ショッピングカート
Rock/Pop
LPレコード
Petals For Armor
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

開催期間:2021年7月27日(火)11:00~7月30日(金)23:59まで! [※期間中のご予約・お取り寄せ・ご注文が対象 ※店舗取置・店舗予約サービスは除く]
ロック/ポップス輸入盤レコード/アナログ10%オフ
LP、12"、10"、7"が期間限定プライスオフ
商品の情報

フォーマット

LPレコード

構成数

2

国内/輸入

輸入 (ヨーロッパ盤)

パッケージ仕様

-

発売日

2020年05月15日

規格品番

7567864995

レーベル

Atlantic

SKU

075678649950

作品の情報
メイン
アーティスト
商品の紹介
グラミー賞の他、数々の受賞経歴を誇る、パラモアのリード・ヴォーカルであり、美容ブランド「グッド・ダイ・ヤング」の創立者でもあるヘイリー・ウィリアムスがソロ活動を宣言!待望のソロ・プロジェクト『PETALS FOR ARMOR』がリリースとなる。

2004年に結成されたパラモア。2005年のデビュー・アルバム『ALL WE KNOW IS FALLING』からは、「Pressure」など多くのヒット・シングルが生まれ、アメリカでゴールド・ディスクに認定。続く2007年にリリースされた『RIOT』からは、「Misery Business」、「Crushcrushcrush」がヒット。ダブル・プラチナを獲得して大ブレイクを果たす。そして2009年の『BRAND NEW EYES』は収録曲「The Only Person」がグラミー賞にノミネートされた。また2017年の『AFTER LAUGHTER』は数々のチャートの首位を勝ち取り、米ビルボードのトップ・オルタナ・アルバムで堂々の初登場1位、HOT200アルバム・チャートでも6位を獲得。当年の最優秀リリース作品として、The Fader、Pitchfork、Rolling Stone、NPR、Billboardなど、様々なメディアに取上げられ、賞賛を浴びた。

ヘイリーにとって『AFTER LAUGHTER』以来のアルバム・リリースとなる『PETALS FOR ARMOR』。アルバムのプロデュースを手掛けるのは、パラモアのバンド・メンバーでもあるテイラー・ヨークだ。パラモアとは異なる、ソロ・アーティストとしての活動について、彼女は以下のように語っている。 「今回、ソロ・プロジェクトを手掛けることが出来て、本当に嬉しく、光栄に思っているわ」そう自信に溢れたコメントを残したヘイリー。「このプロジェクトを完成に導くまで、時には怖くなることもあったけど、その分自分が本当に強くなったの。特に"ペタルズ・フォー・アーマー"を書く時には、自分の作詞能力を最大限発揮できたと思うわ。インストの演奏もかなり頑張ったの。パラモアとして活動するときは、演奏者としての役割に深く関わることがないんだけど。その分野で卓越した能力を発揮するバンドの仲間達がいるからね。だからこそ、このプロジェクトには、私の"素"の音楽性が浸透していると思うわ。実験的な試みに満ちていたからね。今回の作品は、私が本当に親しく思う人たちと一緒に作ったの。彼らのそれぞれの才能がこの作品で実に輝いていて、お互いの才能をより際立足せてくれているわ。私が望んでいた通りの仕上がりになったよ。今作がリリースされると、ようやく息抜きできるかもね。実際、私もやっと最近慣れ始めた自分の違う面を、みんなも是非見て欲しいわ」(1/2)
発売・販売元 提供資料 (2020/02/14)
アルバムの発売に先駆けて、彼女は"ソロ・アルバムの予告編"とも呼べそうな5曲入りのEP『PETALS FOR ARMOR I』を発表した。このEPには、今年の1月にリリースされたシングル、「Simmer」、そして「Leave It Alone」、そしてEPのリリースに合わせて発表された「Cinnamon」などが収録されている。第1弾シングルの「Simmer」は、Vulture誌が「ダークなギターと悪寒を感じさせるエレクトロの、穏やかながらも興奮度MAXな、完璧な絡み合い。同曲は、ヘイリーにとって、急進的な方向性の変更だが、ソロとして新たなアイデンティティーを確立するための大きな一歩であることだけは確かだ」とコメントし、NPR誌が「ダークなシンセ、繊細なギターライン、エレクトロニクスの絶妙なミックスと生々しいドラム・サウンドが、雷雲が渦巻くようなダイナミックスを生みだした」と評するなど、メディアから高い評価を集めている。またパラモアや1975、ストロークスのミュージック・ビデオを手掛けたウォーレン・フーが監督を務めた、ダークでありながらシュールで美しい世界観のミュージック・ビデオも「Simmer」から「Leave It Alone」そして「Cinnamon」へとコンセプトが繋がっており、来るべきアルバムへの期待を盛り上げてくれる。

EP『PETALS FOR ARMOR I』がリリースされる際、ヘイリーは次のように説明している。「アルバム全体を通して、たくさんのテーマを取り上げているから、いくつかに分けて、ある程度自分の中で消化できるようになってから次に進むのがいいと思ったの。そうすれば、みんなに私が味わった経験を追体験してもらえると思ったから」

