こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

全ての画像を見る

クラシック

【CD】

初期ステレオ録音集 第2集

ハリー・ブレックロンドン・モーツァルト・プレイヤーズトーマス・ビーチャムロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団ルドルフ・ケンペフィルハーモニア管弦楽団

  • クラシック輸入盤プライスオフ
    期間限定スペシャル・プライス

販売中

在庫あり

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 通常価格(税込)
    ¥2,473
  • セール価格(税込)
    ¥1,682
    ¥791 (32 %) オフ
  • ポイント数
    15 ポイント

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


初期ステレオ録音集 第2集

ハリー・ブレック

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2019年06月15日

フォーマット

CD

構成数

1

製造国

輸入

レーベル

First Hand Records

規格品番

FHR59

商品の紹介

  • ビーチャム卿のハイドン97番初出ステレオ!!!
    EMI最初期ステレオ録音が名人芸のリマスターで鮮烈に蘇る!
    ケンペ、ブレック、ホッターの往年の名演も素晴らしい音質。

    24bit / 96kHzのハイレゾ・リマスター音源。Archive of Recorded Sound(ARS)と協力しての制作で、EMIの初期ステレオ録音を発売するシリーズの2作目。EMIがステレオ録音を開始したのは1954年で、まさにその最初期の録音が収録されています。リマスターの素晴らしさが特筆で、マニア垂涎の内容。第1集はFHR-58として発売中です。

    ステレオ初出となるビーチャムのハイドン97番は、リマスターの効果も相まってファン歓喜のたまらない内容です。ビーチャムのロンドン・セットは後半の曲がステレオで出ていますが、モノラル絶頂期ということもあり音質の優劣は一概には言えないものでした。しかし今回のステレオ音源は全く違う鮮烈さと言って良いでしょう。くっきりと楽器が分離し、かつあたたかく柔らかく、緩徐楽章などビーチャムのお茶目な繊細さ全開でたまらない面白さ。他にもCDでは初出となるケンペのモーツァルト34番ステレオ・バージョンや、イギリス往年の名指揮者ハリー・ブレックの忘れ難い名演など興味の尽きない1枚となっています。
    キングインターナショナル

    発売・販売元 提供資料 (2019/04/25)

作品の情報

収録内容

構成数 | 1枚

エディション | Remaster


【曲目】
(1)ハイドン:サルヴェ・レジーナ ト短調 Hob.XXIIIb:2 第1曲アダージョ
(ステレオ・バージョン初出音源)
(2)ハイドン:交響曲第97番 ハ長調 Hob.I:97
(ステレオ・バージョン初出音源)
(3)モーツァルト:交響曲第34番 ハ長調 K338
(ステレオ・バージョンCD初出音源)
(4)シューベルト:交響曲第3番 ニ長調 D200
(第2~第4楽章ステレオ・バージョン初出音源。第1楽章はモノラル収録)
(5)シューベルト:冬の旅 D911 第13曲「郵便馬車」、第14曲「霜おく頭」
(ステレオ・バージョン初出音源)

【演奏】
(1)エイプリル・カンテロ(ソプラノ)、
マージョリー・トーマス(コントラルト)、
トーマス・ヘムズリー(テノール)、
ジョン・キャメロン(バリトン)、
合唱団(団体不明)、
ハリー・ブレック(指揮)、
ロンドン・モーツァルト・プレイヤーズ
(2)サー・トーマス・ビーチャム(指揮)、
ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
(3)ルドルフ・ケンペ(指揮)、
フィルハーモニア管弦楽団
(4)ハリー・ブレック(指揮)、
ロンドン・モーツァルト・プレイヤーズ
(5)ハンス・ホッター(バリトン)、
ジェラルド・ムーア(ピアノ)

【録音】
(1)1954年6月3日、(2)1957年3月9・26日、(3)1955年11月24日、(4)1954年10月1日・11月1日、(5)1954年5月25日
/アビーロード・スタジオでのステレオ録音(シューベルト第1楽章のみモノラル録音)

  1. 1. [CD]