ショッピングカート
クラシック
CD
コンプリート・コロンビア・アルバム・コレクション全集<完全生産限定盤>
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

オンラインキャンペーン価格
クラシック スペシャルプライス15%オフ
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

16

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

ボックス

発売日

2020年01月31日

規格品番

19075991902

レーベル

Sony Classical

SKU

190759919026

商品の紹介
20世紀アメリカを魅了した名ソプラノ、アイリーン・ファーレル生誕100年記念リリース!コロンビアへの全録音をCD16枚に集大成。

「一つの国の命運が声楽コンクールで決まるのなら、アメリカはきっとアイリ-ン・ファーレルを出場させるだろう。そうすれば我が国の勝ちは保証されたようなものだ」(英グラモフォン誌)と評された、20世紀アメリカを代表する名ソプラノ、アイリーン・ファーレル(1920-2002)。その生誕100年を寿ぎ、ファーレルが1946年から63年にかけてコロンビアに録音した全歌唱をCD16枚にギッシリと詰め込みました。
ヴォードヴィルの一家に生まれたファーレルは、小さいころからその声の魅力を開花させ、20歳を前にしてCBSラジオで自分の番組を持つほどで、シナトラもゲストに登場するほどの人気でした。その番組でファーレルはオペラ・アリア、ライト・クラシック、アイリッシュ・バラード、ブロードウェイ・ソングまでを幅広く披露し、アメリカの国民的な人気歌手となりました。このボックスにも、声の素晴らしさがジャンルを越境していくかのようなファーレルの魅力が反映されています。
ファーレルの番組に魅了されたストコフスキーは1949年にニューヨーク・フィルとの演奏会で彼女を起用し、それがきっかけとなって当時の同フィル音楽監督だったミトロプーロスの知遇を得、彼はファーレルを1951年の「ヴォツェック」の演奏会形式上演に起用します。その上演はコロンビアによってライヴ収録され、同曲の世界初録音として高く評価されることになりました(CD1/2)。
オペラ・デビューは1956年、サンフランシスコでのビョルリンクと共演した「トロヴァトーレ」でした。サンフランシスコでは引き続いてケルビーニの「メデア」にも出演し、ほどなくしてニューヨークで録音されたその抜粋版(CD3)は、有名なマリア・カラス盤と比較して、「隙のない声の美しさと知性を兼ね備えた歌唱」と絶賛を受けています。
CD4・5・9・12は、ファーレルが得意としたオペラの諸役のアリア集で、メトの音楽面を支えていた名指揮者マックス・ルドルフとファウスト・クレーヴァが伴奏を担っています。CD14のバーンスタインと共演したワーグナー「神々の黄昏」の「ブリュンヒルデの自己犠牲」と「ヴェーゼンドンク歌曲集」は1961年のグラミー賞を受賞した超名演です。
オラトリオでもその表現力豊かな歌唱を称賛されたファーレルゆえに、オーマンディ指揮のヘンデル「メサイア」(CD8)やバーンスタイン指揮のベートーヴェン「ミサ・ソレムニス」(CD11)に起用されるのは当然のこと。それは声量を必ずしも必要としない歌曲(CD7・16)においても有効でした。
(1/2)
ソニー・ミュージック
発売・販売元 提供資料 (2019/12/20)
ファーレルのレコードで最も売れたアルバムはルーサー・ヘンダーソンと共演した1959年の「I Gotta Right to Sing the Blues」(CD6)と言われています。「ファーレルはワーグナーやケルビーニのアリアから、安々とアーレンやロジャースの世界へと越境している。ファーレルのイメージからは程遠いレパートリーで、ジャズといってもいいほどの自由なスタイルで、その美声を響かせている」と、ファーレルの出自を知らないクラシック評論家に評されたほどの「歌のパワー」を感じさせる絶唱と言えましょう。
いずれも現在で最新のリマスター音源が使用されており、LP6枚分はオリジナル・アナログ・マスターテープより、24bit/192kHzリマスターが施されています。それぞれのディスクはオリジナルLPのカップリングを基本とし、CD8には「メサイア」全曲盤からのファーレルのソロ、CD14にはリンカーン・センターのフィルハーモニック・ホールのこけら落としで上演されたヴォーン・ウィリアムズの「音楽へのセレナード」が追加されています。
各ディスクはジャケットのデザインによる紙ジャケに封入され、レーベルも初出時のデザインが採用され、詳細なトラックリストを掲載したオールカラー・ブックレットとともに、クラムシェルボックスに封入されています(サイズ L 13.5 cm x W 13.5 cm x H 4.5 cm)。

