ショッピングカート
クラシック
SACDハイブリッド
ジャルバート&バッハ: ヴァイオリン協奏曲、他
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

クラシック輸入盤プライスオフ
BISレーベル SACDハイブリッド&CD 厳選セール
開催期間:【オンラインショップ】6月4日(木)09:00~6月8日(月)23:59まで 【店舗】各店6月4日(木)開店~6月8日(月)閉店まで オンラインショップでは期間中のご注文商品(予約含む)、店舗では期間中にお買い上げの商品を対象にポイント10%還元! [※詳しくはキャンペーン・ページでご確認ください]
商品の情報

フォーマット

SACDハイブリッド

構成数

1

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2019年07月10日

規格品番

BISSA2309

レーベル

BIS

SKU

7318599923093

商品の紹介
ミルシティンが所有していた愛器
ストラディヴァリウスを使用!
マーガレット・ベイチャーが
ロサンゼルス室内管と
ジャルバート、バッハ、ペルト、ヴァスクスを録音

SACDハイブリッド盤。ロサンゼルス室内管弦楽団(LACO)は、1968年の創設。サー・ネヴィル・マリナー、ジェラード・シュワルツ、アイオナ・ブラウン、クリストフ・ペリック、ジェフリー・カヘインが音楽監督を歴任、アメリカ屈指の室内管弦楽団のひとつと呼ばれるようになりました。2019年/2020年のシーズンからハイメ・マルティンが音楽監督を務めています。ロサンゼルス室内管弦楽団の初めてのBISレーベルへの録音は、コンサートマスターのマーガレット・ベイチャーのソロで、J.S.バッハのイ短調の協奏曲など「ヴァイオリンとオーケストラ」の作品4篇を収録。当録音ではあのナタン・ミルシティンの愛器、1716年製作のストラディヴァリウス Milstein ex Goldmanで演奏しております。エレガントで艶やかな音色が魅力です。

ピエア・ジャルバート(1967-)は、ニューハンプシャー州マンチェスターのフランス系カナダの家系生まれ。オハイオ州のオーバリン音楽院でピアノと作曲を学び、ペンシルべニア大学の主任教授ジョージ・クラムの下で作曲の博士号を取得しました。アーロン・コープランドを「ヒーロー」と呼び、ジャルバート自身、色彩感のある、すばらしく巧みに作られた、人好きのする音楽を発表しています。初録音の《ヴァイオリン協奏曲》は、〈Soulful,mysterious - Scherzando(感情のこもった、神秘的な - スケルツァンド)〉と〈With great energy(大きなエネルギーとともに)〉の2楽章の作品です。2002年から2005年までコンポーザー・イン・レジデンスを務めたロサンゼルス室内管弦楽団と、セントポール室内管弦楽団、ミルウォーキー交響楽団の共同委嘱で作曲。2017年6月にミネソタ州セントポール、2018年2月にウィスコンシン州ミルウォーキーで演奏され、3月、ロサンゼルス室内管弦楽団により西海岸初演されました。
(1/2)
キングインターナショナル
発売・販売元 提供資料 (2019/05/29)
アルヴォ・ペルトの《フラトレス(兄弟たち)》は、1977年、室内アンサンブルのために作曲され、ギドン・クレーメルが「ヴァイオリンとピアノ」の版を演奏して以来、ペルト自身が編曲した版のほか、アーティストたちが自分たちの楽器のために作った版もあり、ペルトのもっとも演奏されることの多い「クラシック」になったと言われます。このアルバムでは、作曲者自身が1992年に作った「ヴァイオリン、弦楽オーケストラと打楽器」の版が演奏されます。ラトビアの作曲家ペーテリス・ヴァスクスの《孤独な天使》は、1999年に作曲した弦楽四重奏曲第4番の終楽章を「悲しい目で見つめながら世界の空を飛ぶ天使」をイメージして改作、ギドン・クレーメルにより初演された作品です。

マーガレット・ベイチャーは、1998年からロサンゼルス室内管弦楽団のコンサートマスターを務め、ソリスト、室内楽奏者として活動、南カリフォルニア大学ソーントン音楽学校とコルバーン音楽アカデミーで教えています。ジェフリー・カヘイン(1956-)とロサンゼルス室内管弦楽団が共演したヒラリー・ハーンのバッハの協奏曲集(DG)で《2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV1043》の第2ヴァイオリンを担当しました。私生活では、数多くの映画とテレビの音楽を書いている作曲家ジョエル・マクニーリーの夫人です。
(2/2)
キングインターナショナル
発売・販売元 提供資料 (2019/05/29)
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:00:00

【曲目】
(1)ピエア・ジャルバート(1967-):ヴァイオリン協奏曲(2017)
(2)ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(1685-1750):ヴァイオリン協奏曲第1番 イ短調 BWV1041
(3)アルヴォ・ペルト(1935-):フラトレス(1977/92)【ヴァイオリン、弦楽オーケストラと打楽器のための版】
(4)ペーテリス・ヴァスクス(1946-):孤独な天使(1999/2006)

【演奏】
マーガレット・ベイチャー(ヴァイオリン;ストラディヴァリウス1716年製作Milstein ex Goldman)、
ロサンゼルス室内管弦楽団、
ジェフリー・カヘイン(指揮)

【録音】
(1)2018年3月17日/アレックス・シアター(グレンデール、カリフォルニア)&3月18日/UCLA、ロイスホール(ロサンゼルス、カリフォルニア)(ライヴ録音)
(2)-(4)2018年9月15日/コルバーン音楽学校、ジッパーホール(ロサンゼルス、カリフォルニア)(セッション録音)
制作:ジュディス・シャーマン
録音:エドワード・アンコーナ
カスタマーズボイス
    評価する:
ニュース & 記事
ポイント10倍
159pt
販売価格(税込)
¥ 3,069
¥ 1,320(43%)オフ
¥ 1,749
販売中
在庫わずか
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる
欲しいものリストに追加