こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

クラシック

  • オペラ

【SACDハイブリッド】

ウェーバー: 歌劇「魔弾の射手」全曲(対訳付)<タワーレコード限定>

ヨーゼフ・カイルベルトベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ルドルフ・ショックエリーザベト・グリュンマー

  • ポイント10倍
  • クラシック国内盤ポイント10倍
    発売日前日までオンライン限定ポイント10倍 [※オンラインからの店舗予約・取置は対象外]

取扱中

発売日以降にお届けいたします

※お支払い方法が各種前払いの場合、お支払い確認後の発送となります(よくあるご質問 (Q&A))

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

※こちらはフラゲ(発売日前日お届け)保証外の商品です

  • 価格(税込)
    ¥6,600
  • ポイント数
    60 ポイント →今なら600 ポイント!

予約する

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


ウェーバー: 歌劇「魔弾の射手」全曲(対訳付)<タワーレコード限定>

ヨーゼフ・カイルベルト

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の説明

※SACDハイブリッド盤。世界初SACD化
※作品解説、歌詞対訳付。特別仕様
※限定800セット。デジパック、透明ケース仕様
※シリアル・ナンバー付(シリアル・ナンバーは、本体の裏側に貼付しておりますため外から見えず、お選びいただくことはできません。ランダムでのお渡しとなります。ご了承ください)
※2019年最新マスタリング音源使用(SACD層、CD層を個別にマスタリング)。マスタリング・エンジニア:藤田厚生氏
※オリジナル・ジャケット・デザイン使用
※解説:広瀬大介氏(新規解説)他、解説書合計104ページ

商品の情報

発売日

2019年10月23日

フォーマット

SACDハイブリッド

構成数

2

製造国

国内

レーベル

TOWER RECORDS DEFINITION SERIES

規格品番

TDSA-126

商品の紹介

  • カイルベルトとBPOによるドイツオペラの源流とも言うべき名作"魔弾の射手"が素晴らしい音質で復活!端正かつ瑞々しい歌唱が高音質に。圧倒的な名盤を世界初SACD化!シリアル・ナンバー付、800セット限定復刻

    オペラ・シリーズ第2弾。"魔弾の射手"の代表的な録音であり続けている、カイルベルト&ベルリン・フィルによる1958年録音の旧EMIレーベルの名盤を現在における最高音質で復刻。グリュンマーとショックの端正かつ瑞々しい歌唱が、未だにこの作品の理想的な在り方を示していると言える模範的な演奏が蘇りました。音質や質感、音場感といったオーディオ的な向上要素を超えて現代に訴えかける最上の名盤です。今回の復刻のために、本国のオリジナル・マスターから新規で192kHz/24bitでデジタル化したマスターを用い、SACD層、CD層別々にマスタリング。永久保存盤です。シリアル・ナンバー付、800セット限定復刻。新規解説と歌詞対訳含む100ページ超のブックレット付。

    カイルベルト&ベルリン・フィルによる1958年録音の"魔弾の射手"は、長年この作品の模範的な演奏として多くのファンに愛されてきました。ちょうどEMIがベルリンのグリューネヴァルト教会でステレオ録音を開始した時期の収録ですが、CD時代においては初期のデジタル化音源が未だに使用されていたため、不幸にも音質的な不満が残ったままでした。この盤に限りませんが、CDでは音質的にもやもやした印象が特にこの時期の録音にはあったと思います。当シリーズでは第1弾として2015年に同じ場所で収録されたクリュイタンスのベートーヴェン録音を復刻し、ご好評をいただきました。この"魔弾の射手"も同様に、最新復刻により見違えるほどに音質が蘇っています。それにより、広瀬大介氏の解説にもあります通り「本作に今後どのような名盤が生まれようとも、この録音と、それを演奏した指揮者・歌手の価値が減じることは決してないだろう」と言えるだけの成果を出すことができたと確信しています。歌手陣もグリュンマーとショックの、端正かつ瑞々しい歌唱が未だにこの作品の理想的な在り方を示していると言える出来であり、復刻する価値の高い名盤であることを十分に理解していただけると思います。
    (1/2)

    タワーレコード (2019/09/25)

  • このシリーズでは、SACD層では伸びのある高域と柔らかなニュアンスと共に高い解像度と豊かな音場を、CD層はまとまったしっかりとした音と共に押し出される実在感ある音色を目指しています。CD自体のポテンシャルも高く、むしろ両方の良さを堪能できるSACDハイブリッド盤としてもお楽しみください。今回のDefinition Series第25弾は、計2タイトルを発売いたします。

    <オペラ・シリーズ制作コンセプト>
    元々"声"はSACDでの再生に適していることや、オペラの音源は(旧EMIレーベルに関しましては)一部の盤を除いて復刻の度合いが少ないため、マスターテープの再生回数も少なく、劣化が進んでいないこと、そしてアナログ録音期ではレーベルがオペラの録音に非常に力を入れており、作品にもよりますが音楽的にも高音質で聴く価値が高い音源も多くあることから、SACDでの復刻に相応しいと考え、パッケージの最終完成形としてブックレットに歌詞対訳を掲載するというコンセプトも継続した上で、あらためてシリーズ化して行くこととしました。尚、歌詞対訳と解説を掲載しているブックレットが相当な分量となりますため、印刷物の数量等に制約があることもあり、限定数の生産としております。
    (2/2)

    タワーレコード (2019/09/25)

作品の情報

収録内容

構成数 | 2枚


【収録曲】
カール・マリア・フォン・ウェーバー:歌劇「魔弾の射手」 (全3幕)全曲
<DISC1>
第1幕、第2幕
<DISC2>
第2幕、第3幕

【演奏】
オットカール(領主):ヘルマン・プライ(バリトン)、
クーノー(領主の森林保護長官):エルンスト・ヴィーマン(バス)、
アガーテ(彼の娘):エリーザベト・グリュンマー(ソプラノ)、
エンヒェン(彼女の従姉妹):リーザ・オットー(ソプラノ)、
カスパール(森林保護官):カール・コーン(バス)、
マックス(森林保護官):ルドルフ・ショック(テノール)、
隠者:ゴットロープ・フリック(バス)、
キリアン(農夫):ヴィルヘルム・ヴァルター(バリトン)、
花嫁の付添達:マリア・フリーデルン(ソプラノ)、
ヘルガ・ヒルデブラント(ソプラノ)、
レオノーレ・キルシュシュタイン(ソプラノ)、
ヘルタ・マリア・シュミット(ソプラノ)、
ザミエル(悪魔):フリッツ・ホッペ(話者)
ベルリン市立歌劇場(ベルリン・ドイツ・オペラ)合唱団
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ヨーゼフ・カイルベルト(指揮)

【録音】
Recorded: 23,IV & 12-14,IX 1958, Grunetealdkirche,Berlin

【Original Recordings】
Producer:Fritz Ganss, Balance engineer:Horst Lindner

【原盤レーベル】
Warner Classics(旧EMI音源)

  1. 1. [SACDハイブリッド]

  2. 2. [SACDハイブリッド]