こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

全ての画像を見る

ロック/ポップス

【CD】

Woodstock: Back to the Garden - 50th Anniversary Experience

Various Artists

  • オンラインキャンペーン価格
    ロック/ポップス スペシャルプライス 7%オフ

取扱中

発売日以降にお届けいたします

※お支払い方法が各種前払いの場合、お支払い確認後の発送となります(よくあるご質問 (Q&A))

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

※こちらはフラゲ(発売日前日お届け)保証外の商品です

  • 通常価格(税込)
    ¥21,481
  • セール価格(税込)
    ¥19,977
    ¥1,504 (7 %) オフ
  • ポイント数
    184 ポイント

予約する

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


Woodstock: Back to the Garden - 50th Anniversary Experience

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2019年06月28日

フォーマット

CD

構成数

10

製造国

輸入 (ヨーロッパ盤)

レーベル

Rhino

規格品番

0349785170

パッケージ仕様

ボックス

商品の紹介

  • ロック史上最大、最重要の野外イヴェント「ウッドストック・ミュージック・アンド・アート・フェスティヴァル」から50年――愛と平和と音楽の3日間が、永久保存盤のオーディオ・ドキュメンタリー的作品として蘇る!出演した超豪華アーティスト全員の名唄、名演をその場の空気と共に捉えた歴史的記録作品がCD10枚組豪華ボックスとして発売!

    ロック・フェスの原点、ウッドストック。1969年8月に開催され、全世界に衝撃的な反響を与えたこのロック・フェスティヴァルは、ポピュラー・ミュージック史及びサブカルチャー史において"60年代最重要事件"の一つとして記憶され、1960年代アメリカのカウンターカルチャーを象徴する出来事として語り継がれることとなる。

    その歴史的フェスティヴァルから50年目を迎える2019年――「ウッドストック」のオーディオ・ドキュメンタリーとも呼べそうな作品が登場する。10枚のCDからなる本作、『WOODSTOCK - BACK TO THE GARDEN - 50TH ANNIVERSARY EXPERIENCE』は、初めて、フェスティヴァルに出演した全アーティストのライヴ音源を収録した貴重な"永久保存盤"的コレクションだ。

    1969年8月15日~18日に亘り、アップステート・ニューヨークにあるマックス・ヤスガー所有の600エーカー(242ヘクタール以上)の酪農農場で開催されたウッドストック。40万人以上の観客が詰めかけたこのフェスティヴァルには、ザ・バンド、CSN&Y、ジョーン・バエズ、グレイトフル・デッド、ジミ・ヘンドリックス、ジャニス・ジョップリン、サンタナ、スライ&ザ・ファミリー・ストーン、ザ・フー、クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァル、ジェファーソン・エアプレインなど錚々たるアーティスト達が出演した。
    ラジオ中継もTV中継もなかった時代、全米、そして世界の人々の多くがこの歴史的フェスティヴァルの模様を知ることができたのは、1970年に公開されたマイケル・ウォドレー監督によるドキュメンタリー映画『ウッドストック/愛と平和と音楽の三日間』、そして同映画のサウンドトラックを通してだった。マーティン・スコセッシが編集を手掛け、第43回アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞したこの作品は、ウッドストック・フェスティヴァルを音楽史に残る伝説的なフェスティヴァルとして、世間に広く知らしめたのだった。

    しかし3日間に亘るフェスティヴァルの全貌は、3時間以上の映画でも捉えることが出来なかった――。
    50周年を記念してリリースされる本作『WOODSTOCK - BACK TO THE GARDEN - 50TH ANNIVERSARY EXPERIENCE』は、映画のサウンドトラックから漏れてしまったアーティストたちのライヴ音源をアーティストの登場順に収録しているだけでなく、当時のMCや農場主のマックス・ヤスガーが観客に語りかけるスピーチなども収録されている。(1/2)

    発売・販売元 提供資料 (2019/05/24)

  • 本作のリリースにあたり、エディ・クレイマーとリー・オズボーンによってレコーディングされた60以上ものマルチ・トラック・テープ、さらにステージ・クルーによってレコーディングされた100以上ものサウンドボード・テープを、全て集めて整理し、"出来事順"に並べ直すのは、本当に気の遠くなる作業だったと、プロデューサーのアンディ・ザックスは語っている。彼とサウンド・プロデューサーのブライアン・ケフュー、そしてマスタリング・エンジニアのデイヴ・シュルツは、オリジナル・テープの"本物感"を損なわないために、出来るだけ手を加えすぎないように心がけたという。しかし所々、最新テクノロジーを使い、数年前では修復不可だった音源を蘇らせることにも成功している。例えば、当時雨により途中で中止となったラヴィ・シャンカールの演奏で唯一残っている音源は、決して最適な状態とは呼べないモノラル・テープだったという。しかしアビー・ロード・スタジオのジェイムス・クラークが開発した画期的なデミキシング技術により、それぞれの楽器の音を抽出し、ステレオ・ミックスとして新たに復活させている。また修復不可能と言われていたブラッド、スウェット&ティアーズのホーン・パートも、本来あるべき形で聴くことが出来るようになった。

