こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

ロック/ポップス

【CD】

Where Polly People Go to Read

Gus Dapperton

  • オンラインキャンペーン価格
    ロック/ポップス スペシャルプライス 7%オフ

販売中

在庫わずか

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 通常価格(税込)
    ¥2,519
  • セール価格(税込)
    ¥2,343
    ¥176 (7 %) オフ
  • ポイント数
    21 ポイント

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


Where Polly People Go to Read

Gus Dapperton

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2019年07月12日

フォーマット

CD

構成数

1

製造国

輸入

レーベル

Beat Records/Gus Dapperton

規格品番

GUSD001CD

商品の紹介

  • 聴けばきっと、あなたはしばしの間、この地球を離れることになる。2019年インディ・ポップ大本命盤!ガス・ダパートン待望のデビュー・アルバム!

    2016年にシーンへ登場して以来、センセーショナルな再生回数を誇る数々のアンセムと奇抜なファッション・センスで大きな注目を集めてきたNYの新たなるポップアイコン、ガス・ダパートンが待望の1stアルバム『Where Polly People Go ToRead』をリリース!!

    その天才的なメロディー・センスと歌声に加え、作曲、エンジニアリング、ミキシング、マスタリング、そして 調子外れのピアノ、DX7エレクトリック・ピアノ、チューニングを変えたクリーンなギターまで演奏もすべて自分で行うマルチな才能を発揮した今作はキング・クルール、J・ディラ、マック・デマルコ、ニュー・オーダーからの影響を公言する2019年型のムーディーなドリーム・ポップとしてポップ・カルチャーやポップ・ミュージックの新しい領域へとリスナーを誘うであろう作品に仕上がっている。

    ヒット・シングル「My Favorite Fish」をはじめ、みずみずしくキャッチ―なエレクトロ・ポップに耳を奪われる冒頭曲「Verdagris」から、ネオン色のピアノ・バラードが美しいクロージング・トラック「I Ascend」まで全10曲を収録した本作は全世界待望のフィジカル・リリースとなる。

    発売・販売元 提供資料 (2019/04/26)

レビュー

  • NY発のシンガー・ソングライター、ガス・ダパートンがアルバム・デビュー。風変わりなファッション・センスも強烈で、早くもVogueやNylonなどのファッション媒体からの注目も熱い。作曲からマスタリング、エレクトリック・ピアノ~ギターなどをみずから演奏するマルチな才能と器用さ、甘くソウルフルな歌声とアーバンでスタイリッシュなサウンドが、なんとも新しい世界観を作り上げている。
    bounce (C)中井幹代

    タワーレコード (vol.429(2019年7月25日発行号)掲載)

作品の情報

メイン

収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:33:19

Audio Mixer: Gus Dapperton. Over the course of two EPs and a handful of singles, bedroom pop crooner Gus Dapperton turned in a wobbly hybrid of synth-heavy indie and nostalgia-drenched soulful pop. A gifted singer, Dapperton's voice wrapped expressively around hooks as his instrumentals sounded meticulously produced to sound cheap and lo-fi, with detuned Casio synths and vintage drum machines dialed into late-'80s radio R&B settings. With debut full-length effort Where Polly People Go to Read, Dapperton comes through with some of his more undeniably catchy tracks. Chorus-heavy acoustic guitars and lilting sophisti-pop vocals glide in on "My Favorite Fish," a tune collaging together Frank Ocean's insular vocal fragility and the neon synth arrangements of Mac DeMarco or Tame Impala. It's a dynamic and hooky song, with an arrangement that stacks its various sticky elements as it builds. A similar approach makes "Fill Up Anthem" immediately captivating. Dapperton's love of nostalgic lite funk shows up in the song's restrained bass groove and static drum machine programming. Only the occasional growled lyric and a dramatically warped synth sound on the chorus take the song out of complete inoffensive background music status, adding some uneasiness to the mix. The would-be new jack swing rhythm of "World Class Cinema" is another standout, melding all the best elements of his formula for a tightly arranged and slowly building pop construction. ~ Fred Thomas

  1. 1. [CD]

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Verdigris

    close

    アーティスト
    Gus Dapperton

    2.

    World Class Cinema

    close

    アーティスト
    Gus Dapperton

    3.

    Nomadicon

    close

    アーティスト
    Gus Dapperton

    4.

    Eyes for Ellis

    close

    アーティスト
    Gus Dapperton

    5.

    Coax & Botany

    close

    アーティスト
    Gus Dapperton

    6.

    Sockboy

    close

    アーティスト
    Gus Dapperton

    7.

    Roadhead

    close

    アーティスト
    Gus Dapperton

    8.

    My Favorite Fish

    close

    アーティスト
    Gus Dapperton

    9.

    Fill Me Up Anthem

    close

    アーティスト
    Gus Dapperton

    10.

    I Ascend

    close

    アーティスト
    Gus Dapperton