この10年間、世界中で数え切れないほどの数のワールドツアー、公演、フェスティバルを見事完売させてきた、パラモアの輝かしいフロント・ウーマン、ヘイリー・ウィリアムス。初ソロ・アルバムとなる『PETALS FOR ARMOR』には、そんな彼女のソロ・アーティストとしての成長と進化がクリスタルの結晶のようにきらめいているのだ。(2/2)
発売・販売元 提供資料 (2020/02/14)
Hayley Williams artful and deeply personal solo debut, 2020s Petals for Armor, reportedly comes on the heels of a period of deep self-reflection for the longtime Paramore vocalist, and it shows. Along with Paramores breakthrough chart success with their 2013 self-titled album and 2017s After Laughter, Williams and the band endured three frought lineup changes. It was also during these years that Williams married, divorced, and saw her beloved grandmother endure a life-altering injury. She brings all of these experiences to bear on Petals for Armor, digging with poetic intensity into the depression and self-doubt that have often clouded her success. Joining Williams is Paramore guitarist Taylor York who also takes the helm as producer. A fluidly inventive instrumentalist and songwriter, York brings the same level of empathetic creativity to Williams work here as he does with Paramore. Also on board are Paramore touring bassist Joey Howard (who shares at least half of the co-writing credits), drummer Aaron Steele (Ghost Beach, Fences, Ximena Sarinana), and cellist/violinist Benjamin Kaufman. Together, theyve crafted a series of intimate mood pieces that pair Williams candid lyrics (she also plays guitar and keyboards) with arty post-rock arrangements and evocative adult-contemporary flourishes. Theres a palpable sense of exploration on Petals for Armor, as Williams includes nods to the progressive Baroque pop and funky dance music of artists like Kate Bush, Tori Amos, and David Byrne. Cuts like the opening Simmer and Leave It Alone have a narcotic dream energy, punctuated by menacing bass grooves and icy string accents. They also showcase Williams continued growth as a singer, her resonant voice pulled down to a hushed lilt one minute and a soaring, mellifluous shimmer the next. While theres a sculpted precision to many of these songs, they are balanced with a frank emotionality. On the dancey, Latin-inflected Dead Horse, Williams details a toxic relationship, singing Every morning I wake up/From a dream of you/Holding me underwater/Is that a dream or a memory?/Held my breath for a decade/Dyed my hair blue to match my lips/Cool of me to try/Pretty cool Im still alive. Also helping to illuminate Williams softly cathartic sound are singer/songwriters Phoebe Bridgers, Lucy Dacus, and Julien Baker who sing back-up on the flowing, downtempo orchestral track Roses/Lotus/Violet/Iris. Its a textured, nuanced song, rife with an empowered and explicitly feminine eye for detail. Williams sings, I think of all the wilted women/Who crane their necks to reach a window/Ripping all their petals off just cause He loves me now, he loves me not. While theres certainly an audible sense of collaboration on Petals for Armor, its Williams ability to turn her dark, personal moments into anthems of survival that stick with you. As she sings on Watch Me While I Bloom, Im alive in spite of me/And Im on my move/So come and look inside of me/Watch me while I bloom. ~ Matt Collar
Rovi
収録内容

構成数 | 2枚

合計収録時間 | 00:55:45

1. Simmer
2. Leave It Alone
3. Cinnamon
4. Creepin'
5. Sudden Desire
6. Dead Horse
7. My Friend
8. Over Yet
9. Roses/Lotus/Violet/Iris
10. Why We Ever
11. Pure Love
12. Taken
13. Sugar on the Rim
14. Watch Me While I Bloom
15. Crystal Clear
    • 1.
      [LPレコード]
      • 1.
        Simmer
      • 2.
        Leave It Alone
      • 3.
        Cinnamon
      • 4.
        Creepin'
      • 5.
        Sudden Desire
      • 6.
        Dead Horse
      • 7.
        My Friend
      • 8.
        Over Yet
      • 9.
        Roses/Lotus/Violet/Iris
      • 10.
        Why We Ever
      • 11.
        Pure Love
      • 12.
        Taken
      • 13.
        Sugar on the Rim
      • 14.
        Watch Me While I Bloom
      • 15.
        Crystal Clear
    • 2.
      [LPレコード]
レビュー
  • リズム重視のアプローチも含め、パラモアのシンガーがこの時代ならではのポップ・ミュージックに取り組んだ初のソロ・アルバム。脱バンド・サウンドを、プロデューサーに迎えたパラモアのギタリスト、テイラー・ヨークと追求している。それが物語るものを想像しながら耳を傾けると、いっそう聴き応えあるものに。ジュリアン・ベイカー、フィービー・ブリジャース、ルーシー・ダカスの客演も聴き逃せない。
    bounce (C)山口智男

    タワーレコード (vol.439(2020年6月25日発行号)掲載)

カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
ポイント15倍
563pt
販売価格(税込)
¥ 4,590
¥ 459(10%)オフ
¥ 4,131
販売中
在庫わずか
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加