<アイリーン・ファーレル(1920年2月13日 - 2002年3月23日)>
コネチカット州ウィルマンティック生まれ。ヴォードヴィル歌手の両親から音楽の手ほどきを受け、1939年からマール・オルコックの下で声楽を学ぶ。1940年からCBS放送で自らの名を冠したラジオ番組を任され、オペラのアリアからポピュラー・ソングまで幅広く歌う。1947年からコンサート歌手としてアメリカ全土を回って歌手としての名声を確立。1950年にはトスカニーニにベートーヴェン「第9」録音のソプラノに起用された。1956年にフロリダ州タンパのサン・カルロ劇場でマスカーニの《カヴァレリア・ルスティカーナ》でサントゥッツァ役を歌ってオペラ・デビューを果たし、その後シカゴ・リリック・オペラやサンフランシスコ歌劇場を経て1960年にグルックの《アルチェステ》のタイトルロールでメトロポリタン歌劇場に出演。1960年代はバーンスタイン指揮ニューヨーク・フィルと多数共演。1987年にはポピュラー・ソング・アルバムをレコーディングして健在ぶりを見せた。
(2/2)
ソニー・ミュージック
発売・販売元 提供資料 (2019/12/20)
収録内容

構成数 | 16枚

【曲目】
<CD1-2>
ベルク:歌劇『ヴォツェック』Op.7(全曲)
[演奏]
アイリーン・ファーレル(ソプラノ)、
マック・ハレル(バリトン)
フレデリック・ヤーゲル(テノール)、
デイヴィッド・ロイド(テノール)
ラルフ・ヘルベルト(バス)、
アドルフ・アンダーソン(バス)、他
ディミトリ・ミトロプーロス(指揮)
ニューヨーク・フィルハーモニック
[録音]
1951年4月12,13,15日、ニューヨーク、カーネギー・ホール

<CD3>
ケルビーニ:歌劇『メデア』(抜粋)
[演奏]
アイリーン・ファーレル(ソプラノ)、
アンドレ・タープ(テノール)、
エツィオ・フラジェッロ(バリトン)、
アーノルド・ガムソン(指揮)
コロンビア交響楽団
[録音]
1958年5月20,22,26日、9月26日、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオ

<CD4>
1. ベートーヴェン:シェーナとアリア『ああ、不実なものよ』Op.65
2. ベートーヴェン:歌劇『フィデリオ』Op.72より「極悪人め!どこに急ぐの?」
3. ウェーバー:歌劇『魔弾の射手』Op.77より「静かに、静かに」
4. ウェーバー:歌劇『魔弾の射手』Op.77より「どれほど雲が隠そうと」
5. ケルビーニ:歌劇『メデア』より「Solo un pianto con te versare」
6. グルック:歌劇『アルチェステ』より「偉大な神々よ!私を打ちのめす運命の」
[演奏]
アイリーン・ファーレル(ソプラノ)、
マックス・ルドルフ(指揮)
コロンビア交響楽団
[録音]
1959年2月6日、4月2日、5月13日、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオ

<CD5>
プッチーニ:
1. 歌劇『ジャンニ・スキッキ』より「私のお父さん」
2. 歌劇『ボエーム』より「私が街をあるけば」
3. 歌劇『ボエーム』より「私の名はミミ」
4. 歌劇『ボエーム』より「あなたの愛の呼ぶ声に」
5. 歌劇『つばめ』より「誰がドレッタの美しい夢を」
6. 歌劇『トスカ』より「二人の愛の家へ」
7. 歌劇『トスカ』より「歌に生き、愛に生き」
8. 歌劇『蝶々夫人』より「海にも陸にも春風はそよぎ」
9. 歌劇『蝶々夫人』より「ある晴れた日に」
10. 歌劇『マノン・レスコー』より「この柔らかなレースの中で」
11. 歌劇『トゥーランドット』より「氷のような姫君も」
12. 歌劇『トゥーランドット』より「この宮殿の中で」
[演奏]
アイリーン・ファーレル(ソプラノ)、
マックス・ルドルフ(指揮)
コロンビア交響楽団
[録音]
1959年9月15,22日、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオ
<CD6>
1. ハロルド・アーレン:Blues in the Night
2. ジェローム・カーン:I'm Old Fashioned
3. アーヴィング・バーリン:Supper Time
4. ジョージ・ガーシュウィン:Looking for a Boy
5. リチャード・ロジャース:Glad to be Unhappy
6. ジミー・マクヒュー:On the Sunny Side of the Street
7. バートン・レーン:Old Devil Moon
8. リチャード・ロジャース:He Was Too Good To Me
9. リチャード・ロジャース:Ten Cents a Dance
10. ヒュー・マーティン:Ev'rytime
11. クルト・ヴァイル:September Song
12. ハロルド・アーレン:I Gotta Right to Sing the Blues
13. ジャック・オッフェンバック:The Marine's Hymn(海兵隊賛歌)
[演奏]
アイリーン・ファーレル(ソプラノ)、
ルーサー・ヘンダーソン(指揮)
ルーサー・ヘンダーソン・オーケストラ
[録音]
1959年9月28日、11月5, 6日、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオ
14. トマス・ムーア:Believe Me, If All Those Endearing Young Charms
15. トマス・ムーア:The Minstrel Boy: Irish Air from Golden Book
16. トマス・ムーア:The Last Rose of Summer
17. ジェームズ・ライマン・モロイ:The Kerry Dance
18. クラリベル(シャーロット・アリントン・バーナード):Come Back to Erin
19. マイケル・ウィリアム・バルフ:Killarney
20. フレデリック・エドワード・ウェザリー:Danny Boy
21. チャールズ・ウィリアム・グローヴァー:The Rose of Tralee
[演奏]
アイリーン・ファーレル(ソプラノ)、
チャールズ・リヒター(指揮)
コロンビア・コンサート・オーケストラ
[録音]
1959年6月14,19日、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオ

<CD7>
1. シューベルト:竪琴に寄す D.737
2. シューベルト:漁師の歌 D.881b
3. シューベルト:リュートに寄せて D.905
4. シューベルト:あなたは私を愛していない D.756b
5. シューベルト:無限なるものに D.291
6. シューマン:民謡 Op.51-2
7. シューマン:月に寄せて Op.95-2
8. シューマン:私の美しい星 Op.101-4
9. シューマン:兵士の花嫁 Op.64-1
10. ドビュッシー:美しい夕暮れ L.6
11. ドビュッシー:やるせない夢心地 L.60-1
12. ドビュッシー:麦の花 L.7
13. ドビュッシー:もう家もない子供たちのためのクリスマス L.139
14. ドビュッシー:木立ちの影 L.60-3
15. プーランク:ホテル FP.107-2
16. プーランク:パリへの旅 FP.107-4
17. プーランク:C FP.122-1
18. プーランク:カモメの女王 FP121-1
19. プーランク:花 FP.101-6
[演奏]
アイリーン・ファーレル(ソプラノ)、
ジョルジュ・トルヴィル(ピアノ)
[録音]
1960年2月3,6,11日、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオ

<CD8>
1. Trad: What Child is This?
2. Trad: God Rest Ye Merry, Gentleman
3. Trad: Lullay My Liking
4. Trad: Deck the Halls with Boughs of Holly
5. ヴォーン=ウィリアムズ:Snow In The Street
6. ジェームズ・ラムジー・マレー:Away In A Manger
7. Trad: Sleep, Holy Babe
8. フランツ・クサーヴァー・グルーバー:きよしこの夜
9. リチャード・ストーズ・ウィリス:It Came Upon A Midnight Clear
10. ルイス・H・レドナー:O Little Town of Bethlehem
11. ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル:Joy To The World
12. ルーサー・ヘンダーソン:O Come, All Ye Faithful
13. フェリックス・メンデルスゾーン:Hark! The Herald Angels Sing
14. Trad: The Coventry Carol
15. Trad: Song of the Crib
16. Trad: The First Noel
[演奏]
アイリーン・ファーレル(ソプラノ)、
ルーサー・ヘンダーソン(指揮)
ルーサー・ヘンダーソン・オーケストラ
[録音]
1959年9月3,4,24日、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオ
17-25. ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル:オラトリオ『メサイア』(抜粋)
[演奏]
アイリーン・ファーレル(ソプラノ)、
ユージン・オーマンディ(指揮)
フィラデルフィア管弦楽団、
モルモン・タバナクル合唱団
[録音]
1958年11月2,3日、1959年3月30日、フィラデルフィア、ブロードウッド・ホテル

