマンディ(指揮)、フィラデルフィア管弦楽団

【録音】
ライヴ録音:(1)1968年3月7日/アムステルダム、(2)1966年12月27日/ニューヨーク
    • 1.
      [CD]
レビュー
  • 1999年からDoremiレーベルでリリースが続いている『Emil Gilels Legacy』シリーズ。6年振り第11弾が発売。「このような録音を聴けるのを待っていました」と思わずにはいられない迫真の演奏。ベートーヴェンの協奏曲は、1、3楽章は、流れるようなタッチと情熱入り混じる力強いテクニック。一方で2楽章はじっくりと聴かせてくれている。ラフマニノフでは、まるで鍵盤と乱闘しているかのような超絶技巧。負けじとオケもくらいつく。音質の面は残念ながら決して良好とは言えないが、それでもライヴの緊張感溢れる音楽がひしひしと伝わってきてならなかった。
    intoxicate (C)飛田陽海

    タワーレコード (vol.146(2020年6月20日発行号)掲載)

カスタマーズボイス
総合評価
5.0
★★★★★
★★★★★
(2)
    評価する:
★★★★★
★★★★★
投稿日:2020/09/25

ギレリスのラフ3はクリュイタンス版があるが、本人は不満だったと伝えられる。西側で商品化されなかったライブ録音がソビエトではLPになったのは恐らく本人の強い希望だろう。60年代に入り急速に円熟味を増したギレリスの素晴らしい演奏がついにCD

化されたことを喜びたい。個人的にはホロヴィッツ・ライナーのモノラルとアルゲリッチのライブと並ぶベストパフォーマンス。ぜひ一聴を。

★★★★★
★★★★★
投稿日:2020/04/17

ラフマニノフとベートーヴェンがこの1枚で、しかもギレリスの演奏で聴けることが貴重。このような録音があるとは全く知りませんでした。しかも指揮者は巨匠。ヨッフムとオーマンディ。ギレリスならではの鍵盤テクニックが遺憾なく発揮されています。ラフマニノフのフィナーレへ向かう緊迫感がたまらない。ライヴならではの白熱した演奏。ある意味隠された名盤と言えましょう。

ニュース & 記事
還元ポイント
20pt
販売価格(税込)
¥ 2,690
¥ 404(15%)オフ
¥ 2,286
販売中
在庫わずか
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加

サマリー/統計情報

欲しい物リスト登録者
16
(公開: 0 人)
コレクション登録者
0
(公開: 0 人)