こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

クラシック

【CD】

絵画 ~ 「グリーグのピアノ」によるピアノ作品集

ポール・アイデ

  • ポイント10倍

販売中

在庫わずか

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 通常価格(税込)
    ¥3,069
  • セール価格(税込)
    ¥2,609
    ¥460 (15 %) オフ
  • ポイント数
    23 ポイント →今なら237 ポイント!

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


絵画 ~ 「グリーグのピアノ」によるピアノ作品集

ポール・アイデ

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2020年02月15日

フォーマット

CD

構成数

1

製造国

輸入

レーベル

Danacord

規格品番

DACOCD847

商品の紹介

  • エドヴァルド・グリーグ博物館所蔵
    「グリーグのピアノ」を使用!

    ポール・アイデは、1970年、ノルウェーのベルゲンに生まれ、現在デンマークに住んで演奏活動を行っています。王立デンマーク音楽アカデミーとチャイコフスキー音楽院で学び、1997年にコペンハーゲンでデビューした後、ノルウェーでイジー・フリンカに師事しました。スカンディナヴィアを中心にリサイタルに出演、2010年、バッハ、ヌールハイム、コク、ラフマニノフを弾いたアルバム『Listen!』をリリースしました。新作の『絵画(Pictures)』は、エドヴァルド・グリーグ博物館「トロールハウゲン」にあるグリーグの1892年製スタインウェイ・ピアノを使って録音されたアルバムです。
    「……〈春に寄す〉の最初の音は温かく、この音楽、そしてグリーグ自身が同じ部屋の中にいて、その巨匠と深いところで繋がったことを感じた」。アイデは、2018年1月、この部屋で行った初めてのリサイタルでこのピアノを弾いた時から、この楽器を弾いて録音することを望んでいたといいます。5人の作曲家の作品を弾いたプログラム。民謡をクラシカル音楽と彼自身の和声スタイルと結びつけ「現代音楽」への道筋を示したグリーグの小品、ベルゲンの作曲家セーヴェルーの《抵抗のバラード》、グリーグとは違ったスタイルで民謡へのアプローチを見せたモンラード・ヨハンセンの《ヌールランの情景》、デンマークのイェスパー・コクの《心を映す鏡》、ムソルグスキーの《展覧会の絵》。「作曲家たちが互いに影響し合い、それぞれの固有のスタイルを発展させることにより、イノベーションを創出したこと」を示すプログラムです。
    東京エムプラス

    発売・販売元 提供資料 (2019/11/27)

作品の情報

収録内容

構成数 | 1枚


【曲目】
グリーグ:人々の暮らしの情景 Op.19(ピアノのためのユモレスク)〔山の調べ、婚礼の行列が通り過ぎる、謝肉祭から〕、
抒情小曲集〔蝶々 Op.43 no.1、春に寄す Op.43 no.6、トロルの行進(小人の行進) Op.54 no.3、鐘の音Op.54 no.6〕
ハーラル・セーヴェルー(1897-1992):抵抗のバラード Op.22 no.5
ダーヴィド・モンラード・ヨハンセン(1888-1974):ピアノ組曲第1番 《ヌールランの情景》Op.5〔婦人の肖像画、小さな石の神トナカイ、先祖の山に向かって〕
イェスパー・コク(1967-):心を映す鏡
ムソルグスキー:組曲 《展覧会の絵》
グリーグ:牛寄せの歌 Op.17 no.22(《25のノルウェーの民謡と踊り》より)

【演奏】
ポール・アイデ(ピアノ)

【録音】
2018年10月31日-11月3日、エドヴァルド・グリーグ博物館「トロールハウゲン」(ベルゲン、ノルウェー)

  1. 1. [CD]