ショッピングカート
クラシック
CD
第7回仙台国際音楽コンクール ヴァイオリン部門最高位
★★★★★
★★★★★
0.0

お取り寄せの商品となります

入荷の見込みがないことが確認された場合や、ご注文後40日前後を経過しても入荷がない場合は、取り寄せ手配を終了し、この商品をキャンセルとさせていただきます。

商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

国内

パッケージ仕様

-

発売日

2019年12月04日

規格品番

FOCD9824

レーベル

フォンテック

SKU

4988065098247

商品の紹介
仙台市が2001年に創設した仙台国際音楽コンクールは、コンチェルトを課題曲の中心に据えるという特色を持っており、セミファイナルとファイナルでは仙台フィルと共演します。ヴァイオリン部門では、アンドレイ・バラーノフ(第3・4回)、成田達輝(第5回)、ピアノ部門では津田裕也(第3回)、ヴァディム・ホロデンコ(第4回)等、世界で活躍する逸材を輩出しています。
2019年5-6月におこなわれた第7回仙台国際音楽コンクール。ヴァイオリン部門ではシャノン・リー(アメリカ/カナダ)が第2位(最高位)を受賞いたしました。
日本が世界に発信する若き才能の登場です。

<シャノン・リー>
"非凡な煌めき、申し分のない音程と抑揚、そして大きくよく響く音色"-グラモフォン誌-
第7回仙台国際音楽コンクール第2位(最高位)及び聴衆賞。エリーザベト王妃国際音楽コンクール、ナウムブルク国際ヴァイオリンコンクール、インディアナポリス国際ヴァイオリンコンクールなど数々の国際コンクールで入賞。ハイフェッツ国際音楽祭、クシジョバ音楽祭など世界各地の音楽祭にソリストや室内楽奏者として出演している。
カナダ生まれ。4歳でヴァイオリンを始める。12歳の時ダラス響との共演でソリストデビュー。その2年後にはニュルンベルク・フィルとの共演でヨーロッパデビュー。他にも、ナッシュビル響、ラスベガス・フィルなどアメリカ各地のオーケストラと共演。デビュー録音は19世紀と20世紀のヴァイオリンとピアノのための作品を収録したもので、グラモフォン誌は"自在なテクニックと大胆不敵な妙技"を称賛した。
特別奨学生としてクリーヴランド音楽院でハイメ・ラレード、ジャン・スローマンに師事。コロンビア大学でコンピュータ科学の学士号も取得。
フォンテック
発売・販売元 提供資料 (2019/11/22)
2019年5-6月におこなわれた第7回仙台国際音楽コンクール。ヴァイオリン部門ではシャノン・リー(アメリカ/カナダ)が第2位(最高位)を受賞いたしました。日本が世界に発信する若き才能の登場です。 (C)RS
JMD (2019/11/27)
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:00:00

【曲目】
バルトーク:ヴァイオリン協奏曲 第2番 Sz112
モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 K218

【演奏】
シャノン・リー ヴァイオリン
高関 健 指揮
仙台フィルハーモニー管弦楽団

【録音】
2019年6月22・29日 日立システムズホール仙台 ライヴ録音
    • 1.
      [CD]
カスタマーズボイス
    評価する:
ニュース & 記事
還元ポイント
24pt
販売価格(税込)
¥ 2,640
販売中
お取り寄せ
発送までの目安:2日~7日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加