こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

全ての画像を見る

ロック/ポップス

【CD】

Hurts 2B Human

P!nk

  • 輸入盤スペシャル・プライス
    期間限定特別価格

販売中

在庫あり

発送までの目安:当日~翌日

こちらの商品は世界同時発売商品のため、セブン-イレブン受け取りサービスのお届けは発売日から3日後以降となります。

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 通常価格(税込)
    ¥2,041
  • セール価格(税込)
    ¥1,633
    ¥408 (20 %) オフ
  • ポイント数
    15 ポイント

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


Hurts 2B Human

P!nk

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2019年04月26日

フォーマット

CD

構成数

1

製造国

輸入 (アメリカ盤)

レーベル

RCA Records Label

規格品番

19075907192

商品の紹介

  • P!NK(ピンク)約2年ぶり8作目となるニュー・アルバム『Hurts2B Human』

    グラミー賞3冠、2作の全米1位、全世界トータル・アルバム・セールス6,000万枚を誇る世界の最強ポップ・アイコン=P!NK(ピンク)が、約2年ぶり8作目のオリジナル・アルバム『ハーツ・トゥ・ビー・ヒューマン|Hurts 2B Human』を発売する。同アルバムに収録される最新シングル「ウォーク・ミー・ホームは、P!NK自身と、ロック・バンド<Fun.>のヴォーカルを務めるシンガー・ソング・ライター=ネイト・ルイス、ザ・チェインスモーカーズやショーン・メンデスを手掛けたプロデューサー=スコット・ハリスがソングライターとして、ピーター・トーマスとカイル・ムアマンがプロデューサーとして参加している。そして、今回公開されたミュージック・ビデオは、映画『グレイテスト・ショーマン』(2018年)のマイケル・グレイシー監督が手掛けたもの。ビデオの内容は、P!NKが一人、忙しく人の流れが激しいNYの街を歩いていたところ、突然周りの人間が一人もいなくなり、世界が止まる。そんな中、一人明かりのない少ないNYの街並みを歌い踊りながら進み、宙に浮きながらダンスする彼女は、シャドー人間たちと共に「喧噪の中の孤独」を表現。最後には、再び喧噪のNYに戻される、映画のようなストーリー仕立てのミュージック・ビデオとなっており、P!NKのダンスが見どころとなっている。今年2月には、ハリウッドの"ウォーク・オブ・フェイムに"P!NK"の名が刻まれて<ハリウッド殿堂入り>を果たし、本年のグラミー賞では2部門ノミネート、英国最大級の音楽賞<ブリット・アワード 2019>にて、過去にポール・マッカートニー、エルトン・ジョン、デヴィッド・ボーイ、クイーン、スパイス・ガールズ、オアシス、U2、ブラーらへ贈られた栄誉ある「功労賞」を、初のインターナショナル・アーティスト(イングランド、アイルランド以外のアーティスト)として受賞し、史上初の偉業を成し遂げるなど、約20年のキャリアを経てもなお日々躍進し続けている。3月からスタートしたUSツアー<ビューティフル・トラウマ・ワールド・ツアー>では、高い身体能力を活かした、得意の宙づりを入れたアクロバティックなステージで観客を魅了し多忙を極めるP!NK。2017年の前作『ビューティフル・トラウマ』は、全米1位、同年の世界合計アルバム・セールスで、エド・シーランの『÷(ディバイド)』とテイラー・スウィフトの『レピュテーション』に続く3位を獲得。大ヒットした前作に次ぐ、待望の最新アルバム『ハーツ・トゥ・ビー・ヒューマン』への期待がさらに高まっていくだろう。

    発売・販売元 提供資料 (2019/03/29)

  • Rolling Stone - 3 stars out of 5 -- "On her eighth album HURTS 2B HUMAN, there are chest-beating, middle-finger jabbing anthems in every shade of Pink." Clash (Magazine) - "Laid back, and playing to her strengths, P!nk's eighth studio album HURTS 2B HUMAN is familiar in its musical stylings - a collection of anthemic pop tracks threaded through with her bold vocals."

