ショッピングカート
Rock/Pop
CD
Days of The Bagnold Summer
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

商品ページ記載の「発送までの目安」よりお届けに時間がかかる場合がございます。
数量・期間限定の特別セール!(クレジットカード/d払い/宅配代金引換のみ可、クーポン/ポイント利用可、セブン-イレブン受け取り不可) / 一部「パッケージビニール破損」など若干のダメージがある商品もございます。
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2019年09月13日

規格品番

OLE14552

レーベル

Matador

SKU

744861145523

作品の情報
メイン
アーティスト
商品の紹介
物語性を秘めた珠玉の映画音楽作品が完成!ポップ・ミュージックの存在意義を再認識するベル・アンド・セバスチャン最新作!!

多くの良質なポップ・ミュージック作品で世界の音楽ファンを魅了し続けるグラスゴーのバンド、ベル・アンド・セバスチャンが映画『Days of the Bagnold Summer』のサウンドトラックを〈Matador〉よりリリース!

本作にはベル・アンド・セバスチャンによる新曲が11曲収録され、『If You're Feeling Sinister』(1996年)に収録されている名曲「Get Me Away From Here I'm Dying」と、EP『This Is Just a Modern Rock Song』(1998年)から「I Know Where The Summer Goes」の再録音バージョンが収録されている。

2018年にリリースした3部作『How To Solve Our Human Problems』で表現したファンク、ソウル、サイケデリックが、より穏やかでアコースティックな質感へと大幅に変換された本作は、物語性のあるベルセバ・サウンドが映画と見事にマッチしており、ただの映画音楽ではなくバンドの新たな一面が表現された正真正銘の新作と言える1枚。

アルバムの最初と最後を飾る、ゆるいテーマのような役割を果たす先行曲「Sister Buddha」、まるで草原のように広がり憂鬱さも感じさせるハーモニカとヴァイオリンがワルツのように軽快に流れるインスト曲「Jill Pole」、悲しげなクラリネットの音と劇中会話の抜粋が起用されバロック色を帯びた「We Were Never Glorious」など、独創的なポップ・サウンドが広がる作品となった。
発売・販売元 提供資料 (2019/07/09)
Days of the Bagnold Summer is Belle & Sebastians soundtrack for Simon Birds 2019 cinematic adaptation of Joff Winterharts 2012 graphic novel. The band was hired by the director during a period when leader Stuart Murdoch was revisiting some of his older songs, so these tunes anchor the soundtrack album. Get Me Away from Here Im Dying and I Know Where the Summer Goes are re-recorded for the film, while Safety Valve dates from 1993, when Belle & Sebastian wasnt a going concern. It is to the groups credit that Days of the Bagnold Summer sounds cohesive. These older tunes mesh seamlessly with a handful of full new songs, and theyre tied together by vivid pieces of incidental music: Jill Pole plays with lush 60s cinematic tropes, while The Colours Gonna Run is a shimmering piece of folk-pop. The individual parts fit together elegantly, even if it flirts with the ephemeral; the music deliberately floats by, leaving trace elements of melodies and vibe behind. As a Belle & Sebastian album, Days of the Bagnold Summer may be a bit slight, but as a soundtrack it is considerably more cohesive and alluring than Storytelling, all due to the groups increased mastery of texture and feel. This skill helps make Days of the Bagnold Summer the rare soundtrack that is as effective when heard outside of the context of the film as it is heard within it. ~ Stephen Thomas Erlewine
Rovi
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:42:45

    • 1.
      [CD]
カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
還元ポイント
対象外
販売価格(税込)
¥ 2,519
¥ 756(30%)オフ
¥ 1,763
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加