    また本作の"オーディオ・ドキュメンタリー"感を盛り上げるのは、当日司会を務めたステージ・マネージャーのジョン・モリスとライティング・ディレクターのチップ・モンク。ちなみにフェスティヴァルでは司会が雇われておらず、二人はくじで選ばれたそう。会場の諸注意や、呼び出し、さらに出演アーティストとの掛け合いまで、フェスティヴァルで何が起こっていたのかを伝えてくれる貴重な記録となっている。

    衝撃的な反響を巻き起こし、来るべき新しい"ロックの時代"到来を高らかに告げた"ウッドストック・フェスティヴァル"に出演した超豪華アーティストによる名唄、名演をその場の空気と共に捉えた歴史的記録作品、それが『WOODSTOCK - BACK TO THE GARDEN - 50TH ANNIVERSARY EXPERIENCE』だ。(2/2)

    発売・販売元 提供資料 (2019/05/24)

収録内容

構成数 | 10枚

【Disc 1】
<Richie Havens>
01. (Hello!)
02. From The Prison>Get Together>From The Prison
03. High Flying Bird
04. With A Little Help From My Friends
05. Handsome Johnny
06. Freedom
07. (It seems there are a few cars blocking the road - John Morris)
<Sweetwater>
08. Look Out
09. Day Song
10. Two Worlds
<Bert Sommer>
11. Jennifer
12. And When It's Over
13. America
14. Smile
15. (Let's see how bright it can be - John Morris)
<Tim Hardin>
16. How Can We Hang On To A Dream
17. If I Were A Carpenter
18. Reason To Believe
19. Misty Roses
20. (We're a pretty big city right now- John Morris)

【Disc 2】
01. (Somebody, somewhere is giving out some flat blue acid - John Morris)
<Ravi Shankar>
02. Raga Manj Kmahaj
<Melanie>
03. Momma Momma
04. Beautiful People
05. Mr. Tambourine Man
06. Birthday Of The Sun
07. (It's a free concert from now on - John Morris)
<Arlo Guthrie>
08. Coming Into Los Angeles
09. Lotta freaks!
10. Wheel Of Fortune
11. Walking Down The Line
12. Every Hand In The Land
13. (Let's just make the festival, not the other stuff - John Morris)
<Joan Baez>
14. The Last Thing On My Mind
15. I Shall Be Released
16. (He already had a very, very good hunger strike going)
17. Joe Hill
18. Drug Store Truck Drivin' Man - featuring Jeffrey Shurtleff
19. (That brings us fairly close to the dawn - John Morris)
20. (I guess the reason we're here is music - John Morris)
<Quill>
21. They Live The Life
22. That's How I Eat

【Disc 3】
01. (Can those of you in the back hear well? - Chip Monck)
<Country Joe McDonald>
02. Janis
03. Donovan's Reef
04. The "Fish" Cheer/I-Feel-Like-I'm-Fixin'-To-Die Rag
05. (Those wishing to be lost, those wishing to be found - Chip Monck)
<Santana>
06. Savor
07. Jingo
08. Persuasion
09. Soul Sacrifice
10. (An exciting set is understandable - Chip Monck)
<John B. Sebastian>
11. How Have You Been
12. Rainbows All Over Your Blues
13. I Had A Dream
14. Darling Be Home Soon
<The Keef Hartley Band>
15. Halfbreed Medley: Sinning For You>Leaving Trunk>Just To Cry>Sinning For You
16. (Bring Jerry's nitroglycerin pills to the Indian Pavilion - Chip Monck)

【Disc4】
01. (Go to Mr. Lang's office right away - Chip Monck)
<The Incredible String Band>
02. Invocation
03. The Letter
04. Gather ‘Round
05. When You Find Out Who You Are
06. (If things aren't going well for you or whatever - Chip Monck & Hugh Romney)
<Canned Heat>
07. Going Up The Country
08. Woodstock Boogie
09. (Can we have a little juice on this other microphone, please? - Bob Hite & Chip Monck)
10. On The Road Again
11. (It's your own trip - Chip Monck)


