こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

全ての画像を見る

クラシック

【SACDハイブリッド】

「ベルリンからアテネへ」ニコス・スカルコッタス:ピアノ作品集

ロレンダ・ラモウ

  • クラシック輸入盤プライスオフ
    期間限定スペシャル・プライス

販売中

在庫あり

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 通常価格(税込)
    ¥3,013
  • セール価格(税込)
    ¥2,260
    ¥753 (25 %) オフ
  • ポイント数
    20 ポイント

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


「ベルリンからアテネへ」ニコス・スカルコッタス:ピアノ作品集

ロレンダ・ラモウ

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2019年04月11日

フォーマット

SACDハイブリッド

構成数

1

製造国

輸入

レーベル

BIS

規格品番

BISSA2364

商品の紹介

  • 世界初録音の作品も収録!
    ギリシャの作曲家、スカルコッタスのピアノ作品集

    SACDハイブリッド盤。ギリシャ出身の作曲家ニコス・スカルコッタスのピアノ作品集。スカルコッタスは1904年エヴィア島ハルキス生まれ。2歳の時にアテネに家族とともに移り住み、5歳でヴァイオリンを習い始めます。その後、10歳のときにアテネ音楽院に入学し、10年間同学院にて研鑽を積みます。1921年にベルリンに留学し、ヴァイオリンを学ぶもヴァイオリニストとしての将来を断念し作曲に専念。その後、作曲家としての道に進むも生活上の問題から精神的に不安定な状態が続き、1933年5月にアテネに戻りました。1949年、45歳の若さで同地で死去しました。「ベルリンからアテネへ」と題された当アルバムにはベルリンとアテネで作曲されたピアノ作品を収録。ベルリン時代の代表作であるソナティーナや15の小変奏曲、アテネ時代の晩年の傑作組曲などスカルコッタスを語るうえで欠かさない作品が収められました。また、世界初録音となったギリシャ組曲なども収録しているのも嬉しい限りです。演奏はスカルコッタスのピアノのためのバレエ音楽(BIS1564)をリリースしているロレンダ・ラモウです。87分長時間収録。
    キングインターナショナル

    発売・販売元 提供資料 (2019/03/06)

作品の情報

メイン

その他

収録内容

構成数 | 1枚


【曲目】
ニコス・スカルコッタス(1904-1949):ピアノ作品集
(1)ギリシャ組曲(1924)【世界初録音】
(2)組曲(1924)【世界初録音】
(3)ソナティーナ~ピアノのための(1927)
(4)15の小変奏曲~ピアノのための(1927)
(5)組曲第2番(1940)
(6)組曲第3番(1941)
(7)組曲第4番(1941)
(8)舞踏組曲「グノームス」(1939?)【世界初録音】

【演奏】
ロレンダ・ラモウ(ピアノ)

【録音】
セッション録音:2017年10月&11月/ライトシュターデル(ノイマルクト)

  1. 1. [SACDハイブリッド]