ショッピングカート
Rock/Pop
LPレコード
Days of The Bagnold Summer
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

ロック/ポップス輸入盤レコード/アナログ10%オフ
LP、12"、10"、7"が期間限定プライスオフ
商品の情報

フォーマット

LPレコード

構成数

1

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2019年09月13日

規格品番

OLE14551

レーベル

Matador

SKU

744861145516

作品の情報
メイン
アーティスト
商品の紹介
物語性を秘めた珠玉の映画音楽作品が完成!ポップ・ミュージックの存在意義を再認識するベル・アンド・セバスチャン最新作!!

多くの良質なポップ・ミュージック作品で世界の音楽ファンを魅了し続けるグラスゴーのバンド、ベル・アンド・セバスチャンが映画『Days of the Bagnold Summer』のサウンドトラックを〈Matador〉よりリリース!

本作にはベル・アンド・セバスチャンによる新曲が11曲収録され、『If You're Feeling Sinister』(1996年)に収録されている名曲「Get Me Away From Here I'm Dying」と、EP『This Is Just a Modern Rock Song』(1998年)から「I Know Where The Summer Goes」の再録音バージョンが収録されている。

2018年にリリースした3部作『How To Solve Our Human Problems』で表現したファンク、ソウル、サイケデリックが、より穏やかでアコースティックな質感へと大幅に変換された本作は、物語性のあるベルセバ・サウンドが映画と見事にマッチしており、ただの映画音楽ではなくバンドの新たな一面が表現された正真正銘の新作と言える1枚。

アルバムの最初と最後を飾る、ゆるいテーマのような役割を果たす先行曲「Sister Buddha」、まるで草原のように広がり憂鬱さも感じさせるハーモニカとヴァイオリンがワルツのように軽快に流れるインスト曲「Jill Pole」、悲しげなクラリネットの音と劇中会話の抜粋が起用されバロック色を帯びた「We Were Never Glorious」など、独創的なポップ・サウンドが広がる作品となった。
発売・販売元 提供資料 (2019/07/09)
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:00:00

    • 1.
      [LPレコード]
カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
還元ポイント
23pt
販売価格(税込)
¥ 2,849
¥ 285(10%)オフ
¥ 2,564
販売中
在庫わずか
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加