こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

クラシック

  • 現代音楽

【CD】

囚人仲間のための祈り

ベーリト・ノルバッケン・スールセットグロー・ベルグラッブ

  • オンラインキャンペーン価格
    クラシック スペシャルプライス15%オフ

販売中

お取り寄せ

発送までの目安:7日~21日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

※入荷の見込みがないことが確認された場合や、ご注文後40日前後を経過しても入荷がない場合は、取り寄せ手配を終了し、この商品をキャンセルとさせていただきます

  • 通常価格(税込)
    ¥2,849
  • セール価格(税込)
    ¥2,422
    ¥427 (15 %) オフ
  • ポイント数
    22 ポイント

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


囚人仲間のための祈り

ベーリト・ノルバッケン・スールセット

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2019年10月19日

フォーマット

CD

構成数

1

製造国

輸入

レーベル

LAWO Classics

規格品番

LWC1176

商品の紹介

  • ソプラノのベーリト・ノルバッケン・ソールセットとオルガンのグロー・ベルグラッブのコラボレーションによる北部ノルウェーの賛美歌と教会音楽。

    ニューステットの《囚人仲間のための祈り》は、ナチスの思想に断固として反対し、ヒトラー暗殺計画に加わり逮捕、処刑された牧師ディートリヒ・ボンヘッファー(1906-1945)の詩に作曲した「3つの祈り」の音楽です。フリチョフ・アンデシェンは、作曲家、ボードー教会のオルガニスト、指揮者としてボードーで活動。ノールラン県でもっとも人気の音楽家だったと言われます。フーガとコラール「主を主人とする者は誰であれ」は、伝承のコラールに基づいて作曲されました。この作品につづき、元の伝承曲が、北部ノルウェー、ファウスケ出身の教会音楽家ビョルン・リーエンの編曲で歌われます。北部ノルウェーの教会音楽家、イーヴァル・ヤーレ・エリーアセンが新しく作曲した賛美歌が2曲。ボードー大聖堂のオルガニストと聖歌隊指揮者を務めたビョルン・アンドル・ドラーゲが編曲したマヤヴァトンの民謡《昼がそっと目を閉じ》は、エリーアス・ブリクス(1836-1902)の詩をテクストとする、北部ノルウェーでもっとも親しまれている民謡のひとつです。

    ソプラノのベーリト・ノルバッケン・ソールセットは、ノルウェー国立音楽大学を卒業後、主にオラトリオ、受難曲、ミサ曲のソリストとして活動しています。グロー・ベルグラッブ(b.1979)は、2007年からボードー大聖堂のオルガニストと聖歌隊指揮者。大聖堂のオルガニストを務めていたドラーゲからオルガンの手ほどきを受け、ノルウェー国立音楽大学とベルリン芸術大学で学びました。録音セッションの行われたボードー大聖堂は、1940年5月27日のドイツ軍によるボードー市街地の爆撃で破壊されたボードー教会の跡地に戦後再建され「平和の大聖堂」と呼ばれています。
    東京エムプラス

    発売・販売元 提供資料 (2019/09/30)

作品の情報

収録内容

構成数 | 1枚


【曲目】
クヌート・ニューステット(1915-2014):囚人仲間のための祈り-朝の祈り、夕べの祈り、苦難の時の祈り
フリチョフ・アンデシェン(1876-1937):フーガとコラール「主を主人とする者は誰であれ」
民謡(ビョルン・リーエン(b.1967)編曲):主を主人とする者は誰であれ
イーヴァル・ヤーレ・エリーアセン(b.1958):夜が陸から広がってくる、主よ,私たちの感謝を捧げます
ノールランのマヤヴァトンの民謡(ビョルン・アンドル・ドラーゲ(b.1959)編曲):昼がそっと目を閉じ

【演奏】
ベーリト・ノルバッケン・ソールセット(ソプラノ)
グロー・ベルグラッブ(オルガン)
[ボードー大聖堂のオイレオルガン]

【録音】
2017年1月3日-4日、ボードー大聖堂(ボードー、ノルウェー)/Recorded in DXD 24bit/352.8kHz

  1. 1. [CD]