    Rovi

レビュー

  • 18か月のインターヴァルで、早くも8作目を完成させたピンク。デビューから約20年が経ついまも快調にキャリアを歩み、ブリット・アワードの功労賞も受賞したばかりだが、表題は〈人間であることの辛さ〉と穏やかじゃない。実際、本作は深いメランコリーに包まれ、不穏な社会情勢を背景に、ひとりの女性として、母親として、尽きせぬ葛藤を抱える自分を赤裸々にさらけ出している。カリードからベック、クリス・ステイプルトンなどかつてなく多彩なコラボレーターを曲ごとに招きながら、サウンドには一貫性があり、生楽器の響きを活かしたプロダクションは終始シンプル。円熟したヴォーカルの魅力を引き立てており、タフなイメージの裏にある怖れと不安、そして優しさを伝えてリアルな人物像を描き出す。
    bounce (C)新谷洋子

    タワーレコード (vol.426(2019年4月25日発行号)掲載)

作品の情報

メイン

  • アーティスト : P!nk

収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:47:03

Audio Mixer: Serban Ghenea. Photographer: Andrew MacPherson. Despite the evident angst within its title, Hurts 2B Human is generally a light affair from P!nk, especially when compared to its predecessor, Beautiful Trauma. On that 2017 album, P!nk seemed ready to settle into her encroaching middle age, favoring polished productions that veered ever so slightly toward the staid. Such politeness is generally eschewed on Hurts 2B Human. P!nk still indulges in empowering pop and soul-searching power ballads, producing glistening AAA pop that easily slides onto adult contemporary radio, but she's also keenly aware of shifting trends, enlisting a number of noteworthy collaborators. What's interesting about her choice of guests is that they're not limited to new stars. Khalid may show up on the title track and Cash Cash on "Can We Pretend," while Wrabel helps P!nk drift toward moody electronica on "90 Days," but she also brings in Beck -- who penned her old 2003 hit "Feel Good Time" -- for "We Could Have It All" and duets with Chris Stapleton on "Love Me Anyway," a ballad that proves she has country chops. P!nk is savvy, opting for stylistic hybrids instead of hopping from genre to genre, and that gives Hurts 2B Human a cohesion even if the individual moments are quite disparate. Occasionally, the songs can be a little strident -- a collaboration with Nathaniel Ruess of Fun., "Walk Me Home," is a bit too insistent in its anthemic reach -- but these moments are balanced by such lithe, funky numbers as "Hustle" and the Max Martin-produced "(Hey Why) Miss You Sometime," along with slower songs that can cut to the quick ("Love Me Anyway," "The Last Song of Your Life"). It all adds up to an album that cleverly feels stylish and fashionable without abandoning the emotional gravity P!nk has accumulated over the years. ~ Stephen Thomas Erlewine

  1. 1. [CD]

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Hustle

    close

    アーティスト
    P!nk

    2.

    (Hey Why) Miss You Sometime

    close

    アーティスト
    P!nk

    3.

    Walk Me Home

    close

    アーティスト
    P!nk

    4.

    My Attic

    close

    アーティスト
    P!nk

    5.

    90 Days featuring Wrabel

    close

    アーティスト
    P!nk

    6.

    Hurts 2B Human featuring Khalid

    close

    アーティスト
    P!nk

    7.

    Can We Pretend featuring Cash Cash

    close

    アーティスト
    P!nk

    8.

    Courage

    close

    アーティスト
    P!nk

    9.

    Happy

    close

    アーティスト
    P!nk

    10.

    We Could Have It All

    close

    アーティスト
    P!nk

    11.

    Love Me Anyway featuring Chris Stapleton

    close

    アーティスト
    P!nk

    12.

    Circle Game

    close

    アーティスト
    P!nk

    13.

    The Last Song Of Your Life

    close

    アーティスト
    P!nk