ショッピングカート
クラシック
CD
ブーレーズ・コンダクツ・ベルリオーズ<完全生産限定盤>
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

クラシック輸入盤プライスオフ
期間限定スペシャル・プライス
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

4

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

ボックス

発売日

2020年03月13日

規格品番

19075932772

レーベル

Sony Classical

SKU

190759327722

商品の紹介
音楽を扱う際の精緻さが際立つ1960~70年代のブーレーズならではのベルリオーズ録音

SONY CLASSICAL MASTERS BOX 第20回発売
大好評、ソニー・クラシカルによるバジェット・ボックス「MASTERS BOX」。100年以上の歴史を誇るアメリカ発の老舗クラシック・レーベル、SONY CLASSICALとRCA RED SEAL両レーベルの誇る豊富なカタログから、音楽ファンならば誰でも一度は聴いておくべきクラシック音楽の定番名曲を、定評あるアーティストの名演で幅広く取り揃え、お買い得なバジェット・プライスにて続々リリース中の好評シリーズです。

※白を基調とした目に留まりやすいアートワーク・デザイン。
※このセットにはブックレットは付いておりません。トラック表は、各ディスクの紙ジャケットに記載されています。

ブーレーズが指揮者として最も先鋭的な演奏を繰り広げていた1960年代~1970年代前半の見事なサウンド・ドキュメント。「幻想」と「レリオ」は、録音史上初めて、作曲者の構想通り対にしてパッケージ化した画期的な録音で、ブーレーズは分析的で鋭利な感覚をフルに発揮させて、ベルリオーズの音楽が持つ意義そのものを聴き手に問いかけてきます。ブーレーズの古くからの盟友で20世紀フランスを代表する名優・演出家だったジャン=ルイ・バローがレリオ役で出演。ブーレーズは1971年にBBC交響楽団の首席指揮者、バーンスタインの後任としてニューヨーク・フィルの音楽監督に同時に就任し、その直後に録音された「序曲集」と「夏の夜」「クレオパトラの死」も収録され、ブーレーズの明晰・明快な音楽作りによる、コンサートとは離れたところで音楽を味わう録音芸術としてのクオリティの硬さが際立っています。文字通り、録音アーティストとしてのブーレーズの魅力が際立った作品です。
ソニー・ミュージック
発売・販売元 提供資料 (2020/02/07)
収録内容

構成数 | 4枚

録音 | ステレオ (---)

【曲目】
ベルリオーズ:
<CD1>
『幻想交響曲』Op.14
[演奏]
ピエール・ブーレーズ(指揮)
ロンドン交響楽団
[録音]1967年10月24-25日、ロンドン

<CD2>
叙情的独白劇『レリオ、または(生への回帰)』Op.14bis
[演奏]
ピエール・ブーレーズ(指揮)
ロンドン交響楽団
ジャン=ルイ・バロー(ナレーション)
ジョン・ミッチンソン(テノール)、
ジョン・シャーリー=カーク(バリトン)
ロンドン・シンフォニー・コーラス
[録音]1967年10月24-25日、ロンドン

<CD3>
1. 歌劇『ベンヴェヌート・チェッリーニ』序曲
2. 歌劇『トロイの人々』~王の狩りと嵐
3. 歌劇『ベアトリスとベネディクト』序曲と間奏曲(シシリエンヌ)
4. 序曲『ローマの謝肉祭』
[演奏]
ピエール・ブーレーズ(指揮)
ニューヨーク・フィルハーモニック
[録音]1971年9月24日、1971年4月27日、1972年9月25日、ニューヨーク、フィルハーモニック・ホール

<CD4>
1. 『夏の夜』Op.7,H.9
2. 『クレオパトラの死』H.36
[演奏]
イヴォンヌ・ミントン(メゾ・ソプラノ)
スチュアート・バロウズ(テノール)
ピエール・ブーレーズ(指揮)
BBC交響楽団
[録音]1976年9月24-25日、ロンドン、アビーロード第1スタジオ
    • 1.
      [CD]
    • 2.
      [CD]
    • 3.
      [CD]
    • 4.
      [CD]
カスタマーズボイス
    評価する:
ニュース & 記事
還元ポイント
19pt
販売価格(税込)
¥ 2,629
¥ 473(18%)オフ
¥ 2,156
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加