ショッピングカート
Jazz
CD
Walking to New Orleans: Remembering Chuck Berry and Fats Domino
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

オンラインキャンペーン価格
発売済み輸入盤スペシャルプライス10%オフ
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

輸入 (ヨーロッパ盤)

パッケージ仕様

-

発売日

2019年04月26日

規格品番

1987301865

レーベル

ADA/Provogue

SKU

819873018650

作品の情報
メイン
アーティスト
オリジナル発売日
2019年
商品の紹介
1964年のデビュー以来、実に半世紀以上もジャズ/フュージョン・シーンで活躍を続けているジョージ・ベンソン。グラミー賞を10回も受賞し、1970年代にワーナーブラザーズに移籍してからはジャズ/フュージョン・シーンの最先端で活動をつづけ、そのサウンドとスタイルは後世のミュージシャンに大きな影響を与えた。その彼が2019年にリリースする新作は、偉大なるロックンロール・レジェンドへのトリビュート・アルバム!
2013年の『INSPIRATION: A TRIBUTE TO NAT KING COLE』以来の新録アルバムとなる本作『WALKING TO NEW ORLEANS』。前作はオーケストラ・アレンジメントを交えながらナット・キング・コールの名曲をカバーした作品だったが、今回の新作はアメリカン・ミュージックの聖地、ナッシュヴィルのミュージック・ロウに建つ、OCEAN WAYスタジオで、彼の地の一流スタジオ・ミュージシャンらを迎えレコーディングされた。プロデュースを手掛けるのは、ドリーム・シアター、ジョン・ハイアット、アイアン・メイデンなど幅広いロック・アーティストとの仕事で知られるケヴィン"ザ・ケイヴマン"シャーリー。
『WALKING TO NEW ORLEANS』はまるでベンソンが二人の音楽的対話を取り持つかのように、チャック・ベリーとファッツ・ドミノの楽曲を行き来している。アルバムの幕開けを飾るのは、ベリー1964年のロックンロール・ナンバー「Nadine (Is It You?)」。ここでベンソンはスキャットにギター・ソロをユニゾン重ね、自己流にアレンジしている。そして高揚感溢れるホーンが印象的なファッツ・ドミノ、1951年のR&Bヒット「Rockin' Chair」、そしてドミノ初のR&B/POPSクロスオーヴァ―・ヒット「Ain't That A Shame」では、オリジナルのサックス・ソロ・パートをベンソンがギターで奏でている。この他にもゴキゲンな「You Can't Catch Me」や「Havana Moon」、ロックンロールの醍醐味たっぷりな「Memphis Tennessee」、ブルージーな「How You've Changed」などのチャック・ベリー・ナンバー、そしてファッツ・ドミノのロックンロール・ナンバー「I Hear You Knocking」、「Blue Monday」、アルバムのタイトルにもなっている「Walking To New Orleans」などが収録されている。
発売・販売元 提供資料 (2019/03/27)
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:37:26

Tributees: Chuck Berry; Fats Domino. Personnel: George Benson (vocals, guitar); Paulie Cerra (saxophone, baritone saxophone); Ron Dziubla (baritone saxophone); Lee Thornburg (trumpet); Kevin McKendree (piano); Alison Prestwood (bass guitar); Greg Morrow (drums, percussion); Mahalia Barnes, Natasha Stuart, Prinnie Stevens (background vocals). Audio Mixer: Kevin Shirley. Recording information: Ocean Way, Nashville, TN. Photographer: Austin Hargrave. Arranger: Jeff Bova. Following up 2013's urbane Inspiration: A Tribute to Nat King Cole, George Benson returns with another tribute production, 2019's ebullient Walking to New Orleans: Remembering Chuck Berry and Fats Domino. Interestingly, while Benson is best known for his funky instrumental jazz of the '70s and '80s, and smooth R&B crooning of the '80s and '90s, both of these latter-career tributes find him tackling material from even older traditions. Where Inspiration was a lushly swinging standards album, Walking to New Orleans is all blues grit and old-school R&B swagger. Though primarily influenced by jazz artists like Wes Montgomery and Charlie Christian, Benson certainly owes at least a modicum of his soulful style to early rock legends Berry and Domino, both of whom helped shape the sound of modern rock and pop music. As Benson grew up in Pittsburgh, the album's title evokes a conceptual travelogue as he moves from the Midwest through Berry's home state of Missouri, all the way down South to Domino's hometown of New Orleans. To help achieve this rootsy trek, Benson worked with producer Kevin Shirley (John Hiatt, Aerosmith, Joe Bonamassa) at Nashville's Ocean Way Studios, where he also conscripted the assistance of pros like drummer/music director Greg Morrow, guitarist Rob McNelley, pianist Kevin McKendree, and bassist Alison Prestwood. The results are loose and straightforward as Benson (primarily showcased here as a singer) takes on Berry favorites like "Walking," "Nadine (Is It You?)," and "Memphis, Tennessee," as well as Domino hits like "Ain't That a Shame," "I Heart You Knocking," and "Blue Monday." These are earthy and robust productions that never stray too far afield of their rock & roll source. ~ Matt Collar

    • 1.
      [CD]
カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
還元ポイント
17pt
販売価格(税込)
¥ 2,189
¥ 219(10%)オフ
¥ 1,970
販売中
在庫わずか
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加