こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

書籍

【書籍】

雨利終活写真館

芦沢央

販売中

在庫わずか

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 価格(税込)
    ¥1,760
  • ポイント数
    16 ポイント

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


雨利終活写真館

芦沢央

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の説明

遺影専門写真館を舞台にしたミステリー連作
『人生の最期に最愛の人へ最高の自分を贈るために』
巣鴨の路地裏に佇む遺影専門の雨利写真館には、今日も死に向き合う人々が訪れる。撮影にやって来る人々の生き様や遺された人の人生ドラマを若手注目ナンバー1新進気鋭のミステリー作家・芦沢央が見事な謎解きで紡ぎ出す。

人生の終焉を迎える時、人は、本当に大切な物が見えてくる。ミステリー、なのに心温まる珠玉の4編。

商品の情報

発売日

2016年11月29日

フォーマット

書籍

構成数

1

製造国

国内

レーベル

小学館

規格品番

9784093864602

版型

46

ページ数

258

作品の情報

メイン

収録内容

構成数 | 1枚

●一つ目の遺言状 ハナの祖母の遺言状。その内容が波紋を呼ぶ。
●十二年目の家族写真 母の死を巡り、父と息子の葛藤の日々が始まる。
●三つ目の遺品 写真館に遺された一枚の写真。そこに写る妊婦は?
●二枚目の遺影 末期癌を患う男性が撮った二枚の遺影写真。

  1. 1. [書籍]