こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

全ての画像を見る

ロック/ポップス

【CD】

Tuscaloosa

Neil YoungThe Stray Gators

  • 輸入盤スペシャル・プライス
    期間限定特別価格

販売中

在庫あり

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 通常価格(税込)
    ¥2,149
  • セール価格(税込)
    ¥1,719
    ¥430 (20 %) オフ
  • ポイント数
    15 ポイント

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


Tuscaloosa

Neil Young

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2019年06月07日

フォーマット

CD

構成数

1

製造国

輸入 (ヨーロッパ盤)

レーベル

Warner Bros.

規格品番

9362490111

商品の紹介

  • ロック・シーンにおける孤高のレジェンド、ニール・ヤング。過去のオリジナル・アルバムをリイシューするシリーズ、そして貴重な未発表ライヴ音源を紐解いていくライヴ・アーカイヴ・シリーズ、さらには新作のリリースなど、今なお精力的な活動を続ける彼から、早くも新たな宝物となる、ライヴ・アーカイヴ・シリーズ最新作が届けられた。それが、1973年2月5日に米アラバマ州タスカルーサ市にあるアラバマ大学で行われた、ニール・ヤング&ストレイ・ゲイターズ名義でのパフォーマンスを収録した、この未発表ライヴ音源『TUSCALOOSA』だ。

    ソロ・ツアーやクレイジー・ホースとのツアーの合間となる1971年から1973年にかけて、ニール・ヤングは当時自身が追い求めていたサウンド・スタイルをライヴでも追求すべく、ストレイ・ゲイターズとのツアーを行なっている。ティム・ドラモンド(b)、ケニー・ベトレー(dr)、ジャック・ニッチェ(piano)、そしてベン・キース(steel guitar)からなるこのストレイ・ゲイターズは、ニールが72年に発表した傑作中の傑作『HARVEST』のレコーディングにも参加しており、その後73年に発表したライヴ・アルバム『TIME FADES AWAY』でもそのプレイを聴く事が出来る。

    この貴重な未発表ライヴ・アーカイヴ・アルバム『TUSCALOOSA』には、ニールの記念すべきデビュー・アルバム『NEIL YOUNG』からの楽曲「Here We Are In The Years」や、ニールの初期キャリアにおいて最も成功を収めることとなった名盤『AFTER THE GOLDRUSH』(1970年作品)や『HARVEST』(1972年作品)から、彼の代表曲とも言えるクラシック・トラックが収録されている。

    また、この『TUSCALOOSA』には、ニールにとって初のライヴ・アルバムとなった『TIME FADES AWAY』(73年発表)のタイトル・トラックの息を飲むようなヴァージョンや、このライヴから2年後に発表された、歴史的名盤『TONIGHT'S THE NIGHT』に収録されることとなった楽曲「New Mama」や「Lookout Joe」のライヴ・ヴァージョンも収録されている。ちなみに、頭の2曲(「Here We Are in The Years」と「After The Gold Rush」)はニールのソロ・パフォーマンスとなっており、「Out On Te Weekend」からストレイ・ゲイターズが参加したパフォーマンスとなっている。

    今作のプロデュースは、ニール・ヤングと、彼の音源を数多く手がけるエリオット・メイザーが担当、ミックスにはジョン・ハンロン、そしてマスタリングにはクリス・ベルマンを起用、オリジナルのアナログ・テープから丁寧にマスタリングされた音源が収録されている。この音源は驚くほどに生々しいサウンドとなっており、まるでその場にいるかのような臨場感を感じさせてくれるハイクオリティな音質に仕上がっている。また、パッケージに使用されている写真は、ジョエル・バーンスタインが撮影したものだ。

    発売・販売元 提供資料 (2019/05/10)

作品の情報

メイン

収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:52:25

Audio Mixer: John Hanlon . Photographer: Joel Bernstein. Neil Young's muse has led him to release some curious albums over the course of his five-decade career, but he has a more contentious relationship with 1973's Time Fades Away than any other title in his catalog. Time Fades Away was a live LP assembled from several shows on his early 1973 tour following the breakout success of Harvest, which he undertook shortly after the death of Crazy Horse guitarist Danny Whitten. Young was still wrestling with his grief over Whitten's passing, and his relationship with his band of the time, the Stray Gators, was not especially good (in part due to the high salary drummer Kenny Buttrey demanded, which Young then had to pay the other musicians as well). Young's public statements about the tour and Time Fades Away have been consistently bitter, which is reflected in the dark, chaotic sound of the album. For decades, it was one of Young's few releases to fall out of print and remain that way, and it's still not available as a stand-alone CD. (It does appear in the Official Release Series, Discs 5-8 box set.) However, the 2019 release of the archival live album Tuscaloosa puts this tour in a new light. It preserves a February 1973 date with the Stray Gators at the University of Alabama in Tuscaloosa, and rather than a rumbling hot-rod ride down a bumpy road of bad karma, Tuscaloosa presents Neil and his band in a warmer mood, sometimes downbeat but far less confrontational, and the vibe here is generally positive. Some of this can be chalked up to the set list; Time Fades Away featured only previously unrecorded tunes the audience didn't know, while this show included five tunes from Harvest and one each from After the Gold Rush and Neil Young. The crowd seems happy to hear familiar sounds (even "Alabama," which one might imagine would rub some Crimson Tide fans the wrong way), and while the set takes a sharp left turn into rougher territory at the halfway point with "Time Fades Away," the performance is significantly more energetic than the previously released version, enlivened by the pedal steel whoops of Ben Keith, making it a bit more user friendly. Tuscaloosa also includes early performances of two songs that would later surface on 1975's Tonight's the Night, and on this evening, Neil and his accompanists gave "Lookout Joe" a ragged but controlled feel that matched grief with power and made the most of both. It would be wrong to look at Tuscaloosa as the flip side of Time Fades Away, as in its own way, it's also an album that confronts grief and emotional struggle. The difference is, on Time Fades Away, those emotions were presented loud and clear. Tuscaloosa is warmer, more engaging, and captures Young and the Stray Gators on a great night (and boasts a cleaner recording and mix), but even in the cheeriest bits, there's a dark shadow in this music that's subtle but eloquent. Time Fades Away was the drunken wake and Tuscaloosa is the family's memorial service -- and they're both important parts of the story of Neil Young in 1973. ~ Mark Deming

  1. 1. [CD]

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Here We Are in the Years

    close

    アーティスト
    Neil Young

    2.

    After the Gold Rush

    close

    アーティスト
    Neil Young

    3.

    Out on the Weekend

    close

    アーティスト
    Neil Young

    4.

    Harvest

    close

    アーティスト
    Neil Young

    5.

    Old Man

    close

    アーティスト
    Neil Young

    6.

    Heart of Gold

    close

    アーティスト
    Neil Young

    7.

    Time Fades Away

    close

    アーティスト
    Neil Young

    8.

    Lookout Joe

    close

    アーティスト
    Neil Young

    9.

    New Mama

    close

    アーティスト
    Neil Young

    10.

    Alabama

    close

    アーティスト
    Neil Young

    11.

    Don't Be Denied

    close

    アーティスト
    Neil Young