ショッピングカート
クラシック
CD-R
マーラー: 交響曲第1番「巨人」
★★★★★
★★★★★
5.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

開催期間: 【オンラインショップ】 2020年11月27日(金)9:00 ~ 11月29日(日)23:59まで 【店舗】 各店11月27日(金)開店 ~ 11月29日(日)閉店まで オンラインショップでは期間中のご注文商品(予約含む)、店舗では期間中にお買い上げの商品を対象にポイント10%還元![※詳しくはキャンペーン・ページでご確認ください]
オンラインキャンペーン価格
クラシック スペシャルプライス15%オフ
商品の情報

フォーマット

CD-R

構成数

1

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2019年08月22日

規格品番

LBCDR1013

レーベル

Lebhaft

SKU

4571426310135

作品の情報
商品の紹介
「幻の指揮者」と言われるエルネスト・ボルサムスキーだが、ここでその全貌が明らかになる。ドイツを中心に活躍したこの指揮者のマーラー「第1番」は1949年に録音されたが、これはセッション録音としては1940年のディミトリ・ミトロプーロス指揮ミネアポリス交響楽団に次ぐ史上2番目の同曲録音となる。ボルサムスキーの録音は極めて僅かしか残されておらず、当盤は実に貴重な音源。
発売・販売元 提供資料 (2019/08/07)
収録内容

構成数 | 1枚

【曲目】
マーラー:交響曲第1番「巨人」

【演奏】
エルネスト・ボルサムスキー指揮、
ベルリン放送交響楽団

【録音】
1949年3月

原盤:米Urania URLP7080
    • 1.
      [CD-R]
カスタマーズボイス
総合評価
5.0
★★★★★
★★★★★
(1)
    評価する:
★★★★★
★★★★★
投稿日:2020/02/25

マーラーの演奏で、アコーギックな演奏は余り接した事がないので、どの様に進めていくのかと思っていたが、アコーギックも意味が感じられて感動した。またこの曲で聞いたことのない音が所どころで鳴っていたが純音楽的で意味が有った。この指揮者は第二次大戦前後の方らしいが、謎に包まれている様だ。演奏曲目もわずかだが長い間、活躍して多くの演奏を残して欲しかった。ショスターコーヴィッチの五番も再販して欲しい」。

ニュース & 記事
ポイント10倍
203pt
販売価格(税込)
¥ 2,629
¥ 394(15%)オフ
¥ 2,235
販売中
在庫わずか
発送までの目安:3日~5日

店舗から取り寄せる商品となります

cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加