こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

クラシック

【SACDハイブリッド】

ブラームス: 交響曲第1番、モーツァルト: アダージョとフーガ、ベートーヴェン: 大フーガ (1961,62年ステレオ録音)<タワーレコード限定>

フランツ・コンヴィチュニーライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

  • ポイント10倍
  • クラシック輸入盤プライスオフ
    期間限定スペシャル・プライス
  • クラシック輸入盤ポイント10倍
    発売日前日までオンライン限定ポイント10倍 [※オンラインからの店舗予約・取置は対象外]

取扱中

発売日以降にお届けいたします

※お支払い方法が各種前払いの場合、お支払い確認後の発送となります(よくあるご質問 (Q&A))

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

※こちらはフラゲ(発売日前日お届け)保証外の商品です

  • 通常価格(税込)
    ¥2,629
  • セール価格(税込)
    ¥2,409
    ¥220 (8 %) オフ
  • ポイント数
    21 ポイント →今なら219 ポイント!

予約する

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


ブラームス: 交響曲第1番、モーツァルト: アダージョとフーガ、ベートーヴェン: 大フーガ (1961,62年ステレオ録音)<タワーレコード限定>

フランツ・コンヴィチュニー

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の説明

※タワーレコード限定販売
※世界初SACD化。SACDハイブリッド盤
※2019年最新マスタリング音源使用(マスタリング・エンジニア:クリストフ・スティッケル氏)、
※本国のオリジナル・アナログ・マスターテープを使用しダイレクトにDSD化。CD層も別系統で直接高品位でPCM化
※SACD層:新規で本国のアナログ・マスターテープから、アナログ領域でのマスタリング後、ダイレクトにDSD化
※CD層:同様にアナログ領域でのマスタリング後、96kHz/24bitで高品位デジタル化後に44.1kHz/16bit化
※オリジナル・ジャケット・デザイン使用(解説書に他のデザインも使用)
※ジュエルケース仕様
※盤印刷面:緑色仕様
※オリジナルマスターから起因するノイズ等がございますが、ご了承ください。
※日本語帯付(帯裏面に平林 直哉氏の解説付)。解説書独文仕様

商品の情報

発売日

2019年10月27日

フォーマット

SACDハイブリッド

構成数

1

製造国

輸入

レーベル

Berlin Classics × TOWER RECORDS

規格品番

0301397BC

商品の紹介

  • 本国のETERNAオリジナル・アナログテープ最新復刻企画 SACDハイブリッド化第3弾!アナログ録音最盛期の名録音・名盤がこれまでにない響きで蘇る!コンヴィチュニーの"Final Recordings"を最新でSACD化。超絶名演が最高音質で蘇る!世界初SACD化!アナログ領域でのみマスタリングを行い、ダイレクトDSD化!

    フランツ・コンヴィチュニー(1901.8.14-1962.7.28)のラスト・レコーディングとして著名なETERNA(Berlin Classics)原盤の3曲を、今回新規でSACD化。亡くなる約1か月前の貴重な記録となったこれらの録音は、コンヴィチュニーが戦後の復興に多大に尽力したゲヴァントハウス管弦楽団との、まさに最上の演奏のひとつとなった名演奏です。特にブラームスの交響曲第1番はこの曲の名盤として名高く、未だに多くのファンに支持されています。この曲の美しさと素晴らしさを伝える滋味深い端正な演奏はまさに必聴。またホルンのソロは弱冠24歳のペーター・ダムが演奏していることも注目です(1959年より首席)。今回、最新技術で、良質な本国のアナログ・マスターテープからダイレクトにDSD化(SACD層)、96kHz/24bitでハイレゾPCM化(CD層。後に44.1kHz/16bit化)を行い、極力アナログ・マスターテープの音質を損なわずに製品化を行いました。テープの状態も良く、かつての黄金の響きが十全に再現されています。SACD化による効果も抜群で、クラウス・シュトリューベンによる名録音と言われた音質を最大限堪能できる出来です。これまでにないクオリティで、かつての名演をお楽しみください。

    "かつてライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団のコンサートマスターを務めていたカール・ズスケは、「コンヴィチュニー時代のゲヴァントハウスは最高の音だった」と語っていた。ここに刻まれた音は、まさにその重要な証拠物件である。同楽団の、ハイドンの時代から引き継いだ伝統的な響きというだけでは説明出来ない、汲めども尽きぬ泉のような深淵。地味だと思われていたコンヴィチュニー、実は途方もない錬金術師でもあったのだ。 平林直哉(音楽評論家)"
    (1/2)

    タワーレコード (2019/10/09)

  • これら3曲は、オリジナルLPではブラームスが単独で、他の2曲は「未完成」とのカップリングでリリースされていました。CD時代には同時期ということで3曲をまとめて、「Final Recordings」と題され再発されていましたが、これまで録音日は3曲とも1962年6月19日とされてきました。今回、本国にあるオリジナルのアナログ・マスターテープを確認したところ、外箱には3曲とも別の録音日が記されていました(解説書内にカラーで外箱を掲載)。ベートーヴェンは前年61年12月、ブラームスは62年6月12-13日、モーツァルトが6月19日と記載されており、本当の最後の録音はモーツァルトの「アダージョとフーガ」であったことが判明しています。

    今回の復刻に際して、マスターテープはレーベルからウィーン在住のマスタリング・エンジニアであるクリストフ・スティッケル氏のスタジオに空輸し、アナログ領域でのマスタリングを行った上で、デジタル化にあたってはSACD層用のDSD化とCD層用のPCM化を別系統で行い製品化。この企画では、現在考えられる限り理想的な方法でのマスタリングを実現しました。その効果は著しく、マスターテープに残されていたクオリティを極めて忠実に再現することが可能となり、さらにアナログ領域のみでのマスタリングとダイレクトDSD化が、より音質的に効果をもたらしています。従来と比較して驚くほど鮮明で解像度が高くなったことにより、演奏に対する更なる評価が期待できるほどの出来です。尚、解説書には今回使用したオリジナルのアナログ・マスターテープの外箱の写真も掲載してあります。

    <マスタリング詳細>マスタリング・エンジニア(DSD化含む):クリストフ・スティッケル氏
    ~在ウィーン。ミュンヘン・フィル自主制作盤のマスタリングや、タワー企画盤JAZZのECM SACD企画(2017~)も担当。 現在ヨーロッパでもっとも信頼の厚いエンジニアのひとり
    "ETERNAオリジナル・アナログテープからのピュア・アナログ・リマスタリング"
    SACD層:新規で本国のアナログ・マスターテープから、アナログ領域でのマスタリング後、ダイレクトにDSD化
    CD層:同様にアナログ領域でのマスタリング後、96kHz/24bitで高品位デジタル化後に44.1kHz/16bit化
    それぞれのデジタルデータは伝送ではなく、光学ディスクで空輸
    (2/2)

    タワーレコード (2019/10/09)

作品の情報

収録内容

構成数 | 1枚


【曲目】
1. ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト:アダージョとフーガ ハ短調 KV546
2. ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン:大フーガ 変ロ長調 作品133
3. ヨハネス・ブラームス::交響曲 第1番 ハ短調 作品68

【演奏】
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
フランツ・コンヴィチュニー(指揮)

【録音】
1961年12月15日(2)、 1962年6月12,13日(3)、 6月19日(1) ライプツィヒ

【Original Recordings】
Musikregie: Dieter-Gerhardt Worm、 Tonregie: Claus Struben

【マスタリング・エンジニア】
クリストフ・スティッケル

【原盤】
Berlin Classics

  1. 1. [SACDハイブリッド]