こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

ロック/ポップス

【CD】

The Slow Rush

Tame Impala

  • ポイント15倍
  • オンラインキャンペーン価格
    発売済み輸入盤スペシャルプライス10%オフ
  • どちらで買ってもポイント15%還元キャンペーン
    開催期間: 【オンラインショップ】2020年3月25日(水)9:00~3月31日(火)23:59まで 【店舗】各店3月25日(水)開店~3月31日(火)閉店まで オンラインショップでは期間中のご注文商品(予約含む)、店舗では期間中にお買い上げの商品を対象にポイント15%還元! [※詳しくはキャンペーン・ページでご確認ください]

販売中

在庫あり

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 通常価格(税込)
    ¥2,739
  • セール価格(税込)
    ¥2,465
    ¥274 (10 %) オフ
  • ポイント数
    22 ポイント →今なら336 ポイント!

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


The Slow Rush

Tame Impala

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2020年02月14日

フォーマット

CD

構成数

1

製造国

輸入

レーベル

Caroline International

規格品番

7757960

商品の紹介

  • 世界最高峰のサイケデリック・ロック・プロジェクト、テーム・インパラの約5年ぶりとなる4thアルバム完成!!!

    前作リリース以来、コーチェラ、ロラパルーザ、ACL等数々の音楽フェスのヘッドライナーを務め、世界が注目するまさに待望の新作!!

    ロサンゼルスとKevin Parker のホームタウンであるオーストラリアはフリーマントルのスタジオでレコーディングされ、Kevin Parkerがプロデュースとミックスを手掛けている。

    アルバムのジャケット写真は、フォトグラファーのNeil Krugとのコラボレーションであり、ナミビアに実在する、かつてダイヤモンドで栄えた街の廃墟をもとにしたもの。瞬く間に取り囲む環境に吸い込まれる人間性を表現している。

    発売・販売元 提供資料 (2020/01/17)

  • In the years after the release of Currents, Tame Impalas mastermind Kevin Parker dedicated himself to the art of the collaboration, working his magic on tracks by artists like SZA, Travis Scott, and Lady Gaga and even co-writing with Kanye. All the while, Tame Impalas fan base kept growing to the point where they were able to headline big festivals and fill stadiums. One might assume that Parker would latch on to the mainstream-friendly elements that seeped into Currents, double down on them, and join his friends in the modern pop machine. Amazingly, that doesnt happen on The Slow Rush. Instead, Parker made an intensely personal album that deals with romantic disappointment, the death of his father, and questions about his place in the world, all set to a soundtrack of shimmering disco, trippy Madchester beats, gleaming synth pop, and epic neo-prog balladry. The albums first song, One More Year, sets the template for the rest of the record with its vocoder harmonies, bubbling house pianos, echoing atmosphere, rubbery beats, and Parkers heart-felt falsetto. Its a mix of the Stone Roses, Daft Punk, Pharrell, and Washed Out made magical thanks to Parkers melodic gifts and production mastery. The bulk of the album treads similar ground, sometimes building the songs out to feel epically windswept (Instant Destiny), sometimes turning them inward like on Tomorrows Dust, one of the few tracks to feature prominent guitar. That same song showcases Parkers wizardry on various keyboards. Whether hes pounding out cheesy classical-meets-disco chords -- Silvettis Spring Rain seems to be a major influence here -- or dialing up fat sounds from a vintage synth, he shows the same skill level here that he did on guitar in the bands early days. Guitar also shows up on One More Hour, a powerful song that delves deep into Parkers fears and hopes while serving up majestic chords, soaring leads, and Zeppelin-sized wallop; its one of the emotional pillars of the record. Another is Posthumous Forgiveness, a heartbreaking ode to Parkers dad that sees him pouring out his soul and lamenting all the things his dad isnt around to experience, like a phone call with Mick Jagger for one. Its not all big emotions, though, as there are quite a few songs that either dip into a kind of languorous twilight groove (Breathe Deeper), bop hard as steel like the tightly wound Is It True, which sees Parker at his most Pharrell-like, or lope along peacefully (Borderline). The Slow Rush is the final nail in the coffin as far as Tame Impala being a guitar rock band goes; the psychedelia is more diffuse now, softer and more likely to bring a tear with a lyrical turn or a synth wash instead of raising goose bumps with wild guitars. The change began on Currents, where it was handled inelegantly. Here its brought about smoothly and with great skill, and the albums a comeback that once again makes Tame Impala an artistic force equal to their commercial appeal. ~ Tim Sendra

    Rovi

レビュー

  • オーストラリア出身のテーム・インパラにとって通算4枚目となるこのニュー・アルバムを聴いて、驚きを隠せなかった。従来のサイケデリック・ロックを軸とした音楽性とは180度違うサウンドだからだ。全体的にハウスやディスコの要素が強く、ライヴハウスよりもダンスフロアに相応しい曲が多い。例えばオープニングを飾る"One More Year"は、良質なハウスをリリースしてきたミスター・サタデイ・ナイトあたりのレーベルが脳裏に浮かぶような音だ。さらに、"Glimmer"では陽気かつレイヴィーなピアノ・サウンドが飛びだすなど、やはりダンス・ミュージックの要素が色濃い。長年の音楽ファンなら、マッドチェスターという懐かしの時代を連想してしまうかも。
    bounce (C)近藤真弥

    タワーレコード (vol.436(2020年2月25日発行号)掲載)

作品の情報

メイン

オリジナル盤発売日:2020年

収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:57:17

  1. 1. [CD]

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    One More Year

    2.

    Instant Destiny

    3.

    Borderline

    4.

    Posthumus Forgiveness

    5.

    Breathe Deeper

    6.

    Tomorrow's Dust

    7.

    On Track

    8.

    Lost in Yesterday

    9.

    Is It True

    10.

    It Might Be Time

    11.

    Glimmer

    12.

    One More Hour