ショッピングカート
J-Pop
CD
えぴせし
★★★★★
★★★★★
5.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

商品ページ記載の「発送までの目安」よりお届けに時間がかかる場合がございます。
数量・期間限定の特別セール!(クレジットカード/d払い/宅配代金引換のみ可、クーポン/ポイント利用可、セブン-イレブン受け取り不可) / 「ケース割れ」「パッケージビニール破損」「ジャケット角潰れ」など、外装に若干のダメージがある商品も一部ございます。
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

国内

パッケージ仕様

-

発売日

2020年05月13日

規格品番

DDCZ-2256

レーベル

PETASTEREO

SKU

4543034049639

作品の情報
メイン
アーティスト
オリジナル発売日
2020年05月13日
商品の紹介
衝撃の「あぱんだ」から5年、ZAZEN BOYS脱退から2年、沈黙を破る攻撃(えぴせし)吉田一郎不可触世界の2nd ALBUM。自身運営の新レーベルPETASTEREO(ペタステレオ)よりリリース。

2015年5月13日発売の前作/1stALBUM 「あぱんだ」からちょうど5年後の日にリリースとなる今作も前作同様にいわゆるベーシストのソロ活動アルバムという枠には全く当てはまらない。2017年末のZAZENBOYS脱退より2年、そして前作からは5年のブランクを破る「えぴせし」【攻撃】というギリシア語を平仮名で冠した今作。サウンドは80年代シンセポップ/ソウル/ファンクを想起させるシンセサウンドとビート/トラックからAORやネオアコースティック感、オルタナティブロック、チルウェイブやニューウェーブ感まで様々な折衷。低音の迫力ある歌唱、伸びやかで重厚に重ねられたコーラス、そして他の誰にも似ていない詞の世界に浸ると、日本を代表するとまで称されるベース演奏技術すら彼にとっては数ある表現方法の中のひとつに過ぎなかったとさえ感じさせられる。独自の高い芸術性と野暮ったくない商業性とが絶妙にバランスした作品であり、並々ならぬ鋭意を持った傑作だ。
発売・販売元 提供資料 (2020/03/02)
衝撃の<あぱんだ>から5年、ZAZEN BOYS脱退から2年、沈黙を破る攻撃(えぴせし)吉田一郎不可触世界の2nd ALBUM。自身運営の新レーベルPETASTEREO(ペタステレオ)よりリリース。 (C)RS
JMD (2020/03/04)
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:39:27

    • 1.
      [CD]
レビュー
  • ZAZEN BOYSを脱退して以降、TK from 凛として時雨からももいろクローバーZに至るさまざまなサポートを務めてきた吉田一郎が、5年ぶりの新作をついに完成。
    前作と同様に、作詞/作曲、アレンジ、楽器演奏、エンジニアリングまでをみずからが手掛けた本作は、80年代のエレポップ~ニューウェイヴへの愛情を基盤に、マシーン・ファンクやバレアリックなダンス・ミュージックを横断する当人の作家性がより色濃く反映された作品に。シンコペーションするリズムにラップを乗せた"B面のまほろば"、岡村ちゃんばりの歌唱を披露する"phoenixboy"あたりは表現力の高まりを感じさせるが、ただ快楽的というわけではなくどこか寂寥感が漂っているのは、シンガー・ソングライターとしての彼の本分だと言えよう。
    bounce (C)金子厚武

    タワーレコード (vol.439(2020年6月25日発行号)掲載)

  • もはやZAZEN BOYSの元ベーシストという肩書は不要な吉田一郎によるソロ・プロジェクトの、初作にして名作『あぱんだ』(2015年)より5年ぶりとなるセカンド・アルバム。前作の流れは汲みつつも、ちょっと照れ笑いが含まれていたような前作を真顔でアップデートしたような全10曲が並ぶ。人工的なビートに吉田の歌やベースが交わって、全体的に得も言われぬ美しさを醸し出しており、タイトルの『えぴせし』(EPITHESI)も、〈EPITHESIS〉(エピテーゼ=欠損した身体の一部を補う人工の医療具)からさらに一文字欠損した言葉だと思えば納得がいく。喩えるなら、無機質な箱の中に怪しい画家がいて、何年もひたすら美しい風景画を描いているとか、武道の達人がひたすら美しい演武を繰り広げているとかいったような……ある種の狂気すら感じられる美しさ。

    歌唱、トラックはもちろんのこと、前作の名曲"暗渠"をそのままアップデートしたような"B面のまほろば"でのラップ的フロウやバッキバキのベースなど、細部に宿る個性も聴きどころでありつつ、それでいてスムーズに聴けて切なさも残るのがニクい。前作を超える大傑作。
    Mikiki (C)酒井優考

    タワーレコード (Mikiki(2020年5月12日)掲載)

カスタマーズボイス
総合評価
5.0
★★★★★
★★★★★
(1)
    評価する:
★★★★★
★★★★★
投稿日:2020/05/15

ZAZEN BOYSの前ベーシストであり、また数多くのミュージシャンとプレイしている最強ベーシスト、吉田一郎のソロ2nd。前作同様エレクトロなサウンドを基底にしつつ、随所に光るベースラインの美しさ、そして叙情的で、耳に心地よい違和感を残す歌詞が時にポエトリーリーディング的に、時にメロディアスに響く。吉田一郎の不可触な世界、たまりません。

ニュース & 記事
還元ポイント
対象外
販売価格(税込)
¥ 2,000
¥ 1,400(70%)オフ
¥ 600
販売中
在庫あり
発送までの目安:3日~5日

店舗から取り寄せる商品となります

cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加

サマリー/統計情報

欲しい物リスト登録者
11
(公開: 1 人)
コレクション登録者
2
(公開: 0 人)