こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

書籍

【書籍】

2010s

宇野維正田中宗一郎

  • ポイント10倍
  • どちらで買ってもポイント10%還元キャンペーン
    開催期間:【オンラインショップ】2月25日(火)9:00~3月1日(日)23:59まで 【店舗】各店2月25日(火)開店~3月1日(日)閉店まで オンラインショップでは期間中のご注文商品(予約含む)、店舗では期間中にお買い上げの商品を対象にポイント10%還元! [※詳しくはキャンペーン・ページでご確認ください]

販売中

在庫あり

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 価格(税込)
    ¥1,870
  • ポイント数
    17 ポイント →今なら170 ポイント!

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


2010s

宇野維正

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の説明

ポップ・カルチャーに何が起きたのか――。
Lady Gaga, Rap Music, Spotify, Netflix, Marvel, Game of Thrones… 世界を一変させた"黄金の10年"を総括!

誰がインディロックを殺したのか? ラップミュージックはいかにして世界を制覇したのか? スポティファイとネットフリックスの革命、社会を映す鏡としてのマーベル映画、「物語の時代」を牽引した『ゲーム・オブ・スローンズ』……。政治や社会情勢とも呼応しながら、遥かな高みへと到達した2010年代のポップ・カルチャー。その進化と変容、時代精神について徹底討論。日本の文化受容に警鐘を鳴らし、来る2020年代を展望する、過激で濃厚なポップ・カルチャー論。

商品の情報

発売日

2020年01月30日

フォーマット

書籍

構成数

1

製造国

国内

レーベル

新潮社

規格品番

9784103531319

作品の情報

メイン

収録内容

構成数 | 1枚

はじめに――宇野維正

第1章 レディー・ガガとピッチフォークの時代
2010年代は2008年に始まった/レディー・ガガから火がついたアイデンティティ・ポリティクス/テイラー・スウィフトがインディロックを殺した?/ピッチフォークの功罪/レディオヘッドとLCDサウンドシステム/ジャンルの消失はいかにしてもたらされたのか

第2章 ラップミュージックはどうして世界を制覇したのか
ラップミュージックが世界の耳を変えた/それぞれの「ラップとの距離」/「サウス」であった必然/トラップが爆発的に広がった理由/マンブルラップは時代の徒花か/ブラック・ライブズ・マターとは何だったのか/カニエ・ウェストという特異点/メディア・コングロマリットとしてのラップミュージック

第3章 スポティファイとライブ・ネイション――民主化と寡占化
日本の音楽環境のガラパゴス化はいつ始まったか?/メディア化したフェスの弊害/田中宗一郎が雑誌をやめた理由/ライブ・ネイションとAEGによる興行の独占/メジャー・レーベルの再編成とインディ・コングロマリットの誕生/ストリーミング・サービスが主流となった必然/レーベルからデジタル・ディストリビューターの時代へ/ストリーミング・サービスがもたらしたグローバル化

第4章 ネットフリックス至上主義/市場主義
ピークTV時代と『ブレイキング・バッド』/『ハウス・オブ・カード』と『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』/『スタートレック』から始まったシンジケーション/フィンチャーとソダーバーグの脱出/カンヌとスピルバーグのネットフリックス論争/ディズニープラスの時代がやってくる

第5章 MCU――ポスト・インターネット時代の社会批評
2010年代はMCUのディケイドだった/アメコミ・カルチャーとの接点/現代社会のアナロジーとしてのMCU作品/MCU体制の確立と傑作『ウィンター・ソルジャー』/『アベンジャーズ』シリーズのテーマの変遷/ 『エンドゲーム』のテーマは気候変動と格差社会/トニー・スタークが"主人公"であるべき理由/過剰なポリティカル・コレクトネス/MCUにおけるナラティブとコミュニケーションの刷新/役者のあり方の変容とハイコンテクスト化

第6章 『ゲーム・オブ・スローンズ』――ポピュリズムと分断の時代
『ゲーム・オブ・スローンズ』と2010年代音楽シーン/「物語」が「形式」を凌駕した時代/映画はテクノロジーとの並走をどこでやめたか/見過ごされてきた『ハンガー・ゲーム』の重要性/トキシック・ファンダム問題/『ゲーム・オブ・スローンズ』最終章のバックラッシュ/アメリカ文化に対するアンビバレントな感情/2010年代のポップ・カルチャーを肯定する

おわりに――田中宗一郎

  1. 1. [書籍]