ショッピングカート
クラシック
CD
ベートーヴェン: ミサ・ソレムニス
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

オンラインキャンペーン価格
クラシック スペシャルプライス15%オフ
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2020年03月19日

規格品番

C999201

レーベル

Orfeo

SKU

4589538753528

商品の紹介
1823年に完成されたベートーヴェンの「ミサ・ソレムニス=荘厳ミサ」は彼と親交のあったルドルフ大公のために作曲されました。もともとは1820年に行われた大公の大司教就任祝いのための作品でしたが、その日に間に合わず、結局は1824年にサンクトペテルブルクで初演。ベートーヴェンの崇高な意思が反映された大作であるものの、教会ではあまり演奏されることのない宗教曲です。
2019年3月にこの世を去った大指揮者ミヒャエル・ギーレン。彼はこの作品を「キリスト教的ではない」と評していますが、作品の持つ精神性を深く愛し何度も演奏を重ねてきました。これまでにも2005年のルクセンブルク・フィルとの演奏を始め、1987年のバーデン・バーデン南西ドイツ放送交響楽団との演奏など何種類もの録音がリリースされていますが、今作は1985年にウィーン放送交響楽団(当時はオーストリア放送交響楽団)と演奏した「歴史的録音」。ギーレンらしい「透明感のある響き」が生かされた闊達な演奏を存分にお楽しみいただけます。
ナクソス・ジャパン
発売・販売元 提供資料 (2020/02/12)
823年に完成されたベートーヴェンの「ミサ・ソレムニス=荘厳ミサ」は彼と親交のあったルドルフ大公のために作曲されました。もともとは1820年に行われた大公の大司教就任祝いのための作品でしたが、その日に間に合わず、結局は1824年にサンクトペテルブルクで初演。ベートーヴェンの崇高な意思が反映された大作であるものの、教会ではあまり演奏されることのない宗教曲です。2019年3月にこの世を去った大指揮者ミヒャエル・ギーレン。彼はこの作品を「キリスト教的ではない」と評していますが、作品の持つ精神性を深く愛し何度も演奏を重ねてきました。これまでにも2005年のルクセンブルク・フィルとの演奏を始め、1987年のバーデン・バーデン南西ドイツ放送交響楽団との演奏など何種類もの録音がリリースされていますが、今作は1985年にウィーン放送交響楽団(当時はオーストリア放送交響楽団)と演奏した<歴史的録音>。ギーレンらしい<透明感のある響き>が生かされた闊達な演奏を存分にお楽しみいただけます。 (C)RS
JMD (2020/02/14)
収録内容

構成数 | 1枚

【曲目】
ベートーヴェン(1770-1827):ミサ・ソレムニス Op.123

1.キリエ
2.グローリア
3.クレド
4.サンクトゥス
5.アニュス・デイ

【演奏】
アリソン・ハーガン(ソプラノ)
マルヤーナ・リポヴシェク(メゾ・ソプラノ)
トーマス・モーザー(テノール)
マティアス・ヘッレ(バリトン)
ルドルフ・ショルツ(オルガン)

ウィーン楽友協会合唱団
ウィーン放送交響楽団(オーストリア放送交響楽団)

ミヒャエル・ギーレン(指揮)

【録音】
1985年4月18-19日 ウィーンムジークフェライン
    • 1.
      [CD]
カスタマーズボイス
    評価する:
ニュース & 記事
還元ポイント
20pt
販売価格(税込)
¥ 2,629
¥ 394(15%)オフ
¥ 2,235
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加