<CD9>
ヴェルディ:
1. 歌劇『アイーダ』より「勝ちて帰れ」
2. 歌劇『仮面舞踏会』より「ここが恐ろしい場所」
3. 歌劇『オテロ』より「アヴェ・マリア」
4. 歌劇『シモン・ボッカネグラ』より「星と海は微笑み」
5. 歌劇『トロヴァトーレ』より「穏やかな夜」
6. 歌劇『トロヴァトーレ』より「恋は薔薇色の翼に乗って」
7. 歌劇『運命の力』より「神よ平和を与えたまえ」
[演奏]
アイリーン・ファーレル(ソプラノ)、
マックス・ルドルフ(指揮)
コロンビア交響楽団
[録音]
1960年9月20,23日、ニューヨーク、マンハッタン・センター

<CD10>
1. リチャード・ロジャース:My Funny Valentine
2. バート・ハワード:Fly Me to the Moon
3. デューク・エリントン:I Got It Bad and That Ain't Good
4. ジョージ・ガーシュウィン:Somebody Loves Me
5. エロル・ガーナー:Dreamy
6. ハリー・バリス:Wrap Your Troubles in Dreams
7. ジョージ・ガーシュウィン:The Man I Love
8. ルーサー・ヘンダーソン:Solitaire (The Game of Love)
9. バート・ハワード:To Be In Love
10. ヴァーノン・デューク:A Foggy Day
11. ジミー・ヴァン・ヒューゼン:The Second Time Around
12. ヴァーノン・デューク:Taking a Chance on Love
[演奏]
アイリーン・ファーレル(ソプラノ)、
ルーサー・ヘンダーソン(指揮)
ルーサー・ヘンダーソン・オーケストラ
[録音]
1961年5月8,12,17日、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオ

<CD11>
ベートーヴェン:ミサ・ソレムニス ニ長調Op.123
[演奏]
アイリーン・ファーレル(ソプラノ)、
キャロル・スミス(メゾ・ソプラノ)、
リチャード・ルイス(テノール)、
キム・ボルイ(バス)、
ウェストミンスター合唱団、
ニューヨーク・フィルハーモニック
レナード・バーンスタイン(指揮)
[録音]
1960年4月18日,21日、ニューヨーク、マンハッタン・センター

<CD12>
ヴェルディ:
1. 歌劇『ドン・カルロ』より「私は王妃様のご好意をお願いにまいりました」
2. 歌劇『アイーダ』より「もう一度お前に会えた」
3. 歌劇『シモン・ボッカネグラ』より「星と海は微笑み」
4. 歌劇『仮面舞踏会』より「私があなたのそばにいます」
5. 歌劇『オテロ』より「暗い夜の深まりに」
[演奏]
アイリーン・ファーレル(ソプラノ)、
リチャード・タッカー(テノール)、
ファウスト・クレーヴァ(指揮)
コロンビア交響楽団
[録音]
1961年2月12,21日、3月21日、6月7日、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオ

<CD13>
1. オスカー・ハマースタイン2世:Hello, Young Lovers
2. リチャード・ロジャース:My Romance
3. コール・ポーター:In the Still of the Night
4. ハロルド・アーレン:Stormy Weather
5. ハロルド・アーレン:Out of this World
6. ハロルド・アーレン:I Never Has Seen Snow
7. コール・ポーター:I've Got You Under My Skin
8. リチャード・ロジャース:Where or When
9. アレック・ワイルダー:The April Age
10. ジューリー・スタイン:The Party's Over
11. アンドレ・プレヴィン:The Faraway Part Of Town
12. ジェローム・カーン:Can't Help Lovin' That Man
[演奏]
アイリーン・ファーレル(ソプラノ)、
パーシー・フェイス(指揮)
パーシー・フェイス・オーケストラ
[録音]
1961年8月28,30日、9月1日、ハリウッド

