こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

全ての画像を見る

クラシック

【SACDハイブリッド】

オルフ: カルミナ・ブラーナ(1960年ステレオ録音)<タワーレコード限定>

ヘルベルト・ケーゲルライプツィヒ放送交響楽団ライプツィヒ放送合唱団

  • クラシック輸入盤プライスオフ
    期間限定スペシャル・プライス

販売中

在庫あり

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 通常価格(税込)
    ¥2,581
  • セール価格(税込)
    ¥2,257
    ¥324 (13 %) オフ
  • ポイント数
    20 ポイント

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


オルフ: カルミナ・ブラーナ(1960年ステレオ録音)<タワーレコード限定>

ヘルベルト・ケーゲル

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の説明

※タワーレコード限定販売
※世界初SACD化。SACDハイブリッド盤
※2019年最新マスタリング音源使用(マスタリング・エンジニア:クリストフ・スティッケル氏)、
※本国のオリジナル・アナログ・マスターテープを使用しダイレクトにDSD化。CD層も別系統で直接高品位でPCM化
※SACD層:新規で本国のアナログ・マスターテープから、アナログ領域でのマスタリング後、ダイレクトにDSD化
※CD層:同様にアナログ領域でのマスタリング後、96kHz/24bitで高品位デジタル化後に44.1kHz/16bit化
※オリジナル・ジャケット・デザイン使用
※ジュエルケース仕様
※盤印刷面:緑色仕様
※オリジナルマスターから起因するノイズ等がございますが、ご了承ください。
※日本語帯付(帯裏:鈴木 淳史氏の解説付)。解説書独文仕様

商品の情報

発売日

2019年04月28日

フォーマット

SACDハイブリッド

構成数

1

製造国

輸入

レーベル

Berlin Classics × TOWER RECORDS

規格品番

0301289BC

商品の紹介

  • 本国のETERNAオリジナル・アナログテープ最新復刻企画 SACDハイブリッド化第2弾!ケーゲル1回目の伝説的な「カルミナ」録音、鬼気迫る1960年収録の超名演がついに世界初SACD化!アナログ領域でのみマスタリングを行い、ダイレクトDSD化!

    後の1970年代半ば収録した「トリオンフィ三部作」より以前の、ステレオ初期である1960年に録音されたケーゲル1回目の壮絶な「カルミナ・ブラーナ」がSACDで蘇りました!ケーゲル再評価のきっかけのひとつともなった超絶的なこの演奏のインパクトは絶大で、本国のオリジナル・アナログ・マスターテープからの新規制作により、一段と凄みが増しました。特にこの演奏の根本を成す熱気と、ソリスト、合唱陣の発音、そしてケーゲルの壮絶極まる指揮とオケの反応は必聴です。後年の1974/75年再録盤より評価の高いこの名盤が、よりダイナミックに再現されます。後の再録番と同様、この演奏は合唱が特に素晴らしく、当時の東ドイツの高い水準を物語っていますが、録音においても第一人者であるエンジニアのクラウス・シュトリューベンの収録である、ということも重要な意味を持ちます。この録音は旧東独のステレオ初期録音のため現代の物理的な水準にまで到達していないとは言えますが、楽器や声の質感とそのバランス感覚、熱気は他の追随を許しません。演奏と並び、このかつてないほどの熱演を現代にまで正確に伝える当時のエンジニアの仕事も、歴史的な遺産です。尚、今回の録音日のデータは、本国のアナログ・マスターテープの外箱に記入されていた日付を参照しています。
    1960年当時の「カルミナ・ブラーナ」の主なセッション録音は、ヨッフムのDGへのモノラル録音(1952)、サヴァリッシュのEMI盤(1956モノラル)とストコフスキー盤(1958)、そして同じく1960年録音であるオーマンディのCBS盤くらいでした。その後、決定盤となったヨッフムの再録(1967)を経て、一気に各レーベルの録音が増え、人気曲になったことは記憶に新しいです。数ある同曲において、このケーゲルの1960年盤は未だに高い評価を得ています。ドイツの演奏者の底力を感じさせる合唱陣のレベルの高さは特筆すべきで、この曲の演奏評価に高い影響力を持っていると言えます。その意味でも、ヨッフムの1967年盤を西の横綱とするなら、このケーゲル盤は東の横綱と言っても過言でない位置にあります。ここまで真摯にこの作品に向き合った録音もそうそうないでしょう。かつての東ドイツだからこそ生まれた産物と言っても良いかも知れません。
    (1/2)

    タワーレコード (2019/04/17)

  • マスターテープはレーベルからウィーン在住のマスタリング・エンジニアであるクリストフ・スティッケル氏のスタジオに空輸し、アナログ領域でのマスタリングを行った上で、デジタル化にあたってはSACD層用のDSD化とCD層用のPCM化を別系統で行い製品化。この企画では、現在考えられる限り理想的な方法でのマスタリングを実現しました。その効果は著しく、マスターテープに残されていたクオリティを極めて忠実に再現することが可能となり、さらにアナログ領域のみでのマスタリングとダイレクトDSD化が、より音質的に効果をもたらしています。従来と比較して驚くほど鮮明で解像度が高くなったことにより、演奏に対する更なる評価が期待できるほどの出来です。尚、解説書には今回使用したオリジナルのアナログ・マスターテープの外箱の写真も掲載してあります。

    <マスタリング詳細>マスタリング・エンジニア(DSD化含む):クリストフ・スティッケル氏
    ~在ウィーン。ミュンヘン・フィル自主制作盤のマスタリングや、タワー企画盤JAZZのECM SACD企画(2017~)も担当。現在ヨーロッパでもっとも信頼の厚いエンジニアのひとり
    "ETERNAオリジナル・アナログテープからのピュア・アナログ・リマスタリング"
    SACD層:新規で本国のアナログ・マスターテープから、アナログ領域でのマスタリング後、ダイレクトにDSD化
    CD層:同様にアナログ領域でのマスタリング後、96kHz/24bitで高品位デジタル化後に44.1kHz/16bit化
    それぞれのデジタルデータは伝送ではなく、光学ディスクで空輸
    (2/2)

    タワーレコード (2019/04/17)

作品の情報

収録内容

構成数 | 1枚


【曲目】
1. カール・オルフ:世俗カンタータ「カルミナ・ブラーナ」

【演奏】
ユッタ・ヴルピウス(ソプラノ)、
ハンス=ヨアヒム・ロッチュ(テノール)、
クルト・リーム(バリトン)、
クルト・ヒューベンタール(バス)
ライプツィヒ放送合唱団、
ライプツィヒ放送児童合唱団
ライプツィヒ放送交響楽団
ヘルベルト・ケーゲル(指揮)

【録音】
1960年6月8-10, 13-17日 Heilandskirche、ライプツィヒ

【マスタリング・エンジニア】
クリストフ・スティッケル

【原盤】
Berlin Classics

  1. 1. [SACDハイブリッド]