こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

J-Pop

【LPレコード】

Vibra is Back<タワーレコード限定>

近田春夫ビブラストーン

販売中

在庫あり

発送までの目安:当日~翌日

※お一人様が複数回購入された場合は、予告なくキャンセルさせていただく場合がございます。
※予定数量より少ない入荷となる可能性がございます。ご予約いただいたお客様におきましても商品をご用意できない場合がございます。予めご了承ください。

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

【ご注文のお客様へ】
こちらの商品は販売数量に制限があります。1回のご注文で購入できる数量:2

  • 価格(税込)
    ¥5,500
  • ポイント数
    50 ポイント

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


Vibra is Back<タワーレコード限定>

近田春夫

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2019年06月26日

フォーマット

LPレコード

構成数

2

製造国

国内

レーベル

Solid Records Ultra-Vybe, Inc./TOWER VINYL/Tower to the People

規格品番

SD-534

商品の紹介

  • 歌謡曲を音楽的に再評価した和モノブームも、日本語で韻を踏む日本語ラップも......J-POPのターニング・ポイントに真っ先にコミットする男、近田春夫が「バンド形式によるヒップホップ」というコンセプトのもと、1987年に結成したファンク&ヒップホップバンド、近田春夫&ビブラストーン(CHIKADA HARUO & VIBRASTONE)がメジャーデビュー前に発表した1stアルバム(ライヴ)をタワーレコード限定、初のアナログ2LPで発売。 渋谷クラブクアトロ、インクスティック六本木ライブにおけるDAT一発録音。 President BPM時代からのレパートリー、[HEAVY] [NASU-KYURI]、後にYOU THE ROCK★もカヴァーしたヒップホップ・アンセム「HOO! EI! HO!」の最強テイクを含み、1989年のライヴにおけるベスト・テイクで構成。
    日本語によるライミングのパイオニアとしての近田春夫&ビブラストーンの存在が日本のラップ/ヒップ・ホップ・シーンに与えた多大なる影響、OTO (g)(JAGATARA)、沖山優司(b)(近田春夫&BEEF, ジューシィ・フルーツ)などを含む強者ミュージシャン達による高い音楽性とブラスを加えた「大型人力ヒップホップ・バンド」というコンセプトの革新性、そして、P-FUNK的なファンク・バンドとしての特異性はJ-POP史上に残る偉業と言える。
    アート・ディレクション は信藤三雄 (C.T.P.P.) (2LPゲートフォールド・ジャケット/33 1/3r.p.m. /stereo/再生時間:61分21秒 ) (オリジナル発売:1989年 CD: SCCD-5006 / SFC MUSIC PUBLISHER K.K. /Solid Records Ultra-Vybe, Inc )
    <近田春夫>
    1972年 村八分の初代ドラマー恒田義見らとハルヲフォン(後の近田春夫&ハルヲフォン)を結成。内田裕也の1815ロックンロールバンドにキーボード奏者として参加。
    1978年 歌謡曲カヴァーアルバム『電撃的東京』をリリース。
    1978年~1984年 雑誌「POPEYE」に伝説的なコラム「THE 歌謡曲」を連載。
    1979年 ソロ・アルバム『天然の美』をリリース。(編曲と演奏でYMOらを起用)
    1981年 「近田春夫&ビブラトーンズ」を結成。
    1985年 ヒップホップ専門レーベルBPMを設立、President BPM名義で作品を発表。
    1987年 「バンド形式による」大型人力ヒップホップ・バンド、近田春夫&ビブラストーン結成。
    1997年 週刊文春でコラム「考えるヒット」連載。連載は20年以上に続けられた。
    2018年10月31日にソロ名義としては38年ぶりとなるアルバム「超冗談だから」を発表。
    2019年2月27日 「近田春夫ベスト~世界で一番いけない男」を発表。

    発売・販売元 提供資料 (2019/05/28)

作品の情報

メイン

オリジナル盤発売日:1989年

収録内容

構成数 | 2枚

<Track Lists>

A-1. VIBRA IS BACK (1989.7.22 Live at Ink Stick Roppongi [8'23""]
A-2. NINGEN BARBECUE (1989.10.18 Live at Shibuya Club Quatro [12'50""]
B-1. Hoo! Ei! Ho! (1989.10.24 Live at Shibuya Club Quatro [9'44""]
C-1. YADA (1989.10.24 Live at Shibuya Club Quatro [9'47""]
C-2. HEAVY (1989.10.18 Live at Shibuya Club Quatro [7'01""]
D-1. WABI SABI (1989.1.17 Live at Shibuya Club Quatro [8'11""]
D-2. NASU-KYURI (1989.1.17 Live at Shibuya Club Quatro [5'21""]

( 全作詞・作曲:近田春夫 except [A-1]作曲:近田春夫 )

  1. 1. [LPレコード]

  2. 2. [LPレコード]