【Disc5】
01. (We'll take care of that right away - Chip Monck)
<Mountain>
02. Theme For An Imaginary Western
03. Long Red
04. Who Am I But You And The Sun (For Yasgur's Farm)
05. Southbound Train
06. (Open your eyes wide - Chip Monck & Joshua White)
07. (So many people have been able to participate in such a debacle - Ken Babbs)
<Grateful Dead>
08. Mama Tried
09. (It's a sinister plot! - Ken Babbs, Country Joe McDonald, et al)
10. Dark Star
11. High Time
12. (You're carrying Janis's wah-wah pedals - John Morris)
<Creedence Clearwater Revival>
13. Green River
14. Bad Moon Rising
15. I Put A Spell On You
16. (It's going to be a very long evening - Chip Monck)

【Disc6】
<Janis Joplin>
01. To Love Somebody
02. Kozmic Blues
03. Piece Of My Heart
04. (Music's for grooving, man)
05. Ball And Chain
06. (Just in case you should get any ideas about leaving - Chip Monck)
<Sly & The Family Stone>
07. Medley: Everyday People>Dance To The Music>Music Lover>I Want To Take You Higher
08. (Are you supposed to be up there rapping? No, man. - Abbie Hoffman & stagehand)
<The Who>
09. I Can't Explain
10. Pinball Wizard
11. (I can dig it - Abbie Hoffman & Pete Townshend)
12. We're Not Gonna Take It
13. Shakin' All Over
14. My Generation
15. (Welcome this new day - Chip Monck)

【Disc7】
<Jefferson Airplane>
01. The Other Side Of This Life
02. Somebody To Love
03. (Let's play it out of tune - Grace Slick)
04. 3/5 Of A Mile In 10 Seconds
05. Won't You Try/Saturday Afternoon
06. (We got a whole lot of orange and it was fine - Grace Slick)
07. Plastic Fantastic Lover
08. Volunteers
09. (If you're too tired to chew, pass it on - Hugh Romney)
10. (The roads are fairly clear now - John Morris)
11. (This is the largest group of people ever assembled in one place - Max Yasgur)
<Joe Cocker>
12. Dear Landlord
13. Feelin' Alright
14. Let's Go Get Stoned
15. Hitchcock Railway
16. With A Little Help From My Friends
17. (Isn't the rain beautiful? - John Morris, Barry Melton, rainstorm & audience)

【Disc8】
<Country Joe & The Fish>
01. Rock And Soul Music
02. Love
03. Silver And Gold
04. Rock And Soul Music (Reprise)
<Ten Years After>
05. Help Me
06. I'm Going Home
07. (Come down and say hello to us - Chip Monck)
<The Band>
08. Chest Fever
09. Tears Of Rage
10. This Wheel's On Fire
11. I Shall Be Released
12. The Weight
13. (We've just had a slight change in running order - Chip Monck)

【Disc9】
01. (It's really a drag - Chip Monck)
<Johnny Winter>
02. Leland Mississippi Blues
03. Mean Town Blues
04. Johnny B. Goode
05. (It just doesn't seem to be necessary - Chip Monck)
<Blood, Sweat & Tears>
06. More And More
07. Spinning Wheel
08. Smiling Phases
09. You've Made Me So Very Happy
<Crosby, Stills & Nash>
10. (Tell 'em who we are, man)
11. Suite: Judy Blue Eyes
12. Blackbird
13. Marrakesh Express
<Crosby, Stills, Nash & Young>
14. Sea Of Madness
15. Wooden Ships
16. (Bummer!)
17. 49 Bye-Byes

【Disc10】
<The Butterfield Blues Band>
01. No Amount Of Loving
02. Love March
03. Everything's Gonna Be Alright
<Sha Na Na>
04. (Test - Chip Monck & Sha Na Na)
05. Get A Job
06. Come Go With Me
07. Silhouettes
08. At The Hop
09. Duke Of Earl
10. Get A Job (Reprise)
11. (Thank you for making all this possible - Chip Monck)
<Jimi Hendrix>
12. Hear My Train A Comin'
13. Izabella
14. The Star Spangled Banner>Purple Haze
15. (Good wishes, good day, and a good life - Chip Monck)

  1. 1. [CD]

  2. 2. [CD]

  3. 3. [CD]

  4. 4. [CD]

  5. 5. [CD]

  6. 6. [CD]

  7. 7. [CD]

  8. 8. [CD]

  9. 9. [CD]

  10. 10. [CD]

収録内容を見る