こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

クラシック

【CD】

ブラームス: 交響曲第1番、シューベルト: 交響曲第3番

ローター・ツァグロセクベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団

  • ポイント10倍

販売中

在庫あり

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 通常価格(税込)
    ¥3,337
  • セール価格(税込)
    ¥2,836
    ¥501 (15 %) オフ
  • ポイント数
    26 ポイント →今なら262 ポイント!

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


ブラームス: 交響曲第1番、シューベルト: 交響曲第3番

ローター・ツァグロセク

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2019年03月13日

フォーマット

CD

構成数

1

製造国

輸入

レーベル

Altus

規格品番

ALT370

商品の紹介

  • ツァグロゼク&コンツェルトハウス管、ライヴ・シリーズ第5弾
    鮮やかな和声の移ろい、清廉の極みのシューベルト!
    必然性に満ちた有機的な構築が頼もしいブラームス!

    ブラームスの交響曲第1番の演奏では、最終楽章の有名なコラールや弦楽合奏など、いわゆるこの作品の"ヤマ場"を絞って部分的に聴くと少しこざっぱりし過ぎて、面喰らうかもしれない。それほど第一楽章の最初から第四楽章の最終音まで、一つの淀みもなく、モティーフが緊密に噛み合ったまま演奏が構築されている。ケレン味は一切なく、全てのアゴーギクやデュナーミクに必然を感じさせ、各声部が有機的に息づいているので、20年もの推敲を重ねて作ったブラームスの労作があたかも一筆書きのようにいきいきと蘇ってくる。(坂入健司郎氏による解説より)

    <ローター・ツァグロゼク(1942-)>
    ドイツ人の指揮者、ローター・ツァグロゼクは音楽的キャリアをレーゲンスブルク大聖堂聖歌隊のメンバーとして開始した。指揮をハンス・スワロフスキー、イシュトヴァン・ケルテス、ブルーノ・マデルナ、ヘルベルト・フォン・カラヤンに師事。ゾーリンゲン、クレーフェルト=メンヒェングラートバッハにおいて音楽監督として就任、その後ウィーン放送交響楽団の首席指揮者、パリ・オペラ座の音楽監督、BBC交響楽団の首席客演指揮者、ライプツィヒ歌劇場の音楽監督、シュトゥットガルト州立歌劇場の音楽監督、ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団の首席指揮者を務めた。また、ユンゲ・ドイチェ・フィルハーモニーで首席客演指揮者として関わり、芸術顧問となる。オペラ作品において世界的な賞賛を受けるとともに、彼はウィーン国立歌劇場、バイエルン国立歌劇場、ベルリン・ドイツ・オペラ、ゼンパー・オーパー、モネ劇場、ロイヤル・オペラ・ハウスといった数多くの名だたるオペラ・ハウスやグラインドボーン音楽祭に登壇し、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団、バンベルク交響楽団、バイエルン放送交響楽団、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、アトランタ交響楽団、NHK交響楽団等、多くの世界的なオーケストラと共演した。また、ウィーン芸術週間、ベルリン音楽祭、BBCプロムス、ミュンヘン・オペラ・フェスティバル、ザルツブルク音楽祭等に出演した。彼は現代音楽の分野でも最も著名な指揮者である。これまでの録音において、エジソン賞、カンヌ・クラシカル・アウォード、ドイツ・シャルプラッテン賞を受賞、グラミー賞にもノミネートされた。才能ある若い世代の音楽教育への支援も精力的に行い、ベルリンの「文化教育施策」の後援、ドイツ音楽評議会の指揮者フォーラム芸術委員会の顧問委員長及びドイツ指揮者賞の審査員も務めている。2006年にヘッセン州文化賞を受賞、また、2009年に音楽の分野での優れた功績に対して授与される「2009年度批評家賞」を受賞した。2017年にドイツ連邦共和国功労勲章一等功労十字章を受章。
    キングインターナショナル

    発売・販売元 提供資料 (2019/02/14)

作品の情報

収録内容

構成数 | 1枚


【曲目】
(1)ブラームス:交響曲第1番 ハ短調 Op.68
(2)シューベルト:交響曲第3番 ニ長調 D.200

【演奏】
ローター・ツァグロゼク(指揮)
ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団

【録音】
(1) 2010年2月25-27日、(2) 2008年3月7・8日/ベルリン、コンツェルトハウス

  1. 1. [CD]