こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

ロック/ポップス

【LPレコード】

Laid Back<Black Vinyl>

Gregg Allman

  • ポイント10倍

販売中

在庫あり

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 通常価格(税込)
    ¥4,417
  • セール価格(税込)
    ¥3,975
    ¥442 (10 %) オフ
  • ポイント数
    36 ポイント →今なら368 ポイント!

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


Laid Back<Black Vinyl>

Gregg Allman

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2019年08月30日

フォーマット

LPレコード

構成数

1

製造国

輸入 (International Version)

レーベル

Ume(USM)

規格品番

7741387

商品の紹介

  • オールマン・ブラザーズ・バンドのフロントマン、グレッグ・オールマンの1973年名盤ソロ・スタジオ・アルバムのLP!

    オールマン・ブラザーズ・バンドのヴォーカリスト/リリシスト/ピアニストであるグレッグ・オールマンが1973年10月にキャプリコーン・レコードから発表したファースト・ソロ・スタジオ・アルバム。ジョニー・サンドリンとの共同プロデュースで、ジョージア州メイコンにあるキャプリコーン・サウンド・スタジオとニューヨークのレコード・プラントにてレコーディングされた。
    グレッグがリズム&ブルースやソウルなどの多彩な音楽から受けた影響を思い切り爆発させた作品で、多くのカヴァー曲やオリジナル曲、聖歌などを収録。さらにはギタリストのスコット・ボイヤー、トミー・タルトン、ドラマーのビル・ステュワート、ベーシストのチャーリー・ヘイワードなどの名手を迎えた曲も聴きどころである。シングル「ミッドナイト・ライダー」はアメリカ、カナダでトップ20ヒットとなり、アルバムも全米チャート13位を記録している。
    180g重量盤ブラック・ヴァイナル。

    発売・販売元 提供資料 (2019/08/01)

作品の情報

メイン

オリジナル盤発売日:1973年

収録内容

構成数 | 1枚

Personnel: Gregg Allman (vocals, acoustic guitar, organ); Tommy Talton (acoustic, electric & slide guitars, dobro, tambourine); Scott Boyer (acoustic, electric & slide guitars, piano); Buzzy Feiten, Jimmy Nalls (electric guitar); David Newman (saxophone); Chuck Leavell (piano); Paul Hornsby (organ, clavinet); Charlie Hayward, Johnny Sandlin, David Brown (bass); Bill Stewart (drums); Butch Trucks (casaba); Jaimoe (congas); Maeretha Stewart, Helene Miles, Hilda Harris, Albert Robinson, Carl Hall, June McGruder, Lydia November, Eileen Gilbert, Emily Houston (background vocals). Engineers: Johnny Sandlin, Ovie Sparks, Buddy Thornton. Recorded at Capricorn Sound Studios, Macon, Georgia. Digitally remastered by Suha Gur. Recorded in the same year as the Brothers and Sisters album, this solo debut release is a beautiful amalgam of R&B, folk, and gospel sounds, with the best singing on any of Gregg Allman's solo releases. He covers his own "Midnight Rider" in a more mournful, dirge-like manner, and Jackson Browne's "These Days" gets its most touching and tragic-sounding rendition as well. Although Chuck Leavell and Jaimoe are here, there's very little that sounds like the Allman Brothers Band -- prominent guitars, apart from a few licks by Tommy Talton (Cowboy, ex-We the People), are overlooked in favor of gospel-tinged organ and choruses behind Allman's soulful singing. ~ Bruce Eder

  1. 1. [LPレコード]

    A面

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Midnight Rider

    close

    2.

    Queen of Hearts

    close

    3.

    Please Call Home

    close

    4.

    Don't Mess Up a Good Thing

    close

  2. B面

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    These Days

    close

    2.

    Multi-Colored Lady

    close

    3.

    All My Friends

    close

    4.

    Will the Circle Be Unbroken

    close