こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

全ての画像を見る

ロック/ポップス

【LPレコード】

8 Letters

Why Don't We

  • ロック/ポップス輸入盤レコード/アナログ10%オフ
    LP、12"、10"、7"が期間限定プライスオフ

販売中

お取り寄せ

発送までの目安:2日~7日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

※入荷の見込みがないことが確認された場合や、ご注文後40日前後を経過しても入荷がない場合は、取り寄せ手配を終了し、この商品をキャンセルとさせていただきます

  • 通常価格(税込)
    ¥3,013
  • セール価格(税込)
    ¥2,712
    ¥301 (10 %) オフ
  • ポイント数
    25 ポイント

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


8 Letters

Why Don't We

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2019年05月17日

フォーマット

LPレコード

構成数

1

製造国

輸入 (アメリカ盤)

レーベル

Atlantic

規格品番

1573223

商品の紹介

  • 2019年要注目の新世代BOYS GROUP、WHY DON'T WE(ホワイ・ドント・ウィー)。アメリカ出身の5人組が昨年リリースしたデビュー・アルバム『8LETTERS』が、アナログ・レコードで登場。本作には、既にシングル・ヒットとなっている2曲、「Talk」と「Hooked」も収録。アメリカでは、ショーン・メンデスやアリアナ・グランデを抜きiTunes総合3位にランクイン、ポップ・チャートではマルーン5に続いて2位を獲得。日本でもTwitterのトレンドで「#hooked」が1位を獲得し、ファンが騒然となった「Hooked」は、Jacob Manson(クレイグ・デイヴィッド、ルディメンタル ft.エド・シーランなど)のプロデュースによるもの。アメコミにインスパイアされたミュージック・ビデオもファンにインパクトを与えた。また7月にリリースされたシングル「Talk」は、アメリカのiTunesトップ・ソング・チャートでドレイク、マルーン5、そしてカーディ・Bを抜いて見事1位に!Louis Schoorl(5 Seconds Of Summer)がプロデュースした楽曲は、MTV TRLでも「この曲には、愛とキャッチーさという、ボーイズ・グループで愛される要素が全て詰まっている」と絶賛された。アルバム・リリースのニュースとともに公開されたタイトル・トラックのバラード「8レターズ」は、The Monsters & Strangerz(フィフス・ハーモニー、ニック・ジョナス)とJonny Price(キース・アーバン、ケシャ)がプロダクションを手掛けている。アルバムにはこの他、Prince Charlez(リアーナ、ビヨンセ、ケンドリック・ラマー)やMoZella(マイリー・サイラス、チャーリー・プース)、Mick Schultz(ジェレマイ、ケリー・クラークソン)、Sam Hook(オマリオン、クリス・ブラウン)、Cutfather(ジャメリア、オリー・マーズFt.デミ・ロヴァート)など、数々のポップス界のビッグ・ネームを手掛けたトップ・プロデューサー/ソングライターがプロダクションに参加している。RollingStone.comから「今注目すべきアーティスト」 、NBC's Todayから「ポップ史上最も大ブレイクするバンドの一つだろう」、TIME.comから「2018年更なるブレイクが期待できる」 とアツいコメントが寄せられているWHY DON'T WE。ここ日本でも、アルバム・デビュー前にも関わらず、サマソニ'18での来日が決まっている他、IN ROCKの表紙やMTV JAPAN、日本テレビ系「スッキリ」などにも取り上げられ、日本のファンによるTWITTERアカウントも!早くも大ブレイクの予感が盛り上がっている。今年に入り、1月に「ビッグ・プランズ / Big Plans」、そして2月に「コールド・イン・LA / Cold In LA」をリリースし、さらに3月には、3か月連続となるシングル「アイ・ドント・ビロング・イン・ディス・クラブ」をリリース。グラミー賞受賞ラッパー、マックルモアとまさかのコラボを実現させた。彼らの成長ぶりにも注目だ。

    発売・販売元 提供資料 (2019/04/19)

レビュー

  • 自国産のボーイズ・バンド不足が長らく続いていたUSから、待望の大型新人がアルバム・デビュー。本国では〈ネクスト・インシンク〉と呼ばれるほど期待されている彼らは、先輩に倣って流行をめいっぱい吸収し、コマーシャル・ポップの楽しさ/カッコ良さをこれでもか!と教えてくれます。ラテン・アーバンを爽やかに薄めたような"Friends"やハウシーなレゲエ・ポップ"Talk"をはじめ、2018年の夏にヴァンプスをヘビロテしていた方なら間違いなくド真ん中のはず。優男系の切ない歌唱が魅力的なジャックやいかにも生意気そうなザックなど、キャラ立ちもハッキリしていて、その5人が入れ代わり立ち代わりでメインを張っていく歌割りに、こちらは目移りしっぱなし。現時点では褒めるところしかありません!
    bounce (C)山西絵美

    タワーレコード (vol.418(2018年8月25日発行号)掲載)

作品の情報

メイン

収録内容

構成数 | 1枚

  1. 1. [LPレコード]

    A面

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    8 Letters

    close

    アーティスト
    Why Don't We

    2.

    Talk

    close

    アーティスト
    Why Don't We

    3.

    Choose

    close

    アーティスト
    Why Don't We

    4.

    In Too Deep

    close

    アーティスト
    Why Don't We
  2. B面

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Friends

    close

    アーティスト
    Why Don't We

    2.

    Hard

    close

    アーティスト
    Why Don't We

    3.

    Hooked

    close

    アーティスト
    Why Don't We

    4.

    Falling

    close

    アーティスト
    Why Don't We