こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

書籍

【書籍】

背高泡立草

古川真人

  • ポイント10倍
  • どちらで買ってもポイント10%還元キャンペーン
    開催期間:【オンラインショップ】2月25日(火)9:00~3月1日(日)23:59まで 【店舗】各店2月25日(火)開店~3月1日(日)閉店まで オンラインショップでは期間中のご注文商品(予約含む)、店舗では期間中にお買い上げの商品を対象にポイント10%還元! [※詳しくはキャンペーン・ページでご確認ください]

販売中

在庫あり

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 価格(税込)
    ¥1,540
  • ポイント数
    14 ポイント →今なら140 ポイント!

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


背高泡立草

古川真人

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の説明

草は刈らねばならない。そこに埋もれているのは、納屋だけではないから。
記億と歴史が結びついた、著者新境地。第162回芥川賞候補作。

商品の情報

発売日

2020年01月24日

フォーマット

書籍

構成数

1

製造国

国内

レーベル

集英社

規格品番

9784087717105

版型

四六

ページ数

152

作品の情報

あらすじ

大村奈美は、母の実家・吉川家の納屋の草刈りをするために、母、伯母、従姉妹とともに福岡から長崎の島に向かう。
吉川家には<古か家>と<新しい方の家>があるが、祖母が亡くなり、いずれも空き家になっていた。
奈美は二つの家に関して、伯父や祖母の姉に話を聞く。吉川家は<新しい方の家>が建っている場所で戦前は酒屋をしていたが、戦中に統制が厳しくなって廃業し、満州に行く同じ集落の者から家を買って移り住んだという。それが<古か家>だった。島にはいつの時代も、海の向こうに出ていく者や、海からやってくる者があった。江戸時代には捕鯨が盛んで蝦夷でも漁をした者がおり、戦後には故郷の朝鮮に帰ろうとして船が難破し島の漁師に救助された人々がいた。時代が下って、カヌーに乗って鹿児島からやってきたという少年が現れたこともあった。
草に埋もれた納屋を見ながら奈美は、吉川の者たちと二つの家に流れた時間、これから流れるだろう時間を思うのだった。

メイン

収録内容

構成数 | 1枚

  1. 1. [書籍]