ショッピングカート
クラシック
UHQCD
モダニスト
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

商品の情報

フォーマット

UHQCD

構成数

2

国内/輸入

国内

パッケージ仕様

-

発売日

2019年05月22日

規格品番

WPCS-13818

レーベル

Warner Classics

SKU

4943674295944

商品の紹介
『モダーン:特に20世紀のものの中で芸術の最も革新的な形式』とフランスのラルース辞典で定義された、「管楽器のための音楽」の新しいアンソロジーのための作品集。
これらの作品において注目を集めるものは、異なる方法でそして異なる分野で革新的なものです。そして進歩的かつ冒険的なものでもあります。

このアルバムで取り上げられた4人(ミヨー、ジョリヴェ、マニャール、ニールセン)の作曲家は、20世紀以降の時代への新しいアイデアと新しい音楽美学が一般的に広まっていることを確信し、モダニズムとして広く知られているものと合法的に関連付けされています。
エルサンとエスケシュの2つの作品については、現代性が今日の私たちにとって何を意味するのかを振り返るよう求めています。モダニズムを伝統主義とは反対に設定するのは簡単ですが、作曲家の個性とアプローチを区別していることも考えなければなりません。

精鋭が集結したスーパー管楽アンサンブル「レ・ヴァン・フランセ」は、古典派から近代の作品を中心に演奏してきましたが、こうした進化した作品を今回取り上げています。現代音楽分野としての高い音楽性を追究し、多様なモダニズムの可能性を見出した、想像をはるかに超えた管楽アンサンブルの響きを引き出すことに成功しています。
ワーナーミュージック
発売・販売元 提供資料 (2019/03/26)
至高の管楽アンサンブルによる、管楽作品の可能性と遺憾なく追及した20世紀の傑作アンソロジー。世界最高のアンサンブルによる極限まで突き詰められた表現力のレ・ヴァン・フランセによる、世界初録音を2曲含めた2枚組。 (C)RS
JMD (2019/03/26)
収録内容

構成数 | 2枚

合計収録時間 | 01:54:54

『モダニスト』

【曲目】
[CD1]
1) ダリウス・ミヨー(1892-1974):
フルート、オーボエ、クラリネットとピアノのためのソナタ Op.47

2) アンドレ・ジョリヴェ(1905-1974):
セレナーデ(管楽五重奏のための)

3) アルベリク・マニャール(1865-1914):
フルート、オーボエ、クラリネット、バスーンとピアノのための五重奏曲 Op.8

[CD2]
4) フィリップ・エルサン(1948-):
管楽五重奏とピアノのための六重奏曲『復活祭の歌』(世界初録音)

5) カール・ニールセン(1865-1931):
管楽五重奏曲 Op.43

6) ティエリー・エスケシュ(1965-):
メカニック・ソング(管楽五重奏とピアノのための)

【演奏】
レ・ヴァン・フランセ
[メンバー]
エマニュエル・パユ(フルート)
フランソワ・ルルー(オーボエ)
ポール・メイエ(クラリネット)
ラドヴァン・ヴラトコヴィチ (ホルン)
ジルベール・オダン(バソン)

【録音】
2017年4月3-5日、ミュンヘン、バイエルン放送第2スタジオ(2, 3, 4, 6)
2014年9月10日、ブレーメン、グロッケ・コンツェルト・ハレ(1)
2016年4月3日、ミュンヘン、バヴァリア(バイエルン)スタジオ(5)
レビュー
  • レ・ヴァン・フランセが革命期のパリ(前作『コンチェルタンテ!』)の次に向かったのは、再び20世紀フランス、そしてデンマーク。ミヨー、ジョリヴェに続いてエルサンとエスケシュ(ともに委嘱作品)を聴いていると、1世紀強の間に起こった音楽語法の多様化に驚かされる。みながみな独自の言語で作品を書くようになったのだ。そのひとつひとつに対応し、優れた演奏解釈で聞かせることができるのは、一流の音楽家が揃っているレ・ヴァン・フランセならではの魅力といえるだろう。ちなみにマニャールとニールセンは19世紀半ば生まれ(ともに1865年)なので、ロマン派リスナーにとっても聴きやすい。
    intoxicate (C)桐島友

    タワーレコード (vol.140(2019年6月10日発行号)掲載)

カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
還元ポイント
38pt
販売価格(税込)
¥ 4,180
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加