<CD14>
1. ワーグナー:楽劇『神々の黄昏』より「ブリュンヒルデの自己犠牲」
2-6. ワーグナー:ヴェーゼンドンクの5つの詩
[演奏]
アイリーン・ファーレル(ソプラノ)、
レナード・バーンスタイン(指揮)
ニューヨーク・フィルハーモニック
[録音]
1961年9月30日,21日、ニューヨーク、マンハッタン・センター
7-14. ヴォーン=ウィリアムズ:音楽へのセレナード
[演奏]
アイリーン・ファーレル(ソプラノ)、
アデーレ・アディソン(ソプラノ)
シャーリー・ヴァーレット(メゾ・ソプラノ)、
リリー・チューカシアン(メゾ・ソプラノ)
ジェニー・トゥーレル(メゾ・ソプラノ)、
ジョン・ヴィッカース(テノール)
チャールズ・ブレッスラー(テノール)、
リチャード・タッカー(テノール)
ドナルド・ベル(バス・バリトン)、
エツィオ・フラジェルロ(バス・バリトン)
ジョージ・ロンドン(バス・バリトン)
レナード・バーンスタイン(指揮)
ニューヨーク・フィルハーモニック
[録音]
1962年9月23日、ニューヨーク、リンカーンセンター、オープニング・コンサートのライヴ

<CD15>
1. ジョージ・ガーシュウィン:But Not For Me
2. リチャード・ロジャース:Spring Is Here
3. アレック・ワイルダー:Everywhere I Look
4. ハロルド・アーレン:A Sleepin' Bee
5. ハロルド・アーレン:I Wonder What Became Of Me
6. アーサー・シュワルツ:By Myself
7. ヴァーノン・デューク:Cabin In The Sky
8. アンドレ・プレヴィン:Just For Now
9. アンドレ・プレヴィン:Where I Wonder
10. ハロルド・アーレン:The Morning After
11. バート・ハワード:Be My All
12. ジョージ・ガーシュウィン:Love Is Here To Stay
[演奏]
アイリーン・ファーレル(ソプラノ)、
アンドレ・プレヴィン(指揮)
アンドレ・プレヴィン・オーケストラ
[録音]
1962年6月4,5,8日、ハリウッド

<CD16>
1. レスピーギ:私は母です
2. レスピーギ:沖に
3. レスピーギ:霧
4. レスピーギ:舞踏への誘い
5. レスピーギ:私の幼子を見に来てください
6. レスピーギ:朝
7. カステルヌオーヴォ=テデスコ:パストレッラ
8. カステルヌオーヴォ=テデスコ:ニンナ・ナンナ
9. カステルヌオーヴォ=テデスコ:ラ・エルミタ・デ・サン・シモン
10. ドビュッシー:半獣神
11. ドビュッシー:海は美しい
12. ドビュッシー:髪
13. ドビュッシー:グリーン
14. フォーレ:ネル
15. フォーレ:月の光
16. フォーレ:ヴォカリーズ
17. フォーレ:ノエル
[演奏]
アイリーン・ファーレル(ソプラノ)、
ジョージ・トロヴィッロ(ピアノ)
[録音]
1962年9月10,12,20日、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオ
    • 1.
      [CD]
    • 2.
      [CD]
    • 3.
      [CD]
    • 4.
      [CD]
    • 5.
      [CD]
    • 6.
      [CD]
    • 7.
      [CD]
    • 8.
      [CD]
    • 9.
      [CD]
    • 10.
      [CD]
    • 11.
      [CD]
    • 12.
      [CD]
    • 13.
      [CD]
    • 14.
      [CD]
    • 15.
      [CD]
    • 16.
      [CD]
カスタマーズボイス
    評価する:
ニュース & 記事
還元ポイント
48pt
販売価格(税込)
¥ 6,259
¥ 939(15%)オフ
¥ 5,320
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加