こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

クラシック

  • オペラ

【SACDハイブリッド】

プッチーニ: 歌劇「蝶々夫人」全曲(対訳付)<タワーレコード限定>

ジョン・バルビローリローマ歌劇場管弦楽団レナータ・スコットカルロ・ベルゴンツィ

  • ポイント10倍
  • クラシック国内盤ポイント10倍
    発売日前日までオンライン限定ポイント10倍 [※オンラインからの店舗予約・取置は対象外]

取扱中

発売日以降にお届けいたします

※お支払い方法が各種前払いの場合、お支払い確認後の発送となります(よくあるご質問 (Q&A))

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

※こちらはフラゲ(発売日前日お届け)保証外の商品です

  • 価格(税込)
    ¥6,600
  • ポイント数
    60 ポイント →今なら600 ポイント!

予約する

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


プッチーニ: 歌劇「蝶々夫人」全曲(対訳付)<タワーレコード限定>

ジョン・バルビローリ

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の説明

※SACDハイブリッド盤。世界初SACD化
※作品解説、歌詞対訳付。特別仕様
※限定800セット。デジパック、透明ケース仕様
※シリアル・ナンバー付(シリアル・ナンバーは、本体の裏側に貼付しておりますため外から見えず、お選びいただくことはできません。ランダムでのお渡しとなります。ご了承ください)
※2019年最新マスタリング音源使用(SACD層、CD層を個別にマスタリング)。マスタリング・エンジニア:藤田厚生氏
※オリジナル・ジャケット・デザイン使用
※解説:國土潤一氏(新規解説)他、解説書合計64ページ

商品の情報

発売日

2019年10月23日

フォーマット

SACDハイブリッド

構成数

2

製造国

国内

レーベル

TOWER RECORDS DEFINITION SERIES

規格品番

TDSA-124

商品の紹介

  • 圧倒的な共感を持って作品を描き出したバルビローリ屈指の名演!全盛期のスコット含む的確な歌手陣と、旧EMIレーベルによる"蝶々夫人"の決定盤のひとつ。世界初SACD化!
    シリアル・ナンバー付、800セット限定復刻

    オペラ・シリーズ第2弾。バルビローリの数少ないオペラ録音のなかでも屈指の名演として名高い1966年録音の"蝶々夫人"を最新復刻。常に作品に対し圧倒的な共感を持って聴衆に訴えかけるバルビローリ節はこの作品でも顕著で、コロラトゥーラ時代の全盛期のスコットやベルゴンツィをはじめとした歌手陣を的確な配役した旧EMIレーベルの見識の高さも伺える、まさに"蝶々夫人"の決定盤のひとつ。今回の復刻のために、本国のオリジナル・マスターから新規で192kHz/24bitでデジタル化したマスターを用い、SACD層、CD層別々にマスタリング。永久保存盤です。シリアル・ナンバー付、800セット限定復刻。新規解説と歌詞対訳含む60ページ超のブックレット付。

    バルビローリは今年生誕120年(来年は没後50年)という記念の年に当たることもあり、当復刻企画でも他社音源含めリリースが多い指揮者のひとりです。日本ではマーラーやブラームスなどで特に人気が高く、現在でもライヴ音源が発掘されています。しかしながら、多く残された録音のなかでもオペラに関しては印象が薄く、実際セッション収録されたオペラ録音は僅かであり、しかもCD時代では"オテロ"含め復刻の機会も少ない状況でした。そのような状況とは言え、多くの競合盤を含めても屈指の名演として名高いのがこの"蝶々夫人"です。バルビローリ自身、1970年の万博博覧会への初来日の直前、しかも来日公演曲目のリハーサル後に急死したこともあり、作品のなかでの接点ながらも、とりわけこの作品には特別な思いを抱かずにはいられません。バルビローリの作風として、演奏には情感を込めて、まるで人間ドラマとして作品を扱うような感触がこの作品では尚更顕著に感じられます。メロディの細かな扱いや、内容を十全に咀嚼した旋律線の美が至る所に感じられる点もこの音源の特色でしょう。また、コロラトゥーラ時代の全盛期のスコットやベルゴンツィをはじめとした歌手陣にも意図が十分に浸透しており、アルバムとしての完成度の高さも評価が高い点です。今回の最新復刻により、従来以上に細かなニュアンスを聴き取ることができます。
    (1/2)

    タワーレコード (2019/09/25)

  • このシリーズでは、SACD層では伸びのある高域と柔らかなニュアンスと共に高い解像度と豊かな音場を、CD層はまとまったしっかりとした音と共に押し出される実在感ある音色を目指しています。CD自体のポテンシャルも高く、むしろ両方の良さを堪能できるSACDハイブリッド盤としてもお楽しみください。今回のDefinition Series第25弾は、計2タイトルを発売いたします。

    <オペラ・シリーズ制作コンセプト>
    元々"声"はSACDでの再生に適していることや、オペラの音源は(旧EMIレーベルに関しましては)一部の盤を除いて復刻の度合いが少ないため、マスターテープの再生回数も少なく、劣化が進んでいないこと、そしてアナログ録音期ではレーベルがオペラの録音に非常に力を入れており、作品にもよりますが音楽的にも高音質で聴く価値が高い音源も多くあることから、SACDでの復刻に相応しいと考え、パッケージの最終完成形としてブックレットに歌詞対訳を掲載するというコンセプトも継続した上で、あらためてシリーズ化して行くこととしました。尚、歌詞対訳と解説を掲載しているブックレットが相当な分量となりますため、印刷物の数量等に制約があることもあり、限定数の生産としております。
    (2/2)

    タワーレコード (2019/09/25)

作品の情報

収録内容

構成数 | 2枚


【収録曲】
ジャコモ・プッチーニ:歌劇「蝶々夫人」 (全2幕)全曲
<DISC1>
第1幕、第2幕
<DISC2>
第2幕

【演奏】
蝶々夫人:レナータ・スコット(ソプラノ)、
スズキ(彼女の召使):アンナ・ディ・スタジオ(メゾ・ソプラノ)、
ケイト・ピンカートン(ピンカートンのアメリカ夫人):シルヴァーナ・パドアン(ソプラノ)、
ピンカートン(アメリカ海軍中尉):カルロ・ベルゴンツィ(テノール)、
シャープレス(長崎駐在アメリカ領事):ローランド・パネライ(バリトン)、
ゴロー(結婚仲立ち人):ピエロ・デ・パルマ(テノール)、
公爵ヤマドリ(チョーチョーサンの求婚者):ジュゼッペ・モレーシ(バリトン)、
ボンゾ(僧侶、チョーチョーサンの伯父):パオロ・モンタルソロ(バス)、
帝国の役人:マリオ・リナウド(バス)
ローマ国立歌劇場合唱団&管弦楽団(合唱指揮:ジャンニ・ラッザーリ)
ジョン・バルビローリ(指揮)

【録音】
Recorded: 16,17,20-22,24-27,VIII 1966, Teatro Dell'Opera di Roma

【Original Recordings】
Producer:Ronald Kinroch Anderson, Balance engineer:Robert Gooch

【原盤レーベル】
Warner Classics(旧EMI音源)

  1. 1. [SACDハイブリッド]

  2. 2. [SACDハイブリッド]